3代目新型ノートには3列シート版もある!?|日産 ノートが2020年中にもフルモデルチェンジか ~人気のe-Powerも新世代版へ進化~(1/3)

  • 筆者: MOTA編集部

2020年度中に登場が噂される新型ノートはどうなる?

2018年度、日本で一番売れた登録車にも君臨した日産ノート。そんな現行型は2代目ノートとして2012年9月に登場したモデルであり、すでにデビューから8年が経過しようとしている長寿モデルである。

クセのないデザインと、5ナンバーサイズながら広い室内空間(特に後席スペース)を持つノートは真っ当なコンパクトカーとして安定した人気を誇っていたが、爆発的な人気車種となったのは、2016年11月のマイナーチェンジで追加された「e-POWER」がきっかけであることはご存知の通り。区分的にはハイブリッドになるものの、電気自動車リーフで培った技術を応用し、エンジンで発電しモーターで駆動するというシステムは、EVのモーター駆動の心地よさと、ガソリンモデルの給油の手軽さを持ち合わせた「電気自動車の新しいカタチ」として多くのユーザーに受け入れられることとなったのである。

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
144.8万円281.3万円
中古価格:
6万円287.9万円

その結果、予想以上の人気車種となったノートは、当初のモデルチェンジのタイミングを延期して現在に至っているという噂もあるほど。しかし、e-POWERが登場して3年が経過したこともあり、そろそろフルモデルチェンジの噂が聞かれるようになってきた。果たして3代目の次期型日産 ノートはどんなモデルになるのだろうか?

5ナンバーサイズは死守か!? 3列シート仕様追加の噂も

2代目ノートがここまで人気車種となった要因のひとつに、5ナンバーサイズであったという点は外せないところ。実際には数センチしか違わなかったとしても、3ナンバーサイズという響きに心理的なプレッシャーを覚えるユーザーは未だ少なくない。となると、次期ノートも5ナンバーサイズは死守してくるところだろう。

現行型の2代目ノートは、往年のパルサーやサニーといった日産の小型車保有客を一手に引き継いできたハッチバック車のティーダユーザーの代替もカバーする意味もあって、コンパクトカークラスを越える広い室内空間を実現していた。

3代目ノートのデザインはどうなる!? ヒントは「マイクラ」と「アリアコンセプト」にあり

さて、新型の3代目ノートはどんなデザインになるだろう。ヒントはいくつかあるが、まずは同じプラットフォームを共有すると思われる、欧州仕様のマーチ「マイクラ」だ。日本のマーチとは別に、こんなスタイリッシュなモデルに生まれ変わっていたのをご存じだろうか。

Vモーショングリルを基調にした前傾姿勢のカッコいいデザインだ。

このマイクラのイメージを新型ノートでも継承するだろう。

また、2019年東京モーターショーに登場したSUV型EVのコンセプトカー「アリア コンセプト」もヒントになる。こちらはマイクラとは違い、流麗なイメージ。日産のデザインをリードするこの2台には注目しておきたい。

キューブのユーザーも取り込むための仰天計画とは!?

次のフルモデルチェンジでは、2019年末で生産を終了したハイトワゴンの「キューブ」ユーザーも取り込む必要があるだろう。また販売サイドからは、コンパクトサイズながらスライドドアを備えたトヨタ シエンタやホンダ フリードのような3列シート車を望む声も大きいと聞く。

となると、次期ノートもスライドドア&3列シートの設定があるのではないか? という噂も聞かれるが、ちょっと待って欲しい。2代目ノートのもう一つの顔として忘れてはいけないのが、“NISMO”系によるホットハッチというキャラクターだ。

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 箱根吟遊
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる