ジムニーがレトロな欧州SUVに大変身!?…アウトドアショーで見つけた軽カスタムモデル 人気3選【東京アウトドアショー2022】

画像ギャラリーはこちら

幕張メッセで2022年1月14日(金)~16日(日)、東京オートサロン2022と同時開催された「TOKYO OUTDOOR SHOW 2022(東京アウトドアショー2022)」。キャンピングカーなど様々なモデルが出展される中、ひときわ目をひいていたのは軽自動車のカスタムモデルだった。中でもジムニーやハスラー、タフトなど、人気SUVモデルのカスタムカーに対する注目度が高かった!

目次[開く][閉じる]
  1. 1番人気はジムニーを英国風にカスタムしたコンプリートカー
  2. レトロなデザインにはクラシカルなトレッドパターンの復刻タイヤが良く似合う
  3. タフトに大型グリルがついた!? 違和感ゼロなセルフオマージュモデル
  4. 軍用車テイストがアウトドアに映える! ジムニーみたいなハスラー!?

1番人気はジムニーを英国風にカスタムしたコンプリートカー

エクステリア・インテリアパーツメーカーのDAMD(ダムド)は、「TOKYO OUTDOOR SHOW 2022(東京アウトドアショー2022)」会場に、遊びゴコロいっぱいでかつ完成度が高い、3台の軽ベースコンプリートカーが勢揃い。

中でもスズキ ジムニー(JB64/74型)を英国の老舗クロスカントリー4WD風にカスタマイズした「little D.(リトルディー)」がメインで飾られ、特に注目を浴びていた。

ここまで大きなイメージチェンジを実現しているので、さぞ大掛かりな改造が……と思いきや、ボンネットやフェンダー自体はノーマル車そのまま。ジムニー本来が持っているスクエアフォルムを生かしながら、粗目マットブラック塗装のフェンダーパネルやボンネットカバーなど最小限のカスタマイズで最大級の効果を発揮するセンスが素晴らしい。

レトロなデザインにはクラシカルなトレッドパターンの復刻タイヤが良く似合う

そんなレトロなlittle D.の足元にマッチする、ちょっと懐かしいトレッドパターンのクラシカルなタイヤにも注目したい。1980年代当時の初代OPEN COUNTRY(オープンカントリー:OPEN COUNTRY 785)をトーヨータイヤ(TOYO TIRES)が現代の技術で復刻したのだ。走行性能や静粛性、安全性に優れ、見た目はレトロという理想的なタイヤを生み出した。

今回はあくまでも参考出品だと説明するが、今後の正式な発売にも大いに期待したい。

タフトに大型グリルがついた!? 違和感ゼロなセルフオマージュモデル

「タフト little D.」は、いうなれば「ジムニー little D.」のスタイリングを、タフトに落とし込んだセルフオマージュモデル。元々四角いタフトがさらにスクエアなクルマに見えるだけでなく、タフなアウトドア・ギア感も増している。

タフトは本来グリルレスなので、このグリルを装着するだけで別の車に見えるほどイメージが変わるのは興味深い。屋根に載せられた「トリップバスケット ルーフラック」とのマッチングも抜群だ。

軍用車テイストがアウトドアに映える! ジムニーみたいなハスラー!?

ジムニーとタフト、2台の「little D.」と共に展示されていたのが、屋根に大きなテントを載せた「CARABINA(カラビナ)」。スズキの人気SUV「ハスラー」をベースに、軍用車のような無骨さを持つボディキットを装着している。縦長スリットが入ったグリルは、1980年代辺りのジムニー(SJ30系)をオマージュしたようだ。バンパーもスチール風に造形されており、ハスラーとはまったく異なる雰囲気を得た。

アウトドアブームを受け、軽の手軽なカスタムはますます拡がりそうだ

アウトドアブームの急速な盛り上がりを受け、キャンプシーンに映えるカスタムカーが多く見られた東京アウトドアショー2022。中でも手軽に手に入る軽SUVモデルの注目度は高く、特に今回紹介した3台は共に来場者の目をひいていた。今回は出展がなかった軽トラ・軽1BOXバンなども含め、軽カスタムカーの可能性はまだまだ拡がりそうな勢いが感じられた。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:島村 栄二・DAMD]

スズキ/ジムニー
スズキ ジムニーカタログを見る
新車価格:
155.5万円190.3万円
中古価格:
15万円415万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 雲風々

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スズキ ジムニーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ジムニーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ジムニーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ジムニーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ジムニーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる