autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産ノート C-Gear試乗|SUV風で都会にもアウトドアにも映えるアクティブコンパクトカー

試乗レポート 2018/5/11 18:54

日産ノート C-Gear試乗|SUV風で都会にもアウトドアにも映えるアクティブコンパクトカー

関連: 日産 ノート Text: 小鮒 康一 Photo: 原田淳 協力:株式会社オーテックジャパン
日産 ノート e-POWER C-Gear(シーギア)
日産 ノート e-POWER C-Gear(シーギア)日産 ノート e-POWER C-Gear(シーギア)日産 ノート e-POWER C-Gear(シーギア)日産 ノート e-POWER C-Gear(シーギア)画像ギャラリーはこちら

NISMO、モード・プレミアに続く”特別なノート”第3弾

2016年11月のマイナーチェンジで、エンジンで発電してモーターで走行するe-POWERを追加し、一躍大人気車種となった日産 ノート。2017年度のコンパクトセグメント(総排気量1600cc以下の小型・普通乗用車)で国内販売ナンバー1を獲得したと言えばその人気ぶりが分かるだろう。

そんな日産ノートに新たに、オーテックジャパンが手掛けた「C-Gear(シーギア)」が追加された。NISMO、モード・プレミアに続く第3弾となるが、果たしてどのような車種に仕上がっているのだろうか?

>>日産 ノートがSUV風に!ノート C-Gearの画像を見る

普段着としてアウトドアウェアを着こなすような遊び心あふれるデザイン

日産 ノート e-POWER C-Gear(シーギア)

ノートC-Gearは、アウトドアシーンだけでなく、普段着としてアウトドアウエアを着こなす感覚で乗れるようなユーザーの遊び心を刺激し、都会にもアウトドアシーンにも映える存在感のある内外装とし、ノートのアクティブ感をより強調したモデルとなっている。

ノートC-Gear最大の特徴はそのエクステリアだ。ダークメタリック色のスタイリングガード(フロントバンパー下部、サイド部、リアバンパー下部)やホイールアーチガーニッシュを装着するとともに、専用デザインのグロスブラックアルミホイール、ルーフモールなどを装備し、コンパクトカーのノートをSUVスタイルに仕立て上げている。

ちなみにスタイリングガードのダークメタリック色は現行型GT-Rの下部に塗られているものと同じ色とのことで、それを聞くとより一層特別感を覚えてしまう。

なお、ホイールアーチガーニッシュを装着したことで全幅は1705mmとなったが、持込み登録車の場合10mm以下は切り捨てとなるため、登録は5ナンバーのままとなる。それによって少し車が大きく見えるということで、購入するユーザーもいるという。

C-Gearのイメージカラーのグリーンがアクセントの内装

日産 ノート e-POWER C-Gear(シーギア)

内装については、C-Gearのイメージカラーでもあるグリーンを取り入れたシート表皮が目を引く。これはシートのパターンこそベース車と同等だが、表皮を縫い上げる際にグリーンの糸を使うことによってイメージを変えているとのこと。

なお、シートと同様にグリーンをあしらったC-Gear専用のデュアルカーペットや、プラスチックバイザーはディーラーオプション品となる。

ノート e-POWER NISMOと同じチューニングのツーリングパッケージ仕様

日産 ノート e-POWER C-Gear(シーギア)

“ノートといえばe-POWER”というイメージがあるほど、ノートe-POWERは好調な売れ行きを記録しているが、C-Gearにはe-POWER以外に1.2リッター自然吸気のガソリンエンジンもラインナップされる。

特に4WD(モーターアシスト方式)はガソリンエンジン車にしか設定されないので、生活四駆を求めるユーザーには見逃せないポイントと言えるだろう。

今回、試乗したのはノート C-Gearのe-POWER Xにオーテック扱いオプションのツーリングパッケージを装着した仕様となる。

日産 ノート e-POWER C-Gear(シーギア)

ツーリングパッケージには、グロスブラック16インチアルミホイール&195/55R16 87Vタイヤ、専用チューニングサスペンション、専用チューニング電動パワーステアリング、ボディ補強(フロントクロスバー、フロント&リヤサスペンション、メンバーステー、センタートンネルステー、テールクロスバー)、ファインレスポンスVCMがセットで装着されるものだが、実はこれ、ノート e-POWER NISMOと全く同じチューニングが施されるパッケージオプションなのだ(アルミホイールのデザインを除く)。

これだけの装備がプラスされるのにオプション価格は8万6400円(消費税込)なのだから、走りに拘るユーザーはぜひ選んでいただきたいオプションである。ちなみにツーリングパッケージの16インチアルミホイールはC-Gear専用デザインで、同じくオーテックジャパンが手掛けるエクストレイル エクストリーマーXに装着される専用ホイールと同じ意匠のデザインとなっている。

標準車より鋭い加速感が味わえるセッティング

日産 ノート e-POWER C-Gear(シーギア)
日産 ノート e-POWER C-Gear(シーギア)

ツーリングパッケージでの変更点は数多いが、一番違うのがファインレスポンスVCMによる走行モードの違いだ。ECOモードは標準車と同じだが、ノーマルモードでは標準車よりレスポンスの良い加速が、そしてSモードではさらに鋭い加速感が味わえるセッティングになっている。

また、e-POWER Driveと呼ばれるアクセルオフで回生ブレーキが効くワンペダルドライブは、SモードとECOモードのみで楽しむことができるが、Sモードでは標準車とは異なり完全停止まではできず、一定速度まで車速が落ちると空走状態となる。そのため、ワインディングなどで走る分には爽快だが、街乗りには向かないセッティングとなっている。そもそも、ツーリングパッケージのSモードは、少々過激(過敏)とも思えるほどアクセル操作に対してのレスポンスが良いため、ワインディングや高速道路専用と割り切った方がいいだろう。

足回りに関してはe-POWER NISMO同等、と聞くとさぞやハードなものが装着されていると思われるかもしれないが、同乗者からクレームが出るほど硬いものではない。そもそも標準車に比べてボディ補強がしっかり入っているため、硬いながらもしっかり足が動いている感覚が味わえて好印象であった。なお、C-GearはSUVテイストのルックスとなっているが、どのグレードにおいても標準車に対して車高の増減はない(ルーフレール分だけ全高はアップしているが)。

ノートC-Gearならではのスタイリングは魅力的

日産 ノート e-POWER C-Gear(シーギア)

このように、ツーリングパッケージを装着することでSUVテイストのC-Gearが一気にスポーティな走りが楽しめる車両へと変貌を遂げる。

しかし、ワインディングや高速道路を走る方ばかりではないので、ノートC-Gearの購入を検討しているのであれば、乗り比べをしてみたほうがいいだろう。

もちろん、C-Gearならではのスタイルが大いに魅力的であることは言うまでもない。

[TEXT:小鮒康一/PHOTO:原田淳/協力:株式会社オーテックジャパン]

筆者: 小鮒 康一

日産 ノート の関連編集記事

日産 ノートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ノート の関連編集記事をもっと見る

日産 ノート の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!