ピンクなどの奇抜なボディカラーは街中でも注目のマト! 衝撃的だったボディカラーが設定されていたクルマ3選

画像ギャラリーはこちら
派手なボディカラーを採用されて、話題になったクルマはいくつかある。今回はこれまでに国産車の特別仕様車として登場した「奇抜なボディカラー」を3つ紹介しよう。
目次[開く][閉じる]
  1. ビビッドなピンク色が話題を呼んだ! 「ピンクラ」ことトヨタ クラウン ReBORN PINK(2012年)
  2. セダンに派手な黄色は映える! トヨタ マークX Yellow Label(2014年)
  3. 歴代モデルに用意されていたボディカラーを進化させた日産 GT-R(2022モデル)T-spec

ビビッドなピンク色が話題を呼んだ! 「ピンクラ」ことトヨタ クラウン ReBORN PINK(2012年)

トヨタの14代目クラウンは独特な稲妻のようなグリルを備えたアスリート、縦に厚みを持たせた大型グリルのロイヤルの2つの顔を持って2012年にデビューした。中でも話題となったのは、新開発のピンク色を採用した特別仕様車「ReBORN PINK」。

鮮やかなピンクの外装だけでなく、テリー伊藤さんがプロデュースしたピンクの内装もおしゃれなポイントだった。

1ヶ月限定での販売となったが、約650台を販売。当時、トヨタのラインアップの中でのクラウンの立ち位置を考えると高級路線のモデルであったことは間違いない。それだけにビビッドなピンク色は賛否両論あった。

しかし、「ReBORN=再生」をテーマにさまざまなチャレンジを行っていた当時のトヨタにとって、もっとも保守的なクラウンにピンクを採用するというチャレンジは必要だったのだという。インパクトの強さで考えれば「成功」と言えるのではないだろうか。

中古車として出回っている台数はかなり少ないものの、おおよそ300万円〜620万円の個体が見つかった(MOTA調べ)。

セダンに派手な黄色は映える! トヨタ マークX Yellow Label(2014年)

次に紹介するトヨタ マークXも特別仕様車として販売された「Yellow Label」のアウェイクンイエローだ。

Yellow Labelとある通り、イエローを内外装に用いて個性を際立たせており、ボディカラーには特別設定となる「アウェイクンイエロー」を含む4色が設定された。

また、内装ではドアトリムやシート表皮、ステンレス製のドアスカッフプレートなど随所に黄色が採用され、個性を際立たせるデザインとなっている。

こちらも中古車サイト上ではかなり台数が少ないが、120万円〜230万円程度で出品されており、早い者勝ちといった印象だ(MOTA調べ)。

歴代モデルに用意されていたボディカラーを進化させた日産 GT-R(2022モデル)T-spec

R33やR34のスカイラインGT-R、そしてV35 GT-Rにおいて過去に採用され、好評だったカラーの進化版として登場した「ミッドナイトパープル」。

今回2022年モデルの特別仕様車「T-spec」に用意されたミッドナイトパープルは見る角度によってグリーンやパープルに変化し、オーロラのようなドラマチックな色変化が特徴的だ。

過去のモデルで採用されていたミッドナイトパープルも世代によって少しずつ変化してきた。R33ではメタリックの「ミッドナイトパープル」だったが、R34で見る角度によって色が変化する「ミッドナイトパープルII」に進化。「ミッドナイトパープルIII」も用意されていたが、こちらは現在の中古車価格では3000万円超の高額モデルとなっている(MOTA調べ)。

クルマも自己表現の場として派手なボディカラーが増える可能性も!?

クルマもただ走るだけの実用性重視から個性が求められる時代。電動化がさらに進んでいけば、ファッションやバッグといった身につけるものと同じように、クルマもより自己表現の場となっていくのかもしれない。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

日産/GT-R
日産 GT-Rカタログを見る
新車価格:
1,375万円1,896.1万円
中古価格:
598万円6,351.8万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわこ緑水亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 GT-Rの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 GT-Rのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 GT-Rの中古車検索 日産の記事一覧 日産 GT-Rの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 GT-Rのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる