絶品過ぎる“大トロ” RAV4 PHVは新型ハリアーをも超えた![速攻試乗](1/4)

画像ギャラリーはこちら
2020年6月8日、トヨタからRAV4の新ラインナップ“RAV4 PHV”が追加された。文字通りのプラグインハイブリッドモデルだが、ただのエコカーではないらしい。モータージャーナリストの今井 優杏さんがサーキットで速攻試乗。どうやらあの新型ハリアーをも超える凄さがあるらしい・・・気になるファーストインプレッションをお届け!

>>新型ハリアーを超えた大トロSUV!? 新型RAV4 PHVを画像で見る!

目次[開く][閉じる]
  1. 新型ハリアーの検討中のアナタ、ちょっと待って!
  2. スポーツカー顔負けのハイスペック、なのにエコ性能もバツグンってそんなばかな!?
  3. RAV4 PHVが“大トロ”な理由を開発者に直撃取材
  4. RAV4 PHVの上質できめ細やかな走り、その制御を支える技術の要とは
  5. RAV4 PHVが示唆する次世代トヨタEVの方向性
RAV4 PHVの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

新型ハリアーの検討中のアナタ、ちょっと待って!

クルマ業界はすっかり新型ハリアーの話題でお祭り状態だが、ちょっと待って。

あなたがもしSUVの購入を考えているならば、是非こっちも比較検討して欲しい。5月からトヨタは販売チャネル廃止しているため、もし試乗車さえ揃っていたら、同じお店で両方の試乗が叶うかもしれないしね!

…と、ハリアーにすっかり傾いたアナタの気持ちにブレーキをかけてまで(ハリアーも素晴らしかったにもかかわらず!)オススメしたいのは、正直言ってこのクルマの仕上がりハンパねえから!

あのRAV4のプラグインハイブリッド、RAV4 PHVの登場だ。

PHVはRAV4シリーズ最上級モデルの位置付け

ルックスは先に出たRAV4シリーズとほぼ変わらない・・・はずなのだが、最上級モデルという役割をも担うということでPHV専用デザインがなされているため、意外なほどに都会的な印象だ。

具体的には専用フロントグリルとロアモール、垂直に入ったLEDデイライト、そしてピアノブラック調のモールドが前後フェンダーあたりに採用されている。また、ルーフとドアミラーを同じくピアノブラック調にする2トーンカラーも用意されていて、コチラもモダンだ。アルミホイールも新意匠。19インチという勇ましいサイズも選択出来る。

インテリアも上質。面白いのはこれまで最上級だったアドベンチャーと意匠はほぼ同じなのに、カラーと素材で全く別の洗練された印象を備えていること。こちらは黒基調に赤のステッチを随所に散りばめたスポーティーかつアダルトな雰囲気が最上級の貫禄を漂わせる。

トヨタ/RAV4
トヨタ RAV4カタログを見る
新車価格:
274.3万円402.9万円
中古価格:
30万円515.9万円

スポーツカー顔負けのハイスペック、なのにエコ性能もバツグンってそんなばかな!?

しかし注目は言うまでもなくパワートレーンだ。システム最高出力は実に225kW(306PS)、0-100km/h加速6.0秒と、スポーツカーに迫るスペックを誇る。

さらにEV走行距離は95km、さらにハイブリッド走行を加えたら航続距離は驚異の1,300km以上と、エコな頼り甲斐も発揮する。

さて、このプラグインハイブリッドシステムは「THSII Plug-in」と名付けられた新開発のものとなる。御存知の通りトヨタにはすでにプリウスPHVが存在するが、押しも押されもせぬ世界戦略車RAV4のために、さらに技術に刷新を加えている形だ。

RAV4にはハイブリッドモデルもラインナップしてるが、このハイブリッドシステムよりもフロントモーターとインバーターを高出力化し、大容量・高出力の新型リチウムイオンバッテリーと組み合わせた。このリチウムイオンバッテリーを車体中央の床下に搭載することで低重心化・重量バランスの最適化も図っている。

むろん車台はTNGAのGA-Kと呼ばれるミッドサイズプラットフォーム。役者が揃ったとでもいおうか、“イマのトヨタ”のテッパン技術がぜ〜んぶ注ぎ込まれているのだ。

“大トロ”なのにコスパはバツグン! その秘密はどこにある!?

というわけで、ぶっちゃけ最初に言えば走りは最高、みんな大好きな“大トロ”だ。これがこの価格(469万円~)で!?と、コスパに驚愕してしまう。正直、この乗り味をインポーターで実現しようと思ったら、アラウンド1千万はくだらないかもしれない、と感じるレベル。

その秘密は独自取材で顕になった。

1 2 3 4 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
今井 優杏
筆者今井 優杏

自動車ジャーナリストとして、新車や乗用車に関する記事を自動車専門誌、WEBメディア、一般ファッション誌などに寄稿しながら、サーキットやイベント会場ではモータースポーツMCとしてマイクを握り、自動車/ モータースポーツの楽しさ・素晴らしさを伝える活動を精力的に行う。近年、大型自動二輪免許を取得後、自動二輪雑誌に寄稿するなど活動の場を自動二輪にも拡げている。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ RAV4 PHVの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ RAV4 PHVのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ RAV4 PHVの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ RAV4 PHVの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ RAV4 PHVのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる