往年のラリーアートを彷彿とさせる! エクリプスクロス用ラリーアートスタイルパーツは今春から発売開始!【東京オートサロン2022】

画像ギャラリーはこちら
2022年1月14日(金)〜16日(日)に開催された東京オートサロン2022。三菱ブースには最新SUVの新型アウトランダーPHEVをベースにした「ヴィジョンラリーアートコンセプト」をはじめ、新型アウトランダーPHEVやデリカD:5のカスタム車両などが並んでいた。

その中でも一風変わったカスタムが施されていたのが、クロスオーバーSUVのエクリプスクロスにモータースポーツブランド「ラリーアート」が開発したパーツを装着したモデルだ。

目次[開く][閉じる]
  1. ラリーアートをアクセサリーパーツとして販売する
  2. 白いボディカラーに赤色のアクセントが映える!
  3. インテリアにもラリーアートをイメージしたフロアマットなどを設定

ラリーアートをアクセサリーパーツとして販売する

エクリプスクロスは2020年12月にデザインを一新。パワートレインはガソリンとPHEVの2パターンを設定したことで、昨年比で2倍の売り上げを記録しているほど今大注目のモデルである。そんな新型エクリプスクロスに装着できるディーラーオプションで設定可能なアクセサリーパーツ「ラリーアート」を2022年春から発売する。

ラリーアートは三菱のモータースポーツ活動をはじめ、競技用部品やスポーティカスタマイズ部品などを開発する部門としてかつて存在していた。しかし、2021年5月の三菱自動車決算説明会では再始動がアナウンスされ、その第一弾としてラリーアートブランドの用品展開に至ったわけだ。

すでにタイでは現地で販売されるピックアップトラック「トライトン」などでローンチされているラリーアートブランドだが、日本ではアフターパーツ、アクセサリー用品として2022年春から本格的にスタートする形だ。

白いボディカラーに赤色のアクセントが映える!

では、実際にエクリプスクロスに装着されたパーツを見ていこう。

東京オートサロン2022で同時に発表した「アウトランダー ラリーアートスタイル」と同様に、ボディカラーは上質で高輝度なホワイトダイヤモンドとした。また、フロント、サイド、リヤのガーニッシュやテールゲートスポイラーにはレッドのアクセントカラーを施した。

レッドのアクセントカラーは往年のラリーアートでユーザーに提供していた「ワクワク感」や走りのイメージを表現。白と黒のボディカラーに赤のラインはスポーティな印象を高めている。

また、ラリーアートのロゴ入りのサイドデカールやマッドフラップは、ラリーアートの走りにかける情熱を表し、ブラックのルーフスポイラーとアルミホイールを装着してスポーティさを際立たせた。

インテリアにもラリーアートをイメージしたフロアマットなどを設定

また、インテリアには専用のラリーアートをイメージしたフロアマットとエンジンスイッチを用意。車内にいながらにしてラリーアートを感じられるパーツはファンにも嬉しいアイテムだ。

今回は参考出品という形で価格は明らかになっていない。

また、紹介したエクリプスクロス用のパーツは最新モデルのみに装着できるものだが、過去のモデルも含めてぜひ幅広く展開してほしいところ。今後のラリーアートパーツの拡充に多くの三菱ファンは期待を寄せているはずだ。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

三菱/エクリプスクロス
三菱 エクリプスクロスカタログを見る
新車価格:
253.1万円451万円
中古価格:
209.8万円559.5万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... みやこわすれの宿 こおろぎ楼

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

三菱 エクリプスクロスの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 エクリプスクロスのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 エクリプスクロスの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 エクリプスクロスの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 エクリプスクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる