欧米向けカローラがカッコいい! 日本向けと違う!? 同じはずなのに妙に格好良く見える秘密とは

画像ギャラリーはこちら
何でもかんでも「欧米最高!」と外国カブレのように言うつもりはない。でも…欧州や北米仕様のカローラは、やっぱりちょっと格好良かった! なんで!? 改めて欧州カローラと日本のカローラを比較してみた。

妙にカッコいい! 欧米仕様のカローラを写真で見比べてみる

累計4750万台! 世界の大衆車ブランド「カローラ」

1966年に登場して以来、累計4750万台というとんでもない台数を販売してきたトヨタのグローバルカー「カローラ」。

2019年9月(ハッチバックのカローラスポーツのみ先行して2018年6月登場)にフルモデルチェンジした現行型で12代目となる。

これだけ長く、しかも数多く造られてきた大衆車ブランドは世界でもなかなかない。

ユーザーの需要に寄り添って、自在に変化し続けてきた

世界中で愛され続けきたブランドだけあって、単にカローラと言いながら、そのバリエーションは実に多い。

定番のセダン、ハッチバック(現行型ではカローラスポーツ)、ワゴン(同カローラツーリング)に加え、歴代モデルの中ではクーペ(カローラレビン、カローラセレス)やハイトワゴン(カローラルミオン)、コンパクトミニバン(カローラスパシオ)、そして近年ではSUVモデル(日本未導入のカローラクロス)まで存在している。

節操がない!? いや、常にユーザーのニーズに寄り添い、時代の流れに合った幅広い展開を繰り広げてきた努力こそ、カローラブランドが永年にわたり支持され続けてきた理由のひとつなのは間違いない。

欧米向けカローラにも、各地域オリジナルの専用モデルが用意されていた

幅広い展開は日本だけに留まらない。北米や欧州、アジアなど、それぞれの国や地域に応じた仕様は常にカローラに設定されている。

上の写真のモデルは、北米仕様の「Apex Edition」(2021年モデル)だ。なかなかイカツくてカッコいい! アペックスと聞くと往年のカローラレビンに設定された上位グレード名を思い出す方も多いはずだが、これは専用エアロパーツやローダウンサスペンションなどを備える特別仕様の限定車だ。

続いてこちらは、欧州仕様のワゴンモデル「カローラ ツーリングスポーツ」を派生させたクロスオーバーモデル、『カローラ トレック』。黒い樹脂パーツによるフェンダー部などの加飾や専用グリル、専用アルミホイール、専用内装などでSUV風の雰囲気を持つ。これは自転車ブランド「トレック」とのコラボモデルだ。

欧州では早くもカローラのGRスポーツも誕生している。派手な加飾は抑えられ、ぱっと見では気付かれないほどかもしれないが、ピアノブラックの加飾や大径ホイールがなかなかシブい雰囲気を醸し出している。セダンの他にワゴンや5ドアハッチ版にも設定されている。

海外仕様のカローラが妙にカッコいい理由とは

それにしても、海外仕様のカローラは妙に格好良く見える。写真の背景に映る欧米の景色がそう想わせるのだろうか。種明かしをすると、日本仕様のカローラだけは、世界のカローラとはちょっと違う特別版だったのだ。

日本仕様のカローラは、ちょっと小さな特別版だった

日本仕様のカローラセダンのボディサイズは、全長4495mm×全幅1745mm×全高1435mm、ホイールベースは2640mm。

これに対しグローバルモデルは、全長4630mm×全幅1780mm×全高1435mm、ホイールベース2700mmとなっている。全長で135mm、全幅で35mm、ホイールベースで60mmと、それぞれ海外向けモデルのほうが長くて幅が広い。

数値で見るとわずかなようにも思えるが、この差が大違い。見た目の印象も大きく左右していたのだ。

カローラならではの精神が日本独自の仕様を誕生させた

先代のカローラ(カローラアクシオ/カローラフィールダー)は、既に3ナンバー化していたグローバル仕様とは異なり、日本専用の5ナンバーモデルだった。

新型では全世界でプラットフォームを新開発のTNGA GA-Cプラットフォームに統一。その際、従来同様の使い勝手を死守するため、わざわざちょっと小さめな日本仕様を用意した。3ナンバーサイズにはなったものの、最小回転半径を従来同様に収めたり、ドアの開口角度を工夫してドアの開く幅は5ナンバーの従来型と同等とするなど、きめ細かな配慮が加えられた。

こうした姿勢は、まさに「ユーザーの需要に寄り添う」カローラの精神そのものと言える。そう思うと、急に日本仕様も格好良く見えてくる!?

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

トヨタ/カローラ
トヨタ カローラカタログを見る
新車価格:
193.6万円294.8万円
中古価格:
29.9万円280.5万円
トヨタ/カローラツーリング
トヨタ カローラツーリングカタログを見る
新車価格:
201.3万円299.8万円
中古価格:
169.8万円362.6万円
トヨタ/カローラスポーツ
トヨタ カローラスポーツカタログを見る
新車価格:
216.9万円284.1万円
中古価格:
141万円334万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ カローラの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる