日産・ホンダ協業の新型車を予想! 「Honda e」の後継となるコンパクトEVを開発?

画像ギャラリーはこちら

日産とホンダは、2024年3月、自動車の電動化と知能化に向けた協業の検討を開始すると発表しました。開発だけでなく、商品の相互補完も含まれるため、車両のOEM供給などを行う可能性もあります。

そこで当記事では、日産・ホンダ協業の背景、期待される「Honda e」後継モデル、コンパクトEV(電動車)の予想価格と補助金、そして協業によるコンパクトEV普及への期待について詳しく解説します。

目次[開く][閉じる]
  1. 日産・ホンダ協業の背景|電動化と知能化に向けた協業
  2. 「Honda eの後継モデル」が開発される可能性あり
  3. コンパクトEVの予想価格と補助金
  4. 日産・ホンダ協業によるEVの普及への期待

日産・ホンダ協業の背景|電動化と知能化に向けた協業

日産とホンダは、2024年3月、自動車の電動化と知能化(※)に向けた協業の検討を開始すると発表しました。

(※)車の知能化とは、人工知能(AI)や情報通信技術(ICT)などの技術を用いて、車の機能を自動化、高度化することです。

この協業の背景には、今後の電動化や知能化で要求される膨大なコストがあります。

従来の自動車製造では、エンジン、プラットフォーム、ボディなどを基本的に自社開発して競争してきましたが、電動化や知能化を1社のみでおこなうと負担が重すぎます。

そこで複数のメーカーが、互いに協力しながら合理的にEVの開発・生産することで、コストを抑えるわけです。

この自動車製造は、従来の商品開発に当てはめると軽自動車に似ています。

軽自動車は薄利多売の商品で、コストダウンを積極的に行う必要があるため、エンジン、プラットフォーム、足まわりなどは幅広い車種にわたり共通化されています。

その上で、スズキであれば、スペーシア/ワゴンR/アルトなどを造り分けています。EVでは、これに似た共通化をメーカーの垣根を超えて実施するわけです。

そして協業を進める一方で、商品開発では各社の個性も大切にします。

EVのパワーユニットやプラットフォームを共通化しながら、ボディや内装のデザイン、運転感覚や乗り心地のチューニングなどは、車種ごとの考え方を反映させます。

コストのかかるEV開発、低価格での販売のための協業

このようなEVの協業は、既に商品として公表されています。

スズキ/ダイハツ/トヨタは、2023年5月に、軽商用バンのEVを共同開発したと発表しました。

スズキとダイハツは、軽自動車の販売1位を争うライバル同士ですが、軽商用バンのEV開発では協業するのです。

それはコスト削減が目的です。

EVはガソリンエンジン車に比べてコストが高いですが、軽商用バンでは価格の安さが重視されます。

そのため、EVを低価格で販売するには、スズキとダイハツといえども、手を組まねばなりません。EVの置かれた開発環境は厳しいのです。

新興メーカーの参入

近年では、EVの分野に、テスラやBYDなどの新興メーカーも参入してきています。

EVはガソリン車とは開発過程が異なるため、簡単には開発できませんが、有能な開発者とサプライヤー(下請メーカー)のネットワークがあれば可能です。

EVでは、従来の自動車のブランドイメージが通用しにくい面もあるため、既存の自動車メーカーにとっては厳しい競争が予想されます。

メーカーの垣根を超えた協業で、新興メーカーに対する競争力を強める必要があるのです。

日産のEV販売拡大の計画

日産とホンダの協業内容は、ソフトウェアプラットフォーム、EVコンポーネント、商品相互補完の3つとされていますが、具体的な内容は公表されていません。

日産は2024年3月に発表した経営計画「The Arc」に基づき、2026年度までに日本市場における乗用車ラインナップの80%を刷新し、5車種の新型車を投入予定です。

同時に、乗用車のEV(ハイブリッドを含む)ラインナップを70%まで高め、国内販売台数を60万台まで増やす計画です。

この計画達成には、EVの販売拡大が不可欠であり、ホンダとの協業が重要な役割を果たします。

日産はすでに三菱、ルノーと提携しており、ここにホンダが加わることで、開発・生産効率の向上とコスト削減が期待できます。

「Honda eの後継モデル」が開発される可能性あり

日産とホンダの協業による商品化の中心はEVとなるでしょう。

ではどんなモデルなのでしょうか。日産とホンダの現状のEVラインナップを整理すると、どんなモデルが発売されるのかが見えてきます。

乗用車軽商用車
日産

アリア
リーフ
サクラ

クリッパーEV(三菱OEM)

ホンダ

N-ONE e(※)

N-VAN e(近日発売予定)

(※)N-VAN eと同パワーユニット搭載、発売予定

注目されるのは、生産が終了しているホンダのコンパクトEV「Honda e」の後継モデルです。

日産は、サクラとリーフの間に位置するコンパクトで買い得なEVを必要としており、ホンダとの協業によって開発される可能性があります。

このコンパクトEVは、日産 ノートやホンダ フィット/フリードのEV版と位置づけられます。

長距離移動ニーズを想定しなければ、大容量バッテリーではなく30kWh前後のバッテリーを搭載することで、価格を抑えることが可能でしょう。

コンパクトEVの予想価格と補助金

価格

日産 サクラ G(上級グレード)

304万400円

日産・ホンダ協業のコンパクトEV

350万円前後

日産 リーフ X(最安価グレード)

408万1000円

このコンパクトEVのベーシックグレードは、350万円前後の価格が予想されます。これは、サクラの上級グレードのG(304万400円)とリーフの最安価モデルのX(40kWh搭載、408万1000円)の間に位置する価格帯です。

現在の補助金制度を維持すれば、コンパクトなEVには国から65万円が交付されるため、実質価格は300万円以下になります。

これは、ノートオーラの上級グレードのGレザーエディション(278万3000円)と同等の出費で、コンパクトなEVのベーシックグレードを購入できることを意味します。

日産・ホンダ協業によるEVの普及への期待

日産とホンダの協業によって開発されるコンパクトなEVは、現実的な価格設定と実用性を兼ね備えたモデルとして、EVの普及に大きく貢献することが期待されます。

今後の発表に注目が集まりますが、日産とホンダの協業は、EV市場の競争を活性化し、より多くのユーザーにとって魅力的な選択肢を提供する可能性があるでしょう。

【執筆:渡辺陽一郎 撮影(Honda e):土屋 勇人】

ホンダ/Honda e
ホンダ Honda eカタログを見る
新車価格:
451万円495万円
中古価格:
255.4万円509.4万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ Honda eの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ Honda eのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ Honda eの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ Honda eの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ Honda eのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる