見比べると良くわかる! 新旧ハリアーを画像で比較!

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年4月13日、トヨタは新型ハリアーを発表した。4代目にあたる今回の新型では、クルマのポテンシャルだけではなく、より流麗で優雅なデザインへと進化した。

新型ハリアー(4代目)と先代ハリアー(3代目)を部分ごとに写真で比較をしながら、デザインはどのような変貌を遂げたのか、追加された機能などもチェックしていく。

>>新型ハリアーはここが変わった! 拡大写真などをフォトギャラリーで見る!

エクステリア比較

フロントビュー比較

■ヘッドライト拡大

フロントグリルからヘッドランプへと流れるような連続性のあるデザインは先代から引き継いでいる。新型ではグリル下部のメッキを連続させ、ヘッドライトの縦幅を狭めたことで、シャープな印象を際立たせたフロントビューとなった。

L字型に発光するデイタイムランニングランプが2つ並んだシグネチャーランプを採用。コンパクトながらも力強いデザインとなっている。

■鷹エンブレムからトヨタエンブレムへ

先代までのフロントグリルにはタカ科のチュウヒがモチーフであるハリアー独自の「鷹のエンブレム」が装着されていた。

しかし4代目となる新型では、ほかのトヨタ車と同様のトヨタエンブレムとなっている。

■サイドミラーの位置変更

先代はAピラーにサイドミラーが装着されていたが、新型ハリアーでは新型RAV4と同様に、ドアにサイドミラーを装着した。これによりサイドミラーとピラーの接続部分に発生していた死角が解消された。

リアビュー比較

車幅は20mm広くなり、左右への張り出しが強調されたホイールハウスにより、先代に比べ低重心でスポーティな造形となった。

■テールランプ・ストップランプ比較

また横一文字に光るテールランプのデザインは先代から受け継いでいるが、より細く水平基調なデザインとなり、シャープな印象となった。さらにリア上部に光るストップランプは、左右にのび、先代よりも2倍以上の長さとなったことで水平基調を強調している。

サイドビュー比較

ボディサイズは新型ハリアーは、先代ハリアーに対し全長が15mm、ホイールベースは30mm長くなっている。

サイドからリアにかけて、サイドガラスの上下幅を狭めながら後方へと絞り込まれたキャビンも先代を引き継いだデザイン。流麗でエレガントなクーペフォルムにさらなる磨きをかけた。

ダイナミックに立体的な変化をするキャラクターラインによって強い動感が表現されている。

▼関連記事▼

初代から続く歴代ハリアーの変遷、4代目となる新型ハリアーの気になる特徴や進化ポイント、ライバルモデル情報が知りたい人は下記関連記事をチェック!

インテリア比較

■ハンドル周り比較

■前シート比較

■センターコンソール比較

■ドアトリム比較

新型ではナビを上方へ押し出し、スイッチ類を中央に集めたことでスマートな配置となった。「馬の鞍」をイメージしたセンターコンソールは、幅広く立体感を持たせており、上質な革で表皮を覆っている。また曲木(まげき)に着想した「ウッド調加飾」やつなぎ目部分にアクセントを加える「パイピング加飾」を随所に配し、上質感を演出している。

インパネから左右のドアトリムにかけて、水平基調・左右対称を強く意識した作りとなり、先代に比べすっきりとしている。

■電動シェード・調光機能付きパノラマルーフ

トヨタでは初採用となった調光ガラスを用いた電動シェード付パノラマルーフ。調光時には、障子越しのような柔らかい光が差し込む上質な空間を醸し出してくれる。

■前後方向映像の録画が可能なデジタルインナーミラー

デジタルインナーミラーは走行中に後方映像を映すだけではなく、前後方向の映像が録画可能となっている。こちらもトヨタ初採用だ。

T-Connect SD ナビゲーションシステムは、12.3インチTFTタッチワイドディスプレイを採用。

iPhoneを接続可能な「Apple CarPlay」、Android(アンドロイド)のスマートフォンが接続可能なAndroid Autoが標準で装備されていることで、ルート案内、電話をかける、メッセージの送受信、音楽を聴くといったこともナビにて操作が可能になった。

新型ハリアーの詳細をもっと知りたいという人は関連記事も要チェック!

▼関連記事にて新型ハリアーをもっと詳しく解説!▼

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
300.4万円504.6万円
中古価格:
35万円535万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 遊季亭 川奈別邸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる