エクリプスクロスPHEVは現代のランエボ!? 超スポーティ&価格設定も見事だった

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:木村 博道
画像ギャラリーはこちら
やっときたぜ! そう、アウトランダーに次ぐ第二のPHEVモデルとしてエクリプスクロスPHEVがデビューしたのだ。ただのグレード追加ではなく、デザイン・走りにも大掛かりな変更が施されているという。そこで、新型エクリプスクロスの特徴と変わった点を中心にを詳しく見ていこう。正直、走りと完成度からするに、かなりオススメの一台デス!

>>超カッコよくなった! 新旧エクリプスクロスを画像で比較

目次[開く][閉じる]
  1. 絶妙な価格設定は見事! SUVのプラグインでもっとも安い
  2. デリカ並のド派手フェイスで勝負
  3. 打倒RAV4 PHV! エクリプスクロスはもはやスポーツカー

絶妙な価格設定は見事! SUVのプラグインでもっとも安い

2018年に発売を開始した三菱のエクリプスクロスはこれまで、1.5リッターガソリンターボと、2.2リッターディーゼルターボをラインアップしていた。今回2020年10月15日発表のマイナーチェンジを機に、ディーゼルモデルはカタログ落ち。その代わりというワケではないが、エクリプスクロスの新たなアピールモデルとして、プラグインハイブリッド(PHEV)モデルが加わったというイメージだ。

肝心の気になる価格は、ガソリンモデルが約255〜335万円、PHEVモデルは約385〜450万円。アウトランダーPHEVが393万円〜と考えると、ほんの少し安い価格設定となっている。

ちなみに先日デビューし、即刻完売となったトヨタ RAV4 PHVは469万円〜とコチラと比較してもエクリプスクロスの方が安い。しかも前者には急速充電はそもそも設定がないが、後者は急速充電を全車標準としている点も注目だ!

デリカ並のド派手フェイスで勝負

内外装デザインもかなり手が加えられた。改良前と大きく異なるのがエクステリアで、今や三菱のデザインアイコンであるダイナミックシールドを進化させ、デリカD:5並のド派手な顔つきとなった。かなり大きめのフロントグリルは全グレードでブラック塗装となり、かなりスポーティな仕上がりだ。

フロントで注目すべきポイントはヘッドライトで、その考え方もデリカと同じ。上部にある細長いライトが車幅灯とウィンカー、下部にはロー/ハイビームとフォグランプといったイメージだ。デザイン的にいえば、今流行りのいわゆる流れるウィンカーが似合いそうなのだが、その設定がないのは残念なところ。

リヤもカッコよく進化! これからの三菱は全部コレに!?

改良前はリヤウィンドウを上下2段に分割した独特のデザインを採用していたが、1枚ガラスに変更し、後方視界を改善。実際、新型エクリプスクロスと先代モデルを乗り比べたのだが、新型はかなり見やすい! というのが筆者の印象だ。

これまでエクリプスクロスといえば、横一文字に光るテールランプが大きな特徴であったが、こちらも一新。新たにL字型に光る立体的な造形に変更し、新型もひと目で“エクリプスクロス!”とわかる仕上がりとなっている。

おお、コレはカッコいい! エクリプスクロスのテールランプをチェック

コレは余談だが、三菱ファンならピンと来た人も多いハズ! そう、新型エクリプスクロスのテールランプデザインは同社が東南アジアを中心に販売しているエクスパンダーに酷似しており、今後三菱のリヤデザインはこの形になるのでは? とも思るほどだ。

明るい内装色追加でクリーンなイメージを

続いて内装だが、こちらは大きな変更はない。ガソリン/PHEVモデルで共通するのは8インチナビがメーカーオプションに設定されたほか、これまでブラック基調の内装色しかなかったが、新たにライトグレーが選べるように。

PHEVとガソリンモデルの違いはシフトで、前者はアウトランダーPHEVと同じジョイスティックとなっている。少しマニアックな話をすると、エアコンパネルがパワートレインによって異なるのだ。理由は調査中だが、ガソリンは改良前と同じモノを、PHEVはアウトランダーのエアコンパネルと似たデザインとなっている。

打倒RAV4 PHV! エクリプスクロスはもはやスポーツカー

PHEVのモーターやエンジンといった機構そのものはアウトランダーPHEVと基本的には同じだが、ボディ剛性を大幅に向上。単にPHEVと聞けばエコカーというイメージを持つが、エクリプスクロスPHEVはかなりスポーティな仕上がりだ。

アウトランダーPHEVよりも全長が短いうえ、車重も軽いため、その走りはランエボの再来か? とも言えるほど。

エクリプスクロスPHEVの詳しい実力については、週末に掲載予定の試乗レポートでお伝えする。内容を少しバラすと、今回サーキットでテストを敢行したのだが、アウトランダーPHEVとは比べものにならないほどの強靭なボディで、思いどおりのラインで走れる仕上がりであった。先にも述べたが“次世代のランエボ”とも言えるほどで、元気な三菱が帰ってきた! というイメージだ。

2013年に発売を開始したアウトランダーPHEVで、SUVのプラグインハイブリッドモデルを世界で初めて量産化した三菱。ここ最近は先日登場したトヨタ RAV4 PHVの話題に押され気味だったが、このエクリプスクロスPHEVで再び巻き返しをして欲しい!

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

三菱/エクリプスクロス
三菱 エクリプスクロスカタログを見る
新車価格:
258.6万円352.1万円
中古価格:
142.3万円339.9万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

三菱 エクリプスクロスの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 エクリプスクロスのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 エクリプスクロスの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 エクリプスクロスの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 エクリプスクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる