トヨタ・日産・ホンダ・スバルの“4大ワークス”が手がけたチューニングカーを試乗!|vol.2 日産 NISMO/ホンダ 無限(1/3)

日本の“ニュル”でワークスチューナー4社合同試乗!

トヨタの“TRD”、日産の“NISMO”、スバルの“STI”、ホンダの“無限”のワークスチューナーの面白い所は、モータースポーツ活動ではライバルだが、ナンバー付のストリートモデル用ビジネスはノーマルモデルに紐付くため、商売上ではライバル関係ではないと言う。そのため、4社合同によるイベント開催などの協力関係が築けるそうだ。

日本の“ニュル”と呼ばれる群馬サイクルスポーツセンターで開催されたワークスチューナー4社合同による試乗会が開催されたが、前回のTRD&STIに続いて、今回はNISMOと無限をお届けしたいと思う。

vol.1 トヨタ TRD/スバル STI編

NISMOが開発を行なう、よりマニア層に向けたアイテム

日産のワークス部隊である“NISMO”だが、2013年にスタートしたニスモの新コンプリートカーのNISMOロードカーは「ニスモの魅力をより多くの人へ」、「日産車に更なるワクワクを」と言うコンセプトで、限定発売ではなく通常販売、そしてグローバル展開を行なうが、開発はオーテックジャパン内にあるNISMOビジネスオフィスが担当。

その一方、ここで紹介する「NISMOスポーツパーツ」は、神奈川県の鶴見に本社を置くNISMO社が開発を行なう、よりマニア層に向けたアイテムで、機能性重視でスポーツ性をより引き上げるパーツが多い。

今回はノートe-POWER NISMOとR35 GT-R、そしてエクストレイルの3台だ。

“RS”と呼びたいノートe-POWER NISMO

ノートe-POWER NISMOは、走りのバランスの良さに「これがノーマルだったらいいのに」と思う仕上がりだが、昔のNISMOを知る人にとっては、もう少しピリッとしたスパイスが欲しいのも事実。そこで量産の域を超え、ミニサーキットまで視野に入れた本格的なチューニングが施されている。

パワートレイン本体はノーマルだが、現在開発中のECUチューニング「NISMOスポーツリセッティング」によりノーマルよりスポーティな特性に変更。特にスポーツ走行向けにセットアップされたSモードではシャープな加速感はもちろん回生特性も変更され、1ペダルドライブをより活かす制御だ。

フットワークはこちらも開発中となるサーキットユースを踏まえた「オーリンズ製スポーツサスペンション(NISMOオリジナルセット)」と205/45R17サイズのミシュランパイロットスポーツ4+ノートNISMO S用純正アルミホイールの組み合わせだ。

パワートレインはノーマルに対してスタートダッシュからの加速はノーマルより鋭くなっており、そこから時速120キロくらいまで続くシームレスで爽快な加速感はスポーツユニットと呼んでもいいくらいの気持ち良さを持っている。電動化パワートレインは制御一つで様々な性格に変貌することを実感した。

フットワークはフロントの重さを感じさせない前後バランスの良さと無駄な姿勢変化が抑えられているのが印象的。ミシュランパイロットスポーツ4とのマッチングも非常によく面白いくらいグイグイ曲がる上にコーナリングスピードも高い。ノーマルよりも大きくローダウンしながらもストローク感が非常に高くしなやかに路面を捉えてくれるので、路面状況の悪い“群サイ”(群馬サイクルスポーツセンター)でも手に汗握ることなく思いっきり走らせることができた。

スポーツリセッティングで回生特性が強められているため、1ペダルでリズミカルに走れてしまうのはもちろん、減速時も荷重コントロールがしやすいのでクルマの姿勢作りもしやすい。より強烈なマツダのGベクタリングコントロールのようなイメージか!?

もちろんセットアップは硬めではあるが、サスペンションの吸収性の高さと目線がぶれないフラット感の高さにより、逆にノーマルよりも快適に感じたほど。

サーキットまで視野に入っているが、実はオールラウンダーな一台で、個人的にはノートe-POWER NISMO“RS”と呼びたい。

日産/GT-R
日産 GT-Rカタログを見る
新車価格:
1,082.8万円2,420万円
中古価格:
495万円1,850万円
日産/エクストレイル
日産 エクストレイルカタログを見る
新車価格:
248.3万円412.5万円
中古価格:
22.8万円437.1万円
日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203万円276.3万円
中古価格:
14万円1,681.8万円
1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 柳生の庄
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 GT-Rの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 GT-Rのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 GT-Rの中古車検索 日産の記事一覧 日産 GT-Rの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 GT-Rのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる