新型ハリアーはコスパ最強? 格上のレクサス NXを超える“超イイ”クルマに

画像ギャラリーはこちら
2020年6月に大人気suvの新型ハリアーがモデルチェンジする予定だ。内容から判断するにクルマとして、格段にレベルアップしている模様。そこで、発売前に価格的にも“ちょっと格上”のレクサス NXと走行性能を比較! 果たしてハリアーはレクサスを超えたのか?

>>デビュー間近の新型ハリアーを詳しく画像でチェック(全65枚)

目次[開く][閉じる]
  1. 現行ハリアーとNXは大きな特徴のないフツーな仕上がりだった
  2. 新型ハリアーはしなやかな高級感ある走りに|兄弟車のRAV4とも明確な棲み分けを実現
  3. 動力性能が格段にアップ! もはやレクサス越えも確実
  4. 燃費も新型ハリアーの勝ち! 実燃費はRAV4より少し劣る程度

現行ハリアーとNXは大きな特徴のないフツーな仕上がりだった

現行ハリアーのは2Lガソリンターボとハイブリッドはそれなりの速さを持っているが、特に「運転して楽しい」とか「乗り心地がいい」という目立つところはない。

一方のレクサス NXの走りはスポーティ、同クラスの乗用車とほぼ同じ感覚で運転できるという印象だ。輸入車を含め500万円オーバーのプレミアムSUVとして見ても全体的に印象に残る部分や個性はそれほどないものの、及第点と言えるレベルに仕上がっている。

現行ハリアーとNXの実力は以下の記事で確認▼

新型ハリアーはしなやかな高級感ある走りに|兄弟車のRAV4とも明確な棲み分けを実現

次期ハリアーは、RAV4と同じ最新のプラットホームやパワートレーンを使う。RAV4はハンドリングや動力性能の評価も高く、兄弟車になる次期ハリアーのハンドリングや乗り心地が、かなりのレベルに仕上がっていることは間違いない。

さらに期待を込めれば次期ハリアーがゴージャスなキャラクターということを考慮し、さらに“しなやか”“快適”といった、より日本の道路環境に合った乗り味になっていれば2台の棲み分けを含め文句ない。

>>兄弟車のRAV4と何が違う? 画像で比較するならコチラ

動力性能が格段にアップ! もはやレクサス越えも確実

現行RAV4と同じ2リッターガソリンNAと2.5リッターハイブリッドを搭載する動力性能に関しては、公表された新型ハリアーで最上級となるZレザーパッケージの車重を見ると、RAV4に対し50〜100kg程度重いようだ。このため絶対的な加速力などは現行RAV4に対し若干見劣りすることになる。

しかし、RAV4の動力性能はライバル車に対し、大きなアドバンテージを持っている。次期ハリアーで重量増によりスポイルされても大きなアドバンテージが少し減るだけで、それは些細なことだろう。

プレミアムカーということもありNXの車重は次期ハリアーよりも重い。さらに、ハイブリッドシステムが一世代前のものであるため、レクサスというプレミアムブランドながら次期ハリアーには完敗となるだろう。

>>新型ハリアーとNXはこんなに違う! エクステリアと車内を画像で比べよう

燃費も新型ハリアーの勝ち! 実燃費はRAV4より少し劣る程度

新型ハリアーの燃費は現時点で公表されていないが、現行RAV4は実用燃費を計測したところ、それぞれ4WDで2リッターガソリンNAが14km/L、ハイブリッドが20km/Lオーバーであった。

次期ハリアーの燃費はRAV4に対し重量増により5%程度落ちると筆者は予想しているが、これも動力性能同様に気にするほどのことではないだろう。

一方のNXは、動力性能同様に次期ハリアーに対しては車重の重さとハイブリッドシステムの古さにより、完敗だ。

ちなみにRAV4のガソリン車&ハイブリッドの実燃費はコチラをチェック▼

次回は内外装のデザイン比較

新型ハリアーの内外装デザインはご覧の通りかなり高級感がアップし、輸入車と比較しても遜色ないデキに。そこで格上ブランド、レクサス NXと徹底的に比較する!果たして新型ハリアーの進化の度合いやいかに?

【筆者:永田 恵一】

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
299万円504万円
中古価格:
42.1万円595.4万円
レクサス/NX
レクサス NXカタログを見る
新車価格:
454.6万円632.7万円
中古価格:
222.4万円4,105万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おちあいろう
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる