スズキ ハスラーが人気車種になれたワケとは!? その答えは安すぎる価格設定と豊富なカラーバリエーションにあった

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
軽SUVというジャンルを確実なものとしたのはスズキ ハスラーだ。2013年に初代モデルを投入以来、大ヒットとなっている。さらには、ダイハツからライバル車「タフト」が登場するなど、軽SUV市場は大盛況という状況だ。でも一体なぜハスラーはここまでヒットを記録することができたのだろうか!?
目次[開く][閉じる]
  1. 世界的な小型SUVブーム直前に絶妙なタイミングで現れた初代ハスラー!
  2. ハスラーヒットの要因はデザインと豊富なカラバリにあり
  3. 初代ハスラーはワゴンRより安かった! ヒットの要因は価格設定も大きかった
  4. 豪雪地帯ユーザーも納得! かつてあったKeiの後継モデルとしても人気に

世界的な小型SUVブーム直前に絶妙なタイミングで現れた初代ハスラー!

スズキ 初代ハスラーが登場したのは2013年のこと。現在は世界的なSUVブームとなっており、国内外問わず各メーカーがとくにコンパクトSUVを投入しているという状況だ。

だが、2013年当時の国産コンパクトSUVといえばホンダ 初代ヴェゼル、あるいは日産 ジュークといった程度で、これから盛り上がるか? といった状況であった。要するに初代ハスラーは投入時期は絶妙なタイミングだったのだ。

>>初代ヴェゼルはなぜバカ売れしたのか!? そのワケは使い勝手バツグンのシートアレンジと車内にあった

ハスラーヒットの要因はデザインと豊富なカラバリにあり

もちろんハスラー自身の魅力も人気車となった理由のひとつだ。とくに丸目ヘッドライトを採用したうえ、当時は軽自動車でほとんど採用例がなかった2トーンカラーを用意するなど豊富なカラーバリエーションも大きな要因である。

初代ハスラーはワゴンRより安かった! ヒットの要因は価格設定も大きかった

そしてハスラーがワゴンRをベースとしているだけでなく、価格設定も見事であったのだ。ハスラーのような派生モデル、とくにクロスオーバーSUVモデルは高い価格設定となることが多いが、当時のワゴンRと比べてもほとんど価格差は存在しなかったのだ。

ちなみに初代ハスラーのデビュー当時の価格は104万8950円〜157万6050円であったのに対し、ベースのワゴンRは108万2160円〜150万120円となっていた。クロスオーバーSUVにもかかわらず、ワゴンRよりも安いグレードも存在したほどなのだ。

>>こんな売れるハズじゃなかった?! スズキ ハスラー開発者インタビュー

豪雪地帯ユーザーも納得! かつてあったKeiの後継モデルとしても人気に

かつてスズキは1990年代後半〜2000年代前半にかけて「Kei」というモデルをラインアップしていた。じつはこのモデルはハスラーと似たコンセプトを持つクロスオーバーSUVモデルであったのだ。ハスラーほどのヒットとはならなかったものの、北海道などをはじめとする豪雪地帯でとくに人気を誇ったモデルである。

>>大人気ハスラーにじつは20年前先祖がいた! 大ヒットとはならなかったが、なぜハスラーは大人気車種になれたのか!?

長らく後継モデルが不在であったが、10年以上の時を経て投入

Keiの販売期間は比較的長く、1998年〜2009年と10年間もラインアップされていた。豪雪地帯のKeiオーナーは販売期間が長ったために、同じモデルを乗り継ぐひとも人も相当数いたという。その要因としてはKeiの後継モデルが存在しなかったことに尽きる。そのためスズキとしては是が非でもKeiの後継モデルが必要であったのだ。

そして14年の時を経て2013年にハスラーが投入されたと言うワケだ。都内近郊のスズキディーラーによれば「ハスラーが登場した際はKeiからの乗り換えも数多くいた」と語るほどなのだった。

まとめるとスズキ ハスラーがここまで大ヒットを飛ばすモデルと慣れた要因は、豊富なカラーバリエーションと価格設定。そして過去のモデルユーザーの受け皿となったことも大きな要因なのだった。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

スズキ/ハスラー
スズキ ハスラーカタログを見る
新車価格:
128万円182.4万円
中古価格:
38万円902.2万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... KANAYA RESORT HAKONE

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スズキ ハスラーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ハスラーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ハスラーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ハスラーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ハスラーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる