日産がコンパクトSUV「キックスe-POWER」を発表|ドヤ感マシマシな“オラオラ”顔でいよいよ日本導入か

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
日産は2020年5月15日、コンパクトSUVのニューモデル「Kicks e-POWER(キックス・イーパワー)」をタイで発表した。同国の日産工場で生産し、輸出も行う。日本への早期導入も期待される日産 新型キックスe-POWERの詳細情報をお届けする。

>>同時にマイナーチェンジも実施し、よりスタイリッシュになった新型キックスの画像を見る[画像30枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 日産 キックスに初のe-POWER搭載
  2. ドヤ感を増した迫力の“オラオラ”顔に一新
  3. 先進運転支援機能も充実、日本への導入も大いに期待!

日産 キックスに初のe-POWER搭載

今最も旬なコンパクトSUVのカテゴリーに、日産から新たなモデルが導入される。その名は「Kicks(キックス)」。

日産 キックスは2016年発表の既存モデルで、ブラジルを皮切りに北米など世界各国で販売が行われているモデル(日本では未発売)。今回タイで発表されたのはそのマイナーチェンジ版で、デザインも大きく変更されている。

デザインばかりではない。マイナーチェンジの目玉となるのが、日産自慢の電動化技術「e-POWER(イー・パワー)」の新採用だ。

するとヨーロッパで発表された新型ジュークは日本に来ないの!?

e-POWERとは、ガソリンエンジンを発電専用とし、モーターで駆動させるシリーズハイブリッドシステムの日産式名称。2016年にコンパクトカーのノートに、さらに2018年にはミニバンのセレナにも搭載され、共に好調な販売実績をあげている。

これまでグローバルに販売されてきたキックスは通常のガソリンエンジンモデルが主で、ハイブリッドモデルの設定はなかった。

キックスe-POWERに搭載されるのは、1.2リッター3気筒ガソリンエンジンと、EM57型交流同期電動機(モーター)、発電機、リチウムイオン電池、インバーターの組み合わせ。システムの最高出力は95kW(129ps)、最大トルクは260Nmを発生させ、ノートの80kW(109ps)/254Nmに対し性能は向上させている。

他のe-POWERモデル同様に4つの走行モード(ノーマル・S・エコ・EV)を有し、Sとエコモードではアクセル操作だけで加減速が行えるワンペダル走行も可能な「e-POWER Drive」も楽しめる。

なおタイ日産は、日本に次いでグローバルで2番目のe-POWER生産例となる。

ドヤ感を増した迫力の“オラオラ”顔に一新

日産 新型キックスのe-POWER採用に合わせ、デザインも新しくなった。

特に変わったのはフロント周りだ。Vモーショングリルはより存在感を増し、迫力と質感を向上させた。日産の他モデル、例えば最新のセレナハイウェイスターとも共通性のある印象だ。

ヘッドライト回りも変更され、LEDヘッドランプとブーメラン型のLEDシグネチャーターンライト、LEDデイタイムランニングライトが組み合わされる。同様にブーメラン型のリアコンビランプもLEDだ。また夜間の帰宅時などにエンジン停止後も照らしてくれるフォローミーホームヘッドライトも備わる。

サイドのデザインは、まるで屋根が浮かんで見えるようなフローティングルーフを強調するもの。タイでは6色の単色カラーに加え、ルーフ周りを黒にする4種類の2トーンカラーの全10色から選択できる。

ボディサイズは全長×全幅×全高が4290x1760×1615mm、ホイールベースは2615mm。ホイールは17インチ(タイヤサイズ:205/55R17)となっている。

※スペックは全てタイ仕様

先進運転支援機能も充実、日本への導入も大いに期待!

先進運転支援機能も充実しているキックスe-POWER。インテリジェントクルーズコントロールや緊急自動ブレーキをはじめ、後側方衝突防止支援システム(BSI)や後側方車両検知警報(BSW)、後退時車両検知警報(RCTA)、アラウンドビューモニターなど多数備わる。

インテリアでは、8インチに拡大されたタッチスクリーン式のディスプレイオーディオを装備。Apple CarPlayにも対応する。上位グレードでは黒とオレンジの2トーンカラーのインテリアトリムも選択可能だ。

キックスe-POWERのタイでのグレード展開は4タイプ。価格は889,000バーツ(約297万円)から1,049,000バーツ(約351万円)までとなっている。4WDモデルの設定はない。

※1バーツ3.35円で計算(2020年5月現在)

タイ日産では、新型キックスe-POWERを国内のみならず海外への輸出も行うとしており、かねてより噂されている日本への導入も図るものと思われる。国内での正式な発表を期待して待ちたい。

[筆者:MOTA編集部]

日産/キックス
日産 キックスカタログを見る
新車価格:
275.9万円287万円
中古価格:
26.8万円325万円
日産/ジューク
日産 ジュークカタログを見る
新車価格:
177万円353.3万円
中古価格:
43万円252.1万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 柳生の庄
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 キックスの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 キックスのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 キックスの中古車検索 日産の記事一覧 日産 キックスの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 キックスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる