MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 新型車解説 マツダ CX-30の日本デビューは2019年10月!? 他のCXシリーズとはココが違う! 気になる新型車を徹底解説

新型車解説 2019/5/22 10:26

マツダ CX-30の日本デビューは2019年10月!? 他のCXシリーズとはココが違う! 気になる新型車を徹底解説(1/2)

マツダ CX-30
マツダ CX-30マツダ CX-30マツダ CX-30マツダ CX-30画像ギャラリーはこちら

2019年登場予定のCX-30、他のCXシリーズとの違いを徹底解説

マツダ CX-30

今のマツダは「魂動デザイン」と「スカイアクティブ技術」に基づき、カッコ良くて運転の楽しいドライバー本位のクルマ造りをしている。そのためにプレマシーやビアンテなどのミニバンは廃止され、背の高いコンパクトカーも用意されない。

しかしユーザーは空間効率の優れた実用性を伴うクルマを求めるため、SUVを充実させた。コンパクトなCX-3、ミドルサイズのCX-5、Lサイズで3列シートのCX-8をそろえる。SUVは大径タイヤの装着などによって外観がスポーティで、魂動デザインとも相性が良い。ボディの上側はワゴンの天井を高めた形状だから、居住性が快適で荷物も積みやすい。

このように魂動デザインのカッコ良さと、ファミリーカーの機能を両立させて、SUVのCXシリーズはマツダの主力商品になった。

>>CXシリーズから良いとこ取りしたデザイン! CX-30とCX-3/5を画像で比較[26枚]

CX-30ののライバルはトヨタ C-HR

このCXシリーズに、近々新しくCX-30(シーエックス・サーティ)が加わる。CX-30は2019年3月にジュネーブ・モーターショーで初披露された。日本国内でも発売予定で、登場時期は2019年の夏から秋とされている。販売店では「6~7月になると、価格も明らかにして受注を開始するだろう」という。おそらく2019年10月頃には販売されるだろう。

マツダ CX-30

CX-30の特徴はボディサイズにある。全長は4395mm、全幅は1795mm、全高は1540mmだから、SUVの中でもコンパクトな部類に入る。全高が1550mm以下だから、立体駐車場も使いやすい。ボディサイズをほかのSUVと比べると、トヨタC-HRが最も近い。

マツダのCXシリーズの中で見ると、CX-3とCX-5の中間に位置する。全長×全幅×全高は、CX-3が4275mm×1765mm×1550mmだから、CX-30は120mm長く、30mmワイドで全高は同等だ。

CX-5は4545mm×1840mm×1690mmだから、CX-30は150mm短く、45mm狭く、150mm低い。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は、CX-3が2570mm、CX-30は85mm長い2655mm、CX-5はさらに45mm長く2700mmになる。

CX-30はまさに中間的な大きさだが、全高はCX-3と同等に低く抑えた。またCX-30は全長の割にホイールベースが長く、ボディの四隅にタイヤを配置した形状になる。そうなると外観デザインは、従来のCXシリーズに比べて、長くて低く見える形状となった。

プラットフォームはMAZDA3と共通

ボディパネルのデザインには、マツダ アクセラの後継車種になるMAZDA3と同じく、新しい表現方法を採用する。以前のCXシリーズのように複数のキャラクターラインを入れるのではなく、ドアパネルなどの面の大きなウネリが特徴になる。ボディの映り込みが、場所や光の当たり方に応じてダイナミックに変化する。このボディ形状は製造も難しく、工場の理解もあって可能になった。

プラットフォームもMAZDA3と共通だ。ほかのCXシリーズに比べると基本設計が新しく、サスペンションは前輪が独立式のストラット、後輪は車軸式のトーションビームになる。

マツダ CX-30新型マツダ3 ハッチバック(NEW Mazda3 Hatchback)[2019年中発売予定/現行モデルの日本名:マツダ アクセラスポーツ]

ちなみに従来のCXシリーズが装着するリアサスペンションは、CX-3がトーションビーム、CX-5は独立式のマルチリンクだ。CX-30のプラットフォームは世代が新しいから、走行安定性と乗り心地はCX-5よりも向上する可能性があるが、サスペンション形式はCX-3に近い。

>>気になるエンジンは3種類を用意! MAZDA3から搭載される新エンジンも!?[次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

マツダ の関連編集記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR