3代目新型ノートには3列シート版もある!?|日産 ノートが2020年中にもフルモデルチェンジか ~人気のe-Powerも新世代版へ進化~

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
デビュー8年を迎える長寿モデルの人気コンパクトカー「日産 ノート」が、いよいよ2020年中にもフルモデルチェンジするとの噂が聞えてきた。ノート人気をけん引するe-Powerが新世代へ進化するほか、派生モデルとして3列シート版のコンパクトミニバン仕様も登場するという仰天構想もあるようだ。現時点で伝わってきた情報をまとめてご紹介する!
目次[開く][閉じる]
  1. 2020年度中に登場が噂される新型ノートはどうなる?
  2. 5ナンバーサイズは死守か!? 3列シート仕様追加の噂も
  3. 隠れた人気車種、ノート NISMOとAUTECHは継続設定の公算大?
  4. クロスオーバーモデルも正規モデルへ昇格か
  5. ノート派生のスライドドア車や3列シートミニバンは“ノート+サブネーム”の別車種として2021年デビュー!?
  6. プラットフォームは新型に? e-POWERも第2世代となるか
  7. プロパイロット搭載は間違いないが、高規格版プロパイロット2.0に進化するかは微妙?

2020年度中に登場が噂される新型ノートはどうなる?

2018年度、日本で一番売れた登録車にも君臨した日産ノート。そんな現行型は2代目ノートとして2012年9月に登場したモデルであり、すでにデビューから8年が経過しようとしている長寿モデルである。

クセのないデザインと、5ナンバーサイズながら広い室内空間(特に後席スペース)を持つノートは真っ当なコンパクトカーとして安定した人気を誇っていたが、爆発的な人気車種となったのは、2016年11月のマイナーチェンジで追加された「e-POWER」がきっかけであることはご存知の通り。区分的にはハイブリッドになるものの、電気自動車リーフで培った技術を応用し、エンジンで発電しモーターで駆動するというシステムは、EVのモーター駆動の心地よさと、ガソリンモデルの給油の手軽さを持ち合わせた「電気自動車の新しいカタチ」として多くのユーザーに受け入れられることとなったのである。

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
144.8万円281.3万円
中古価格:
12.8万円299万円

その結果、予想以上の人気車種となったノートは、当初のモデルチェンジのタイミングを延期して現在に至っているという噂もあるほど。しかし、e-POWERが登場して3年が経過したこともあり、そろそろフルモデルチェンジの噂が聞かれるようになってきた。果たして3代目の次期型日産 ノートはどんなモデルになるのだろうか?

5ナンバーサイズは死守か!? 3列シート仕様追加の噂も

2代目ノートがここまで人気車種となった要因のひとつに、5ナンバーサイズであったという点は外せないところ。実際には数センチしか違わなかったとしても、3ナンバーサイズという響きに心理的なプレッシャーを覚えるユーザーは未だ少なくない。となると、次期ノートも5ナンバーサイズは死守してくるところだろう。

現行型の2代目ノートは、往年のパルサーやサニーといった日産の小型車保有客を一手に引き継いできたハッチバック車のティーダユーザーの代替もカバーする意味もあって、コンパクトカークラスを越える広い室内空間を実現していた。

次のフルモデルチェンジでは、2019年末で生産を終了したハイトワゴンの「キューブ」ユーザーも取り込む必要があるだろう。また販売サイドからは、コンパクトサイズながらスライドドアを備えたトヨタ シエンタやホンダ フリードのような3列シート車を望む声も大きいと聞く。

となると、次期ノートもスライドドア&3列シートの設定があるのではないか? という噂も聞かれるが、ちょっと待って欲しい。2代目ノートのもう一つの顔として忘れてはいけないのが、“NISMO”系によるホットハッチというキャラクターだ。

隠れた人気車種、ノート NISMOとAUTECHは継続設定の公算大?

通常のモデルにはラインナップされない1.6リッターエンジンと5速のマニュアルトランスミッションを搭載したノートNISMO Sは、ずば抜けたパワーこそないものの、専用チューニングが施されたエンジンと小気味よいシフトチェンジが可能なマニュアルトランスミッションが相まって、根強いファンの多い隠れた人気グレードとなっている。

次期ノートにも従来型NISMOユーザーを取り込むためにもNISMO仕様が設定される公算は大きいとにらむ。またNISMOとは別のプレミアムスポーツ系カスタムモデルとして現行型に用意されるノート AUTECH(オーテック)も新型へ継承されるはずだ。

クロスオーバーモデルも正規モデルへ昇格か

ノートの別キャラといえばもうひとつ。SUVとのクロスオーバーモデルとして、2017年に日産のカスタム車を手掛けるオーテックジャパンにより発売された特別仕様車が「ノート C-Gear」(シーギア)だ。黒のホイールアーチや、ダークメタリックのバンパーガード風装飾、グリーンが効果的にあしらわれた専用内装色などで、流行りのSUVテイストを上手く醸し出している。

トヨタ アクアは「アクア クロスオーバー」、ホンダが2020年2月に発売を開始した新型フィットでは「FIT CROSSTAR(フィット クロスター)」と、最近は各社それぞれコンパクトカーにもクロスオーバー風モデルをラインナップしている。次期型のノートでも、今度は通常ラインナップとしてノート C-Gear後継の新型クロスオーバーが登場する公算は非常に高いはずだ。

ノート派生のスライドドア車や3列シートミニバンは“ノート+サブネーム”の別車種として2021年デビュー!?

ノートは日産の戦略モデルとして、日本のみならず世界でコンパクトカーとしての明確なキャラクターを確立している。果たして、新型ノートには本当にスライドドア車や3列シート車が設定されるのだろうか。

近年、トヨタ ルーミー・タンク/ダイハツ トール兄弟やスズキ ソリオのようなスライドドア付き小型ハイトワゴンが、国内で販売台数を急激に伸ばしている。シエンタなどのコンパクトミニバンも、セレナなどのMクラスミニバンを喰う勢いで勢力を拡大中だ。日産がこれに対抗し、新型ノートをベースにした小型ハイトワゴンをキューブ後継車として、かつてのキューブキュービックのようにホイールベースを延伸した3列シート版と合わせ新規投入してきても不思議はない。

噂の新型ノート 3列シート車は、キューブの実質的な後継車か

日本国内専用のモデル展開には非常に慎重な姿勢を取ってきたゴーン体制の日産も、ここ最近は風向きが変わってきたとの声も聞こえる。噂の新型ノート3列シート版は、上記のスライドドア付きハイト系新規モデルとセットで展開されていくことを期待したい。

さて、これら新型ノート派生モデルの気になる車名だが、キューブ“キュービック”のようにサブネームをつけるか、全く違う名前を与えて別車種扱いとされるケースも考えられる。そうなると、ノートのフルモデルチェンジから期間を置き2021年頃に遅れてデビューする可能性も高そうだ。ただしこの辺りについてはまだ噂の域を越えず、詳細についてまだ明らかになっていない点も多い。MOTAでは引き続き新型ノートとノート派生ミニバン・ハイトワゴンの展開について徹底調査していく。情報が分かり次第、随時続報をアップデートしていく予定だから楽しみにしておいて欲しい。

プラットフォームは新型に? e-POWERも第2世代となるか

次期型となるノートには、新たなプラットフォームが採用されることが確実視されている。なかでも有力視されているのが、「エンジンコンパートメント」、「コクピット」、「フロントアンダーボディ」、「リアアンダーボディ」の各モジュールと、電子部品である「電子アーキテクチャー」の5つのモジュールで構成された「CMFプラットフォーム」である。

すでに2013年に登場した3代目エクストレイルから採用されているプラットフォームであるが、Bセグメント車用に開発された「CMF-Bプラットフォーム」も存在しており、これが次期ノートの基本となるのではないだろうか。

搭載されるパワートレインは、2代目ノート人気の火付け役ともなったe-POWERは当然継続して搭載されるハズ。基本的な仕組みが大きく変わることはなさそうだが、市場からの声をフィードバックした改良型が搭載され、燃費性能はもちろん、ドライバビリティもさらに向上することが期待できる。

一方、通常の内燃機関を搭載するグレードも残されるだろうが、エンジンは欧州向けのマイクラ(日本名マーチ)や2代目ジュークにも搭載される1リッターターボが搭載される可能性もありそうだ。スライドドアや3列シートが備わった場合、従来の1.2リッターエンジンでは動力性能的に厳しいものになることは想像に難くないからだ。

プロパイロット搭載は間違いないが、高規格版プロパイロット2.0に進化するかは微妙?

日産の運転支援システムの中でも評価が高いプロパイロットは当然搭載されるハズだが、スカイラインハイブリッドに搭載されたプロパイロット2.0は、コスト面を考えると価格にシビアなユーザーが多いコンパクトカークラスへの搭載は時期尚早といったところか。

とはいえ、プロパイロット自体もカメラだけではなく、ミリ波レーダーを併用するなど進化したものが搭載されるだろうから、落胆する必要はないだろう。

大ヒットした車種の次期モデルということで、ユーザー側の期待値も販売サイドの期待値も爆上がりの3代目新型ノート。いい意味で我々の期待を裏切ってくれることを楽しみにしたいところだ。

[筆者:MOTA編集部スクープ班]

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 金乃竹塔ノ澤
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる