ハスラー、ムーヴキャンバスにワゴンRスマイル! 運転しやすく見た目も可愛い軽自動車3選

画像ギャラリーはこちら

軽自動車の主流といえば、ホンダ N -BOXやスズキ スペーシア、ダイハツ タントといったスーパーハイト系だ。

こうしたモデルは室内空間の広さは抜群だが、車高が高く、死角も多いため、運転に不慣れな人にとっては少し難しさを覚えるかもしれない。そこで、今回は見た目も可愛らしく、運転しやすい軽自動車を3台紹介したい。

目次[開く][閉じる]
  1. スズキ ハスラー
  2. ダイハツ ムーヴキャンバス
  3. スズキ ワゴンRスマイル

スズキ ハスラー

スズキ ハスラーはアウトドア派の人にオススメしたい一台だ。クロスオーバー風の外観でありながら、丸目ヘッドライトやスクエア型のボディなどで見た目も少し柔らかい印象となっている。運転のしやすさも重要なポイントだが、ハスラーは小柄な車体は取り回しもしやすい。

またハスラーのボディサイズは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1680mm、ホイールベース2460mm。クロスオーバーSUVらしく全高も高いため、運転席からのアイポイントも高く、運転視界が良いのも魅力的だ。

さらに豊富なカラーバリエーションも人気の理由だろう。2代目でも2トーンカラーは継続され、2トーンカラー6種、モノトーンカラー5種の計11色から選ぶことができる。

2代目ハスラーは全車ハイブリッドモデルとなり、ノンターボエンジンがHYBRID GとHYBRID X、ターボエンジンがHYBRID GターボとHYBRID Xターボとなる。2代目ハスラーはHYBRID Xターボ(税込価格は161万2600円~、価格はすべて税込)を筆頭に、HYBRID X(151万8000円~)、HYBRID Gターボ(145万9700円~)、HYBRID G(128万400円~)に加え、2020年11月に追加された特別仕様車J STYLE(159万5000円~)とJ STYLEターボ(168万9600円~)を用意。それぞれ2WDと4WDが設定されており、グレードの選択肢の幅が広い。

ダイハツ ムーヴキャンバス

ダイハツ ムーヴキャンバスは軽ハイトワゴンの「ムーヴ」をベースに後席左右にスライドドアを備えたモデルだ。外観は丸みを帯びたスタイルで、先ほど紹介したルーフとボディカラーで色分けされたスズキ ハスラーとは異なる特徴的な2トーンカラーも可愛らしさを演出している。

ムーヴキャンバスのボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1655mm、ホイールベース2455mmだ。ホンダ N-BOXなどのスーパーハイトワゴンに比べると車高は低いが、サイドウインドウの下端は低く設定されており、運転席からの視界も良い。

ボディカラーのバリエーションも豊富で、2トーンカラーが7種、モノトーンカラーが8種の全15色が用意される。

グレード構成はX”SA III”(143万円〜)、X”ブラックインテリアリミテッド SA III”(150万7000円〜)、X”メイクアップ リミテッド SA III”(150万7000円〜)、G”SA III”(151万8000円〜)、G”ブラックインテリア リミテッド SAIII”(158万4000円〜)、G”ブラックアクセントVS SA III”(156万2000円〜)、G”ブラックインテリアVS SA III”(162万8000円〜)、G”メイクアップリミテッド SA III”(158万4000円〜)、G”ホワイトアクセントVS SA III”(156万2000円〜)、G”メイクアップVS SA III”(162万8000円〜)となる。

デビューから5年以上が経過するムーヴキャンバスだが、いまだにその人気は高い。

ムーヴキャンバスは室内が広いのも特徴だ。後席は左右別々にリクライニングができるほか、240mmものスライド量があるため、乗る人の体格や荷物に応じたシートアレンジが可能。後席下にスライド式の収納を備え、手荷物を気軽に置ける「置きラクボックス」を用意するなど、室内を雑多にしないための工夫も凝らしている。

スズキ ワゴンRスマイル

スズキ ワゴンRをベースに、スーパーハイトワゴンモデルよりも一回りコンパクトながら両側スライドドアを備えて登場した新型モデル「ワゴンRスマイル」。ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1695mm、ホイールベース2460mmと、ムーヴキャンバスやハスラーと比べて全高が高いのが特徴だ。

外観は四角いボディに、丸目LEDヘッドライトを採用したフロントフェイスが可愛らしさを演出。丸目のLEDヘッドライト内には、透明な厚肉インナーレンズを用いたポジションランプを採用。また、メッキの加飾をフロントグリルやフォグランプベゼルに施し、ヘッドライトとの組み合わせにより上質さを表現している。

また、両側にスライドドアを設け、通常のヒンジドアを採用するワゴンRに比べて乗り降りのしやすさもポイント。ワゴンRスマイルのスライドドア部分はスペーシアをベースとしており、開口幅は600mm、リアステップ地上高は345mmとどちらもスペーシアと同等で乗降性に優れている。

スズキ 新型ワゴンRスマイルのグレード展開は全3種類。ベースグレードのG(129万6900円)、中級グレードのハイブリッドS(147万2900円)、そして最上級グレードにあたるハイブリッドX(159万2800円)という布陣。全グレードに4WDモデルをラインアップしており、価格は2WDモデルの価格にプラス12万3200円となっている。

ワゴンRスマイルのボディカラーはルーフとボディ色を2トーンとしたボディカラーが8種、モノトーン4種の計12色を用意。インパクトのあるカラーバリエーションとなっている。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

スズキ/ハスラー
スズキ ハスラーカタログを見る
新車価格:
136.5万円183.4万円
中古価格:
25万円310.6万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スズキ ハスラーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ハスラーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ハスラーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ハスラーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ハスラーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる