日産 新型ノートやスバルのEV 新型ソルテラにも! 続々登場の「ワンペダル」の操作は慣れが必要だが事故防止にも効果的だ

画像ギャラリーはこちら

最近のクルマに用意される「ワンペダル」。

日産の新型ノートe-POWERを代表格としてトヨタ 新型アクアやホンダ Honda e、スバル 新型ソルテラなどにもそれぞれの名称で搭載される、またはその予定となっている。

目次[開く][閉じる]
  1. アクセルペダルだけで発進から加速、減速が可能! ただしメーカーによって差がある
  2. 操作はシンプルだが、上手に運転するにはエンジン車以上に丁寧なアクセルワークが求められる
  3. 燃費の改善だけでなく、踏み間違い事故の予防にも効果あり!

アクセルペダルだけで発進から加速、減速が可能! ただしメーカーによって差がある

通称「ワンペダル」はその名の通りアクセルペダルをワンペダル感覚で操作でき、アクセルペダルを踏んで加速させるだけでなく、放すことで減速できるのが大きな特徴だ。

アクセルペダルだけでクルマを加速から減速、停止、停止保持まで行える機能を、日産は「e-Pedal」、ホンダは「シングルペダルコントロール」と呼ぶ。

e-Pedalはセンターコンソールにあるスイッチを入れておくと、自動的にワンペダル機能が働き、シングルペダルコントロールはステアリングのパドルシフトで減速度を3段階にコントロールできる。

一方、トヨタの「快適ペダル」は力強い加速が得られるドライブモード「POWER+」モードでのみで、完全停止まではできない。

こうしたワンペダルを用いることによって電費、燃費が向上するという機能だ。

操作はシンプルだが、上手に運転するにはエンジン車以上に丁寧なアクセルワークが求められる

通常のエンジン車では加速したあとにアクセルペダルを戻して調整する人が多いだろう。その癖を残したままワンペダル操作をすると、回生ブレーキが強すぎて急減速してしまい、苦手意識を持ってしまう人が多いのではないだろうか。

ワンペダルを上手に操作するには、アクセルペダルを踏むときも戻すときも、やや先の道の状況を確認しながら、穏やかに右足を動かすところにある。

ワンペダルはモーター駆動車に装着される。電気が流れはじめたところから最大トルクを発生できる動力特性を持つモーター駆動の電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)は発進から加速の際にも、穏やかなアクセル操作で充分な加速が得られるため、丁寧な操作が求められる。

燃費の改善だけでなく、踏み間違い事故の予防にも効果あり!

以上のことを踏まえた上で、ワンペダルで運転が楽になる点から触れていこう。ワンペダル操作を用いた運転をすることによって、日産はアクセルとブレーキの踏み替えが約7割減るとしている。

日産のワンペダルは発進から停止まで、クルマの走行にかかるすべての領域でアクセル操作だけでこなせるようにしている。

例えば高齢者のペダル踏み間違いによる交通事故も、ワンペダルを使えば踏み替えの機会が大幅に減るため、踏み間違いを誘発する可能性を下げられる。

またペダル踏み替えには「空走時間」がある。ペダルを踏み替える間に何もせず、クルマが進んでしまう時間だ。

ところが、ワンペダルを用いればペダルを踏み替えている空走時間も減速しはじめる。その速度低下が、万が一の際の衝突を避ける、衝突時の衝撃を小さくできることにつながるだろう。

このようにワンペダル操作は、燃費改善といった環境対応だけでなく、安全面でも効果を発揮する可能性がある。それによって、交通事故の被害者を減らすことにもつながりそうだ。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
229.9万円269.1万円
中古価格:
14.9万円1,000万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる