大人気ハスラーにじつは20年前先祖がいた! 大ヒットとはならなかったが、なぜハスラーは大人気車種になれたのか!?

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
デビュー以来大ヒットとなっているスズキ ハスラー。数少ない軽自動車のSUVモデルとして2013年にデビューをしているが、じつは1998年に名前こそ違うがほとんど同じパッケージングのKei(ケイ)を発売していたのだ。実績としてはハスラーほどの大ヒット車種とはならず、そこそこの売り上げを記録していた。そこで今回はスズキ ハスラーの知られざる過去をご紹介するとともに、ここまでの大ヒットとなった理由を考えていこう!
目次[開く][閉じる]
  1. 初代ハスラー出現で軽自動車業界は大変革!? ライバル車種も登場するなど軽SUV市場は大盛況
  2. ハスラーの先祖Keiはデザインに派手さがなかったのが敗因!? ハスラーヒットの要因は見た目と豊富なカラバリ
  3. ハスラー最強モデルに期待! Keiワークスならぬハスラーワークスの登場はあるか!?

初代ハスラー出現で軽自動車業界は大変革!? ライバル車種も登場するなど軽SUV市場は大盛況

スズキ 初代ハスラーは2013年にデビュー。ジムニーなどラダーフレームを備えた本格クロカンモデルは存在したが、軽のSUVはほとんど存在しない時代であった。当時は現在のSUVブームとは異なり、まだまだミニバンなどが台頭しており、今とは違う市場構造であった。

SUVブームが追い風になったのも大きな要因

そんな時代に、バイトワゴンのワゴンRをベースにSUVに仕立て、丸目ヘッドライトや豊富なカラーバリエーションなど売れない訳がない要素満載であった。蓋を開けてみればご存知の通り大ヒットとなり、2019年末にデビューした新型モデルも好調なセールスを黒くしている状況である。

先にも述べた通り、現在は世界的なSUVブームであり、日本も例外ではない。そしてそれは軽自動車にも波及しており、ハスラーを筆頭にダイハツ タフトがラインアップされているのだった。

>>【ハスラーとタフト後席ラゲッジ比較】後席を頻繁に使うならばハスラー、ラゲッジルームをメインに使うならタフトがおすすめ

ハスラーの先祖Keiはデザインに派手さがなかったのが敗因!? ハスラーヒットの要因は見た目と豊富なカラバリ

ハスラーの歴史、そして今の市場の話はこの辺にして、ハスラーの前身モデルの存在についてに移ろう。

じつは1998年に軽でしかもSUVモデルであるKeiを発売させていた。当時のスイフトの軽自動車版というイメージで、76万円〜と言う破格の価格設定であったのだった。

だか、現在のハスラーのように大ヒットとはならず、言葉を選ばずに言えばまあまあの記録であった。というのもデザインや性能に特筆すべき点もなかったというのが大きな要因であった。

逆に言えば、ハスラーが人気車種となれたのは時代背景はあるにせよ、特徴的なデザインや広い車内、そして豊富なカラーバリエーションが大きな要因であるのだ。

ハスラー最強モデルに期待! Keiワークスならぬハスラーワークスの登場はあるか!?

そしてKeiには走行性能を高めたKeiワークスなるモデルもラインアップさせるなど、現在とは異なるアプローチで戦っていたのも興味深い。このKeiワークスはイメージ的にはアルトに対するアルトワークスといった具合で、最強モデルという立ち位置だ。ちなみにこのモデル、現在中古車市場でプレミア価格で取引されているのだ。

現在のハスラーは走行性能や使い勝手、さらには乗り心地といった全ての面で文句のつけようのないデキである。だが、Keiワークスのように最強モデルなど、新たな派生モデルなども追加して欲しいところ。ライバル車種が出現した現在、ハスラーの次なる一手に期待したい!

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

スズキ/ハスラー
スズキ ハスラーカタログを見る
新車価格:
128万円182.4万円
中古価格:
37.6万円250万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 石苔亭いしだ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スズキ ハスラーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ハスラーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ハスラーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ハスラーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ハスラーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる