【2022年】トヨタ 新型GRカローラの価格がついに発表! ベースとなるカローラスポーツの倍近い値段となった新型GRカローラと通常カローラの違いをご紹介

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:トヨタ自動車
画像ギャラリーはこちら

TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ ガズーレーシング)は2022年12月2日(金)、台数限定販売となる新型GRカローラ RZと新型GRカローラ モリゾウエディションの抽選申し込み受付を開始しました。2022年12月19日(月)まで申し込みを受け付けており、2023年春に発売を予定しています。今回、抽選の申し込みを行う2つのグレードのスペックや価格、装備内容をご紹介します。

目次[開く][閉じる]
  1. 新型GRカローラ RZは500台限定発売となる
  2. 安定感のある走りと高い旋回性能を実現|新型GRカローラ RZのボディサイズ
  3. スポーツカーらしくブラック塗装を施した|新型GRカローラ RZのインテリア
  4. GRヤリスよりパワーアップしたエンジンが魅力|新型GRカローラ RZのエンジン(動力源)
  5. 新型GRカローラの価格
  6. 新型GRカローラの申し込みフロー

新型GRカローラ RZは500台限定発売となる

新型GRカローラ RZはすでに世界初公開を果たしているモデルです。発表当初、新型GRカローラ RZは通常販売との触れ込みでしたが、新型コロナウイルスの感染拡大や半導体不足などの影響により、まずは500台の抽選発売となります。生産状況を見ながら追加販売を検討するとのことです。一方、新型GRカローラ モリゾウエディションは70台の抽選販売となります。

安定感のある走りと高い旋回性能を実現|新型GRカローラ RZのボディサイズ

新型GRカローラ RZは通常のカローラと何が違うのでしょうか。

ベースはトヨタ カローラスポーツです。カローラスポーツのボディサイズは全長4375mm×全幅1790mm×全長1460mm。全体的なフォルムは新型GRカローラ RZとカローラスポーツは変わりません。

ホイールベース2640mmのロングホイールベースが生み出す高速域での操縦安定性を受け継ぎながら、新型GRカローラ RZのボディサイズは全長4410mm×全幅1850mm×全高1480mm(GRカローラ モリゾウエディションは全高1475mm)となっています。全幅を広げ、左右の車輪間距離が広くしたことから高い旋回性能を実現しています。

スポーツカーらしくブラック塗装を施した|新型GRカローラ RZのインテリア

新型GRカローラ RZの内装(インテリア)は、ドアトリムオーナメントやインストルメントパネルなどへ鋳物ブラック塗装を施し、ステアリングやコンソールにはウルトラスエード表皮を採用。スポーティな室内空間に上質さも合わさり、走りだけではない大人のスポーツカーとして完成度を高めています。

GRヤリスよりパワーアップしたエンジンが魅力|新型GRカローラ RZのエンジン(動力源)

新型GRカローラ RZと新型GRカローラ モリゾウエディション共通となるエンジンは、GRヤリスにも搭載されている1.6L 直列3気筒エンジンです。GRヤリスより32馬力高めた最高出力304馬力を発生、最大トルクはGRヤリスと同じ370Nm(モリゾウエディションは400Nm)を達成。高い出力にも対応できるようピストンを強化し、センターマフラーを追加しました。

また、GRヤリスに搭載したスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」をスーパー耐久シリーズで活躍する水素エンジンのカローラの開発を通じて新型GRカローラ仕様に最適化して採用しています。

新型GRカローラの価格

新型GRカローラ RZはカローラスポーツ5ドア5人乗りの利便性をそのままにすることで、日常生活での使い勝手と走る楽しさを両立しました。

新型GRカローラ モリゾウエディションはモリゾウこと豊田章男社長が自ら試作車のハンドルを握り、「お客様を魅了する野性味」を追求して作り込んだモデルです。

新型GRカローラ モリゾウエディションは新型GRカローラ RZと比ベてリアシートを撤去し乗車定員を2名としたことで約30kgの軽量化を実現しました。エンジン性能面では最大トルクを370Nmから400Nmへ向上。中回転域のトルクを高めることで加速性能を高めています。

さらに10mm拡幅したハイグリップタイヤを採用することでコーナリング時の安定性・ブレーキ性能を高めました。

しっかりと体をホールドする専用セミバケットシートも備え、走行性能向上によってドライバーに多くのGがかかる中でも、 正確なドライビングをサポート。「気持ちが昂り、ずっと走らせていたくなる」走りの味を実現しています。

新型GRカローラ RZは5人乗りで、価格は535万円です。新型GRカローラ モリゾウエディションは2人乗りで715万円です。

新型GRカローラの申し込みフロー

新型GRカローラの抽選方法を最後にお伝えしましょう。

新型GRカローラ RZは500台限定でWEB上で申し込みを受け付けます。申し込みの受付期間は2022年12月19日(月)までで2023年1月13日(金)に当選連絡を行い、順次商談が始まります。2023年春に順次配車を予定しています。

新型GRカローラ モリゾウエディションは70台限定で2022年12月19日(月)までGRガレージの店頭で申し込みを受け付けます。2023年1月6日(金)に当選連絡を行い、順次商談が始まります。2023年春に順次配車を予定しています。

ベースとなるカローラスポーツの最上グレードG”Z”は289万円です。それを考えると倍近い値段となっていますが、装備内容を考えると走りを極めたいユーザーにとっては買い得モデルと言えます。台数限定となっているので、気になる方は早めに申し込みをすべきでしょう。

【筆者:MOTA編集部 カメラマン:トヨタ自動車】

トヨタ/カローラ
トヨタ カローラカタログを見る
新車価格:
202.9万円333.8万円
中古価格:
55.1万円518万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ カローラの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる