autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ 新型S60海外試乗|セダン好きの琴線に触れる1台が誕生!

試乗レポート 2019/1/8 09:30

ボルボ 新型S60海外試乗|セダン好きの琴線に触れる1台が誕生!(1/4)

関連: ボルボ S60 Text: 嶋田 智之 Photo: ボルボ
ボルボ
ボルボボルボボルボボルボ画像ギャラリーはこちら

8年の歳月を経て3代目のボルボ S60がついにデビュー

近頃、セダンのカテゴリーに元気がないよな、と感じることが多々ある。種類はたくさんあってもパッと気を惹かれるモデルがあまりないというか何というか。まぁそれも然りといえば然り。世はまさにSUV全盛の時代で、スタイリッシュでキャラクターのハッキリした背高のクルマが増える一方で、セダンは何だか分が悪い。ボルボにしてもXC60とXC40は爆発的といっていいくらいの好調ぶりなのに、あれほど美しく魅力的だったフラッグシップ・セダンのS90はいつの間にか日本への導入が終わり、今では2010年デビューの2代目S60が残るのみ。個人的にはXC60もXC40もたっぷり試乗させてもらい、ものすごく魅力的に感じている。SUVというカテゴリーだって嫌いじゃない。けれど、それはそれとして、“大人の男(と女)のクルマはセダンだろ”という──ちょっと古臭いかも知れないが──信念じみたものもある。そしてそうした古臭いかも知れない感覚を捨てきれない人って、意外と少なくないと思うのだ。

そうしたセダン好きの琴線に触れる1台が誕生した。

例えばフォーマルなシチュエーションも難なくこなせるエレガントな姿。例えばリラックスしながら移動できる空間と乗り味。そうしたセダンとして持つべき条件を不足なしに満たしているばかりか、例えば必要なときや欲しいときに瞬時に得られる力強さとスピードなんていうものも、しっかりと持ち合わせているのだ。

3代目となった、新型ボルボS60である。

≫セダン好きの琴線に触れるボルボ 新型S60を写真でチェック![フォトギャラリー]

アッパーミドルクラスに位置づけられるS60は、これまでも良質なセダンとして一定以上の評価は得ていたし、見た目以上にスポーティな走りもこなしてくれ、中には強力なパフォーマンスを持たされた特別なモデルも用意されたりもしていた。が、実はボルボ自身がはっきりと“スポーツセダン”と銘打ったのは初めて。成り立ちそのものは、まぁ先にデビューしているステーションワゴンであるV60のセダン版といってしまうと元も子もないのだけれど、実際のところその性格はかなり“スポーツ”を意識したものとなっている。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ボルボ S60 の関連編集記事

ボルボ S60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ S60 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR