MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ V60 T6 ツインエンジン AWD 試乗|プラグインハイブリッドを、もっと身近に

試乗レポート 2019/7/4 10:26

ボルボ V60 T6 ツインエンジン AWD 試乗|プラグインハイブリッドを、もっと身近に(1/2)

関連: ボルボ V60 , ボルボ V60クロスカントリー Text: 伊藤 梓 Photo: 原田 淳|ボルボ・カー・ジャパン
ボルボ V60 T6 Twin Engine AWD Inscription[4WD・プラグインハイブリッドモデル/ボディカラー:デニムブルーメタリック]
ボルボ V60 T6 Twin Engine AWD Inscription[4WD・プラグインハイブリッドモデル/ボディカラー:デニムブルーメタリック]ボルボ V60 T6 Twin Engine AWD Inscription[4WD・プラグインハイブリッドモデル/ボディカラー:デニムブルーメタリック]ボルボ V60 T6 Twin Engine AWD Inscription[4WD・プラグインハイブリッドモデル/ボディカラー:デニムブルーメタリック]ボルボ V60 T6 Twin Engine AWD Inscription[4WD・プラグインハイブリッドモデル]画像ギャラリーはこちら

プラグインハイブリッドが気になるアナタのために

ハイブリッドは今や当たり前の技術になっている。しかし、プラグインハイブリッド(PHEV)はというと、日本ではまだまだ普及していないというのが現状だろう。それは充電設備などのインフラの問題もそうだが、PHEV車は内燃機関のモデルに比べると、車両本体価格が高いということが一番のネックになっているような気がする。今PHEVを選んでいる人たちは、車両価格と燃費&電費をカチャカチャと計算して「◯年先にはペイできるな」と割り出す賢さがあって、クルマの性能というよりも、新しい技術を楽しみつつクルマを使っているような、これまでのクルマ好きとはすこし違うカテゴリに属する人たちのように思える。しかし、クルマの電動化が進んでいる昨今、これまでは興味のなかった人たちでも、どんなものか気になっている方も多いのではないだろうか。

>>ボルボ V60 T6 Twin Engine AWDの美しいデザインをもっと見る[フォトギャラリー]

ベーシックモデルも導入し、PHEV普及に意欲的なボルボ

今回、ボルボはそんな一歩を踏み出したい人のためにも、V60に元々設定していたプラグインハイブリッドの「T6 Twin Engine AWD」に、もっともベーシックな「Momentum」グレードを追加した。上級グレードの「Inscription」に比べると、なんと車両本体価格が100万円安いというお買い得のグレードだ。

ボルボ V60 T6 Twin Engineは、スーパーチャージャー付きの2リッター直4ツインチャージャーエンジン(253ps/350Nm)とモーター(84ps/240Nm)を組み合わせており、フロントをエンジン、リアをモーターで駆動するAWDモデルだ。これらをあわせた総合出力は最大で340psにもなるという。ちょっとしたスポーツカーも驚きのパワーだ。

ちなみに今回はまだベーシックなMomentumの試乗車導入が間に合わなかったので、上級グレードInscriptionに乗って横浜周辺をテストした。

ボルボ V60 T6 Twin Engine AWD Inscription[4WD・プラグインハイブリッドモデル/ボディカラー:デニムブルーメタリック]ボルボ V60 T6 Twin Engine AWD Inscription[4WD・プラグインハイブリッドモデル]ボルボ V60 T6 Twin Engine AWD Inscription[4WD・プラグインハイブリッドモデル/ボディカラー:デニムブルーメタリック]

プラグインハイブリッドであることを意識させない自然さ

まずは、走行モードをモーターのみで走行する「Pure」にしてみると、V60 T6 Twin Engine AWDはエンジンを使わずにするすると走り出した。

元々ボルボのクルマの車内は静かなのだが、モーターのみの走行だとさらにそれが際立つ。走行モードによってメーター内の表示が変わり、アクセルペダルの踏み方によって、モーターだけの走行からハイブリッドに切り替わるポイントが分かる。アクセルを踏むとググッとメーターの針が動きはじめて、そのポイントまで強く踏み込むとエンジンがかかるのだが、エンジンの始動もとても静かで振動も少ないので、意識しなければエンジンがかかったか、かかっていないか分からないほどだった。

「Hybrid」モードにしてみると、エンジンのみ、モーターのみ、エンジンとモーター両方など、さらにコロコロと切り替わるのだが、それがとてもスムーズなので、試乗が終わる頃にはこのV60がPHEVだということをわざわざ意識しなくなっていた。

>>美しいデザインとゆとりの室内空間…電動化されても、ボルボの世界観はそのままに[次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ボルボ V60 の関連編集記事

ボルボ V60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V60 の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR