日産 ノート e-POWER AUTECH vs. VW ポロ TSI ハイラインどっちが買い!? 日欧のプレミアムコンパクトを徹底比較!(1/3)

  • 筆者: 森口 将之
  • カメラマン:小林 岳夫 協力:オーテックジャパン

AUTECHのクラフトマンシップが作り上げたプレミアムスポーティコンパクト

日産 ノートが2018年上半期の登録車、つまり軽自動車を除く乗用車のベストセラーになった。販売の約7割は1.2リッター直列3気筒エンジンとモーターを組み合わせたシリーズ式ハイブリッドの”e-POWER”だという。

たしかに道を走っていると、フロントグリルにブルーの縁取りが入ったノート e-POWERはけっこうよく見かける。

単に燃費が良く環境に優しいだけではない。モーターによる加速は電気自動車のように滑らかで気持ちいい一方、電気自動車と違って充電の必要がないという、楽しく使えるテクノロジーも評価されているのだろう。日本のエコカーでは珍しく、ノートe-POWERは走りが評価されている1台と言える。

そのためだろう、2016年に追加されたスポーツカスタムモデル「ノート NISMO」も見ることが多い。ただしNISMOはドアミラーやバンパーのモールを赤に染めたスポーツ色の強い出で立ちで、少々気恥ずかしいと思うユーザーもいるはず。

そこへ登場したのが、オーテックジャパンがプロデュースした「ノート AUTECH(オーテック)」だった。2018年1月、東京オートサロンの会場でお披露目された「セレナ AUTECH」に続く、AUTECHブランド第2弾である。

スポーティでありながらプレミアム感に満ちたスタイリングや素材にこだわるユーザーに向け、カスタムカーづくりで蓄積したクラフトマンシップを注入した、プレミアムスポーティ志向のブランド。これがAUTECHのコンセプトだ。

>>日産 ノート e-Power AUTECHとVW ポロ/美しい佐原の街並みを画像で見る[全125枚]

日本と欧州のプレミアムコンパクト対決!ノート AUTECHとVW ポロを比較

コンパクトカーのジャンルでプレミアムといえば、輸入車を思い浮かべる人も多いだろう。そこで今回は、2018年5月にモデルチェンジしたばかりのフォルクスワーゲン(VW) ポロと比較することにした。

ノート AUTECHにはe-POWERとガソリン車、それぞれに2WDと4WDがあり、e-POWERの2WDには「SPORTS SPEC」も設定される。試乗車はこのSPORTS SPECで、パワーユニットには専用チューニングコンピューターを採用する。シャシーはボディ補強とサスペンションチューニングを施し、16インチの専用アルミホイールとタイヤを履く。

ポロは最近追加されたGTIを除くと、すべて1リッター直列3気筒ターボエンジンを積むTSIトレンドライン/コンフォートライン/ハイラインの3グレード構成となる。試乗車はハイラインだった。

東京・青山にあるオートックワン編集部を出発し、目指したのは千葉県香取市佐原(さわら)。

江戸時代に利根川が治水工事で今の流れになった際、市内を流れる小野川が水運の拠点になったことで水郷として栄え、小江戸とも呼ばれている。

東京都心からの距離は100kmほどと、コンパクトカーで日帰りするのに最適な場所でもある。

>>日産 ノートAUTECH VS. VW ポロ|エクステリア/インテリア比較[次ページ]

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
森口 将之
筆者森口 将之

1962年東京都生まれ。モータージャーナリスト&モビリティジャーナリスト。自動車専門誌の編集部を経て1993年フリーに。各種雑誌、インターネット、ラジオなどのメディアで活動。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。グッドデザイン賞審査委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAがオススメする宿・旅館

MOTAがオススメする宿・旅館

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる