初代ヴェゼルはなぜバカ売れしたのか!? そのワケは使い勝手バツグンのシートアレンジと車内にあった

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
今世界的な人気を博しているSUVだが、じつはそのブームを確実なモノにしたのはホンダ 初代ヴェゼルだ。デビューした2013年当時はまだSUVよりもミニバンが全盛の時代であったのだが、コンパクトな見た目にもかかわらずそんじょそこらのミニバンよりも広い車内。そして何よりカッコいい見た目から瞬く間に人気モデルとなったのだが、今回は超偉大な初代ヴェゼルが人気を博したワケを考えてみたい。
目次[開く][閉じる]
  1. ヴェゼルの大ヒットが起爆剤に! 今のSUV人気を確実なモノに
  2. ヴェゼル大ヒットの要因は2つ! 広い車内とハンパない質感にあった
  3. 魅力を磐石なモノに! 新型ヴェゼルも大ヒット間違いなし

ヴェゼルの大ヒットが起爆剤に! 今のSUV人気を確実なモノに

ホンダ 初代ヴェゼルがデビューしたのは2013年のこと。当時ファミリーカーといえばミニバンであり、今のようなSUVブームが到来する遥か前。2010年に欧州市場に投入された日産 ジュークはあったものの、ライバルと呼べるモデルは数えるほどでまだまだメインはミニバンであったのだ。

デビュー6年目に首位奪還! 超異例の人気っぷり

そんな時代にデビューした初代ヴェゼルはコンパクトな見た目とは裏腹に広大な後席と多彩なシートアレンジを実現。そしてスタイリッシュな見た目から一躍スター街道を駆け上がっていったのだった。

事実ヴェゼルはデビュー翌年の2014〜3年連続でSUV新車販売1位に君臨。ここまでのヒットには、エクストレイルなどクラス上のモデル並みの広さなのに、ハイブリッドでも200万円台というコスパの良さもヴェゼルヒットを磐石なモノとしたのだった。

その後2017年に登場したトヨタ C-HRにその座を奪われるも、2019年の上半期には再び1位を奪還するほどの人気っぷりなのだ。デビューから6年目で1位に返り咲くことは稀で、名実ともにヴェゼルの功績を証明した結果であった。

ヴェゼル大ヒットの要因は2つ! 広い車内とハンパない質感にあった

とはいうものの、どんな理由でここまでのヒット作となったのだろうか!? 筆者は初代ヴェゼルの爆発的ヒットを獲得した要因は大きく2つあると考える。

ライバルはマネできず……ホンダ独自技術で実現した超広い車内

一つはホンダ独自のセンタータンクレイアウトで、この技術は2001年にデビューした初代フィットまで遡る。

簡単に言えば通常車体後方にレイアウトするガソリンタンクを薄く設計し、フロントシート下に配置。これにより広大なリアシートスペースとラゲッジルームを確保しているのだ。

ヴェゼルはもともとフィットと基本コンポーネンツを共有しているために、ヴェゼルにもこのセンタータンクレイアウトを採用。これにより、想像以上の広さを確保できたというワケ。

単に広いというだけでは他のモデルも同じであるが、最大の特徴は簡単なシートアレンジにある。例えばリアシートの座面を持ち上げ、ロックするだけで完了するチルトアップ機構。さらにはラゲッジ側からのシートアレンジも簡単で、事実女性でも片手で操作できるほど簡単なのだった。

質感が高級車並! 高級車特有のパーツ使用で高級感を

そしてふたつめの理由は使いやすさとデザインを両立した運転席まわりにあると考える。というのも初代ヴェゼルのインパネは運転席側にオフセットされており、どこかスポーツカーのようなデザインとしている。

特筆すべきは質感が他車を圧倒するほどのクオリティであった点。元々高級車に多く採用されていたソフトパッドをインパネ全体に使用し、見た目だけでなく触り心地も好印象。そしてなにより高級感が半端なかったのだ。

今でこそ軽自動車にすら使われているソフトパッドだが、2013年当時は500万円以上のクルマがほとんどで、200万円台〜という現実的な価格帯のクルマに使われることは少なかったのだ。

カップホルダーの使い勝手は世界一だった

デザインと質感は高いが、使い勝手はイマイチというモデルも多いが、初代ヴェゼルは使い勝手も凄まじかった。筆者はこれまで何十回とヴェゼルをテストしてきたが、文句の付け所がないほどなのだ。

特に気に入っていたのが、センターコンソール内の超万能なカップホルダーだ。高さを2段階で調節できるため、500mlのペットボトルを収納しても腕と干渉しない工夫がなされているなど、きめ細やかな心遣いがたまらなかったのだ。

見た目はイイが使い勝手はイマイチだったUSBポート

唯一、改善点をあげるならば、それはUSBポートの位置にある。ヴェゼルのセンターコンソールはフローティングデザイン(浮いているようなイメージ)を採用しており、その影にUSBポートを配置していた。

わずらわしい配線をスマートに見せるという、いかにも日本人らしい心遣いからこのデザインとなっているのだが、これが使いづらかった。まずUSBを接続する際に下をのぞく必要があり、正直使いやすいという代物ではなかったのだ。慣れてしまえば、問題はないのだが。

魅力を磐石なモノに! 新型ヴェゼルも大ヒット間違いなし

今回は初代ヴェゼルが爆発的ヒットを飛ばした理由を振り返ってみたが、まもなくデビューする新型ヴェゼルに期待するばかりである。

筆者はすでに新型ヴェゼルを取材済みなのだが、現行ヴェゼルの良さであるセンタータンクレイアウトによる広い車内はもちろん継承。そしてインパネの質感も相変わらずのハイクオリティであった。ただ、初代で感動した使いやすいカップホルダーが、カップホルダーがフツーのタイプに変更されていた点は残念だった。

ともあれ、現行モデルの良さを継承し、さらなる進化を遂げた新型ヴェゼル。おそらく初代モデルと同様に爆発的ヒットを記録すること間違いなしだが、今は各社がこぞってSUVを投入する時代。それだけに、どんな戦いを繰り広げるのか今から楽しみだ!

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

ホンダ/ヴェゼル
ホンダ ヴェゼルカタログを見る
新車価格:
227.9万円329.9万円
中古価格:
108.2万円339万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和味の宿 角上楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ ヴェゼルの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ ヴェゼルのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ ヴェゼルの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ ヴェゼルの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ ヴェゼルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる