トヨタ 新型ハリアー(4代目) 徹底解説 デザイン&インテリア編|美し過ぎるクーペSUVに大変身! 機能も飛躍的に進化

  • 筆者: 渡辺 陽一郎
  • カメラマン:トヨタ自動車・MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
トヨタの人気SUV「ハリアー」が、2020年6月にフルモデルチェンジする。4代目となる新型ハリアーで、最も気になるのがデザインだ。従来モデルのイメージを引き継ぎつつも、流麗なクーペSUVに進化している。そんな新型ハリアーの内外装デザインやパッケージングについて、国内外の新型車に精通するカーライフジャーナリスト 渡辺 陽一郎氏が徹底解説する。

>>美し過ぎるクーペSUV! 生まれ変わった新型ハリアーを画像で見る

目次[開く][閉じる]
  1. 新型はデザインも進化! スタイリングや内装、ボディサイズやパッケージングを徹底分析
  2. 立体的になり、洗練度を増した上質なインパネ回り
  3. より快適さを増した室内の居住性|SUVらしく荷室の積載性も良好
  4. トヨタ 新型ハリアー Z “Leather Package”(ハイブリッド) 主要スペック

新型はデザインも進化! スタイリングや内装、ボディサイズやパッケージングを徹底分析

5ドアクーペ風のデザインが特徴

まずは外観だが、新型ハリアーはリヤゲートを寝かせた5ドアクーペ風のデザインが特徴だ。

売れ筋の中級と上級のグレードには、切れ長のプロジェクター式LEDヘッドランプが備わり、外観をより上質な印象に見せている。

リヤコンビネーションランプも横長で、左右のランプを1本の光の帯が繋ぐ形状だ。

>>新型ハリアー、フロントマスクはこんなカタチ! 画像で見る

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
300.4万円504.6万円
中古価格:
35万円535万円

ボディサイズは先代型に比べ若干ワイドで低い

ボディサイズは、全長が4740mm、全幅は1855mm、全高は1660mm、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2690mmとなる。

従来型に比べるとボディは15mm長く、20mmワイドで、30mm低い。ホイールベースは30mm伸びる。ほぼ同じサイズだが、新型ハリアーは先代型に比べ若干ワイドで低くなる。

タイヤサイズは19インチ(225/55R19)を基本とするが、最小回転半径は5.5mだ。従来型は18インチが主力で、最小回転半径はノーマルエンジンとターボが5.6m、ハイブリッドは5.7mだから、プラットフォームの刷新もあって小回り性能は向上する。

立体的になり、洗練度を増した上質なインパネ回り

内装のデザインも大幅に変わり、インパネは従来に比べて立体的になった。インパネ最上部の中央には、12.3インチのワイドな液晶ディスプレイが備わり、この下側には静電式エアコンスイッチも装着される。両側にメッキの装飾もあしらった。

ATレバーやカップホルダーを内蔵するセンターコンソールには、視覚的なボリュームがあり、ドライバーの囲まれ感も強調されている。車両との一体感を得やすいスポーティな雰囲気だ。

インパネには合成皮革が使われ、金具で止めるパイピングオーナメントやステッチ(縫い目)も随所に入る。このデザインは従来型をさらに洗練させた印象だ。

>>新型ハリアーのインテリアがどうなったのか気になる! 拡大画像で見る

より快適さを増した室内の居住性|SUVらしく荷室の積載性も良好

新型ハリアーの室内・居住空間(パッケージング)はどうだろうか。

ハリアーは従来型でも十分に広い空間を確保していた。新型はホイールベースを30mm拡大した効果もあって、後席は一層快適さを増した。

前席はサイズに余裕を持たせ、肩の部分まで乗員を包み込むようにサポートする。

LサイズSUVらしく、後席も含めてシートの仕上げも上質だ。

荷室の床面積も十分に確保され、居住性と積載性は良好だ。SUVが備える実用的なメリットも高めた。

[筆者:渡辺 陽一郎]

トヨタ 新型ハリアー Z “Leather Package”(ハイブリッド) 主要スペック

■全長/全幅/全高:4,740mm/1,855mm/1,660mm

■ホイールベース:2,690mm

■トレッド:1,605mm(前)1,625mm(後)

■最低地上高:195mm

■車両重量:1,710kg(FF)1,770(4WD)

■最小回転半径:5.5m

■乗車定員:5名

■エンジン:直列4気筒直噴(A25A-FXS)

■排気量:2,487cc

■エンジン最高出力:131kW(178ps)/5,700rpm

■エンジン最大トルク:221Nm(22.5kgf・m)/3,600~5,200

■システム出力(FF/4WD):160kW(218ps)/163kW(222ps)

■トランスミッション:電気式無段変速機

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
300.4万円504.6万円
中古価格:
35万円535万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる