ハリアー並みの高級感! 日産がエクストレイルをフルモデルチェンジ|アグレッシブなデザインで北米初披露

画像ギャラリーはこちら
北米日産は2020年6月15日、新型エクストレイル(米国名:ローグ)を世界初公開した。北米では2020年秋の発売を予定する。日本での正式発表も待ち遠しい、次期エクストレイルの詳細について画像とともにお届けする。

>>アグレッシブ! 日産 新型エクストレイルの画像をもっと見る[画像50枚]

目次[開く][閉じる]
  1. RAV4などライバルがひしめく激戦区のミッドサイズSUVクラスに日産がいよいよニューモデル投入
  2. アグレッシブで質感も向上! 内外装デザインは大幅に進化
  3. 日産自慢のプロパイロットはさらに進化|e-POWERは日本仕様までおあずけ!?

RAV4などライバルがひしめく激戦区のミッドサイズSUVクラスに日産がいよいよニューモデル投入

2020年6月15日、日産の主力SUV“ローグ”(日本名:エクストレイル)の2021年モデルが北米で世界初披露された。今回のフルモデルチェンジで、エクストレイルとしては4代目の新型モデルとなる。

北米において現在最も市場規模が大きいミッドサイズクラスSUVは、トヨタ RAV4やホンダ CR-V、スバル フォレスターなど競合モデルも多い激戦区。日本においても同様に安定した人気を誇るカテゴリーだ。

新型エクストレイル(ローグ)は、プロパイロットをはじめとする日産の先進運転支援機能や、新設計のプラットフォームを基にした広く快適な室内空間、走行性能の向上などで、若いファミリー層にアピールする。

アグレッシブで質感も向上! 内外装デザインは大幅に進化

外観デザインもグッとアグレッシブに生まれ変わった。プレミアム度と運動性能の高さを表していると日産では説明する。

個性的な形状のLEDヘッドライトを採用したほか、日産のVモーショングリルデザインも新世代デザインへと進化を遂げた。先代モデルに比べ全長はやや短く、全高もやや低くなった。

もはや高級車! 室内の質感も大幅に向上

写真で見てもわかる通り室内の質感も大幅に向上させたほか、前後席とも快適性を高めた。

上級グレードでは、キルティング加工が施されたセミアニリンレザーシートを採用。北米仕様ではチャコール、グレー、タンの3色からセレクト可能だ。シート自体も、乗員の体圧を分散し疲労を軽減させる新設計のゼログラビティシートを採用する。

このほか後席シートヒーター、BOSE製プレミアムオーディオシステム、アンビエントライトなど高級車並みの装備が充実している。

3つのハイテクディスプレイが並ぶインパネまわり

またメーターは12.3インチのデジタルダッシュボードに進化。センターの大型ディスプレイは9インチのタッチ式。そのうえ10.8インチのヘッドアップディスプレイと、3つのハイテクディプレイが採用されている。電子化されたシフトレバーも新しい。

このほか、ワイヤレスAppleCarPlayなどに対応。スマートフォンのワイヤレス充電に対応するほか、センターコンソールにはUSB Type-CとType-Aの両方の充電ポートを用意する。

>>新型エクストレイル(北米名:ローグ)の室内画像をもっと見る[画像50枚]

日産自慢のプロパイロットはさらに進化|e-POWERは日本仕様までおあずけ!?

ステアリングアシストとACC(アダプティブクルーズコントロール)を統合制御するプロパイロットは、新型エクストレイルでも搭載。次世代のレーダーおよびカメラテクノロジーによりさらに進化を遂げている。カーナビとのリンク機能も備え、カーブやジャンクションなどの通過速度もコントロールする。

安全面では10のエアバッグを採用するほか、日本でもセレナなどに採用が始まる360°セーフティアシスト(全方位運転支援システム)も搭載。前方のみならず側方や後方の安全も確保した。

"e-POWERは未発表! 北米仕様では2.5リッターガソリンエンジンを搭載

北米仕様の新型ローグは、従来からの2.5リッターガソリン直噴エンジンを改良して搭載すると発表された。現行型の3代目エクストレイル(日本仕様)に搭載のハイブリッドや、期待されるe-POWERなどについて今回特に公開された情報はなかった。

これらの電動化モデルについては、今後日本仕様で追って発表されるものと思われる。更なる情報に大いに期待したい。

運動性能面でも、新たにエンジンやステアリング制御、トランスミッション、VDC、4輪駆動システムなどを統括制御するヴィークル・モーション・コントロールを採用。FFモードではスポーツ、ノーマル、エコ、4WDモードではスポーツ、エコ、スタンダードに加え、オフロード、スノーの5つのモードからセレクト出来る。

[筆者:MOTA編集部]

>>新型エクストレイル(北米名:ローグ)の内外装画像をもっと見る[画像50枚]

寝ながらマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝ながらマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる2社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

日産/エクストレイル
日産 エクストレイルカタログを見る
新車価格:
248.3万円401万円
中古価格:
19.8万円484万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

日産 エクストレイルの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 エクストレイルのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 エクストレイルの中古車検索 日産の記事一覧 日産 エクストレイルの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 エクストレイルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる