【2022年】日産 新型エクストレイルの高級感に賛否の声! ライバル車を圧倒する質感の高さが魅力のSUVだ【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:小林 岳夫/茂呂 幸正
画像ギャラリーはこちら
2022年7月末に、およそ9年ぶりとなるフルモデルチェンジを果たし4代目へと進化した日産 エクストレイル。初代モデルを彷彿とさせるスクエアなフォルムに高級感あふれる内装、待望のe-POWER搭載と、注目度満点の新型エクストレイルについて、実際に試乗した購入検討層などからSNSに挙げられているみんなの声を紹介していきます。
目次[開く][閉じる]
  1. 新型エクストレイルはタフギア感と高級感をあわせ持つSUVに進化
  2. 新型エクストレイルのデザイン
  3. 新型エクストレイルの乗り心地、走行性能

新型エクストレイルはタフギア感と高級感をあわせ持つSUVに進化

新型エクストレイルは日産のミドルサイズSUVとして2022年7月末にフルモデルチェンジしました。

2000年に登場した初代エクストレイルは、アウトドアシーンにも合う独特のタフギア感がウケて人気となったモデルです。今回の4代目では、先代まで好評だったその“タフギア”感に最先端技術、そして当時の顧客が成熟したことにより求められる“上質さ”を加えて、大幅に進化しています。

新型エクストレイルのボディサイズは全長4660mm × 全幅1840mm × 全高1720mm、ホイールベースは2705mm。先代に比べホイールベース自体は同等ながら、30mm短く、20mmワイドで、20mm低いボディサイズとなります。

新型エクストレイルは1.5リッター可変式VCターボとし、106kW/250Nmを実現しています。

フロントのモーターは150kW/330Nm、リアは100kW/195Nmと、それぞれ日産 ノートと比べるとフロントで1.2倍、リアで1.9倍の出力があります。

新型エクストレイルのパワーユニット(動力を生じさせる装置)は、この直列3気筒VCターボエンジンを搭載するe-POWERのみです。駆動方式は、前輪駆動の2WDと後輪をモーターで駆動する4WDがあり、最上級グレードのG・e-4ORCEは後者です。

エンジンは、圧縮比を8から14まで変化させる可変機能を装着しており、なおかつターボも備えています。このエンジンは発電を担当して、駆動はモーターが行います。発電用エンジンとしては、メカニズムがとても贅沢に思えますが、発電性能、燃費効率、静粛性などの上質感をバランス良く向上させました。

新型エクストレイルのWLTCモード燃費は、2WDが19.7km/L、4WDは18.4km/L(3列シート車は18.3km/L)です。

新型エクストレイルのデザイン

新型エクストレイルはこれまで好評だったタフギア感に上質さを組み合わせた新しいエクステリアデザインが特徴的です。

内装はインパネには柔らかいパッドが使われ、合成皮革でカバーされています。ステッチ(縫い目)もあしらわれ、ていねいに造り込まれています。

新型エクストレイルを実際に見た層のポジティブな声としては、

「いま大きめのSUVを選ぶなら新型エクストレイルだろう」

「見た目がカッコいい」

「内装の高級感がすごい」

など、これまでのエクストレイルのイメージとは異なる高級感を肯定的に捉える声が多く見受けられました。

一方で、

「とても良い車だと思うがデザインがいまいち。米国で出しているインフィニティーのデザインでほしかった」

「顔は変えた方が良い。中身が良いだけにもったいない」

「ヘッドライト周りのデザインと設定価格の高さがネック」

といったフロントマスクのインパクトについての否定的な声も見られました。

新型エクストレイルの乗り心地、走行性能

新型エクストレイルを試乗してみると、モーター駆動の特徴として、アクセルペダルを踏み増した次の瞬間には速度を素早く高めます。そのために巡航中にアクセルペダルを踏み増した時の感覚は、V型6気筒3.5Lエンジンに相当するような印象でした。

しかも通常はエンジン音が小さいです。登坂路でアクセルペダルを深く踏み込むと、3気筒特有の粗いノイズが聞こえたり、低速域でエンジンが始動するとゴロゴロとした音質になりますが、頻繁に生じるわけではありません。

さらに、コーナリングに入ると、一般走行速度域でも活きてくるのがe-4ORCE(4WD)の高度な四輪制御です。電気式の四輪駆動は、前後左右輪それぞれをきめ細やかに独立してマネジメント出来るのが特徴です。

そんな新型エクストレイルの乗り心地、走行性能について、

「SUVの中でここまでバランスが取れた車は多くないと思う」

「トルクの盛り上がりがないので走りがスムーズで知らないうちに車速が思ったより上がっていく」

「静粛性はワンクラス上の車格を狙っている」

といった前向きな意見が多く見られました。

新型エクストレイルの納期

新型エクストレイルの納期は2022年9月中旬時点で約9カ月の2023年6月納車となります。気になった方はぜひ試乗して、新型エクストレイルの質感を体感してみてください。

【筆者:MOTA編集部 カメラマン:小林 岳夫/茂呂 幸正】

日産/エクストレイル
日産 エクストレイルカタログを見る
新車価格:
319.9万円504.7万円
中古価格:
28.6万円568.8万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 香雲館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 エクストレイルの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 エクストレイルのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 エクストレイルの中古車検索 日産の記事一覧 日産 エクストレイルの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 エクストレイルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる