豊田章男社長が語る“大衆車”カローラに対する想い|トヨタ 新型カローラ発表会レポート

カローラスポーツ登場から1年、日本にもっとジャストフィットなカローラがやってきた

トヨタから、12代目となるロングセラーブランド、新型「カローラ」(セダン)と「カローラツーリング」(ワゴン)の2モデルが発表された。

既に先行して2018年6月にはハッチバックモデルの「カローラスポーツ」が発表済み。プラットフォーム(車両の基礎となる車台)を新規開発したカローラスポーツは、発表当時からプレス発表資料などにも「12代目のさきがけ」「新世代ベーシック」と明記されており、セダンやワゴンモデルの展開も暗示されていた。1年以上が過ぎ、晴れて正式発表となったワケだ。

>>歴代モデルも勢揃いしたカローラ発表会の模様を画像で見る[フォトギャラリー]

世界共通の新プラットフォームを採用しながら日本専用にサイズを縮小

ただしカローラスポーツは、主に欧州市場に向け設計されたハッチバック「オーリス」の後継モデルであり、ボディサイズも全幅1790mmと、高級セダン「クラウン」の車幅1800mmに迫るワイドボディ。従来型の国内向けカローラ(カローラアクシオ/カローラフィールダー)が車幅1695mmと5ナンバー枠内に留まることを考えたら、いきなり100mm近い拡幅は多くの既存オーナーには受け入れがたいことだろう。

発表会で開発責任者であるトヨタ自動車の上田 泰史 チーフエンジニア(CE)は、新型カローラが『日本にジャストフィットな国内専用パッケージ』であることを強調した。新規開発された世界共通のTNGA(Toyota New Global Architecture)プラットフォームを用いながらも、世界向けモデルに対し国内専用でホイールベースを縮小し車幅を狭め、ドアミラーなどにも工夫を加えた。結果として、小回り性能やドアミラーを畳んだ際の車幅などが、5ナンバーサイズの従来型とほぼ変わらない寸法を保つことが出来たのだ。

新型カローラの詳細については、解説記事なども併せてチェックして欲しい。

トヨタ 新型カローラに速攻試乗|ハイブリッドと1.8リッターガソリンモデル、買いなのはどっち!?

カローラもついに3ナンバー車へ|トヨタ、カローラをフルモデルチェンジ

トヨタ カローラ(セダン) サイズ比較表
車種名新型カローラ
(セダン)
従来型比
(アクシオ)
欧州仕様比
全長(mm)4,495mm+95mm-135mm
全幅(mm)1,745mm+50mm-35mm
全高(mm)1,435mm-25mm+40mm
ホイールベース(mm)2,640mm+40mm-60mm
トヨタ カローラツーリング(ワゴン) サイズ比較表
車種名新型ツーリング
(ワゴン)
従来型比
(フィールダー)
欧州仕様比
全長(mm)4,495mm+85mm-155mm
全幅(mm)1,745mm+50mm-45mm
全高(mm)1,460mm-50mm0mm
ホイールベース(mm)2,640mm+40mm-60mm

豊田章男社長が語る“大衆車”カローラに対する想いとは

ステージのスクリーンでは、マスタードライバー(開発に携わることの出来る高度なドライビングテクニックを持つ者への特別な社内称号)でもあるトヨタ自動車の豊田 章男社長がテストコースで試乗する様子も放映。新型カローラを『ストレスを感じることなく気持ち良く運転出来る』と評した。

またその後のビデオメッセージでは『多くの人に愛されるクルマ(大衆車)だからこそ、絶対に“コモディティ(汎用品)”と言われるような存在にはしたくない』と、カローラに対する特別な想いを語った。

いっぽうで、発表会場に集まった販売店関係者に向け『大衆車とは、街にたくさんあふれるということ』(だから)『たくさん、売ってください』と、ユーモアを交えながらストレートなメッセージが飛び出していた。

初代カローラ1100を53年に渡り乗り続けたオーナーが登場

発表会は開発者らのプレゼンに続き、第二部としてトークセッションが行われた。ステージには上田CEとトヨタ自動車 吉田 守孝 副社長、そして特別ゲストとして、元TBSアナウンサーで日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員も務める安東 弘樹さんの3名が登壇。1966年のデビュー以来53年もの長い歴史を持つカローラについて、様々な意見が交わされた。

スクリーンでは、初代カローラ1100を購入して以来53年に渡り所有し続け「(カローラは)妻よりも長い付き合いで、ええ友だちや」と笑顔で語っていた大阪府の石本さんなど、歴代オーナーのエピソードを放映した。石本さんは会場にも招待されていたため、吉田副社長がトヨタを代表して直接感謝の言葉をかけるシーンも見られた。

さらに予約注文を入れた未来の新型カローラオーナーたちもスクリーンで紹介。それぞれ「スタイリッシュ」「カッコいい」「すてき」「今までと違う」など、特にデザインに関する声が大きかったことが印象的だった。会場に招待された栃木県の増山さん(カローラツーリングを購入予約済み)は、実車を見た感想を聞き『やっぱり凄い』『カッコいい』と次々話し、先行予約して良かったと満足そうだった。

ユーザーからの辛辣な意見や気になるストレートな質問にトヨタが回答!?

さらにSNSを通じユーザーから受けたトヨタ カローラに対する問いやメッセージについて、安東氏が開発者へ直撃した。

「最近のカローラは若い人が乗っていないイメージだ」との辛辣な意見に対し上田CEは『確かにここ最近のモデルはその通り』と認めたうえで『新型はもっと若い人にも乗ってもらえるクルマだ』とし、先行発売したカローラスポーツの若いユーザーからの反響の大きさについて紹介した。

また「ベンチマークと言われる欧州車、特にフォルクスワーゲン ゴルフと比べ自信はいかが」との問いに上田CEは『正直なところ強く意識したが、負けていない自信がある』と回答。いっぽうで『カローラらしさも意識した』とも話した。ここに吉田副社長も『日本の道で乗るなら(ゴルフよりも)カローラのほうが勝ってる』と援護射撃を行い、新型カローラの優位性をアピールしていた。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)/撮影:MOTA編集部]

会場に展示された歴代のカローラ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

トヨタ カローラの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラのニュース一覧

トヨタ カローラスポーツの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラスポーツのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラスポーツの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラスポーツの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラスポーツのニュース一覧

新型車リリース速報の最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事