【2024年】スズキ ハスラーの値段や色、内装、燃費を徹底解説

画像ギャラリーはこちら

スズキ ハスラーは、実用性や価格、デザインのバランスが良く、幅広い層から支持されている軽自動車です。

今回はハスラーの値段や多彩な色が設定されているボディカラー、内装や燃費などについて、カーライフ・ジャーナリストの渡辺 陽一郎さんが解説します。

目次[開く][閉じる]
  1. ハスラーのおすすめポイント
  2. ハスラーのレビュー・評価
  3. ハスラーの基本スペック・価格表
  4. ハスラーのボディサイズ
  5. ハスラーの燃費
  6. ハスラーの発売日と納期の目安
  7. ハスラーが人気な理由
  8. ハスラーのリセールバリュー
  9. ハスラーのおすすめグレード
  10. ハスラーのライバル比較
  11. ハスラーのカラーバリエーション
  12. ハスラーを販売店で試乗するときのポイント

ハスラーのおすすめポイント

・フロントマスクなどの外観がSUVらしくてカッコ良い

・車内が広く、荷室は汚れを落としやすい素材が使用され、使い勝手も優れている

・エントリーグレードの「X」はマイルドハイブリッドを搭載しながら153万8900円と割安

ハスラーのレビュー・評価

外観

5.0

★★★★★

内装・居住性

4.0

★★★★☆

走行性能

3.0

★★★☆☆

運転のしやすさ

5.0

★★★★★

乗り心地

3.0

★★★☆☆

燃費

4.0

★★★★☆

価格の割安度

4.0

★★★★☆

ハスラーの良い点

・シートアレンジが豊富で使い勝手が良い

・ボディは比較的軽く、軽自動車の中では動力性能と燃費が優れている

・衝突被害軽減ブレーキや運転支援機能など、安全装備も充実している

×ハスラーの気になる点

・路面の荒れた場所を低速で走ると、路面の細かなデコボコが車内に伝わりやすい

・峠道などを走ると、ステアリングの反応が鈍く、少々曲がりにくい

・登り坂などでは、エンジン音が車内に大きく響きやすい

5段階採点の解説

外観(エクステリア)

遠くから見てもハスラーとわかる独特のボディスタイルで、丸型ヘッドライトが特徴的です。また、ボディカラーはルーフとボディが塗り分けられた2トーンも選ぶことができます。

内装(インテリア)

メーターパネルと同じ色合いの縁取りがインパネの中央や助手席の前側にも装着されており、統一感のあるオシャレな雰囲気を演出しています。

走行性能

全高が1600mmを超える軽自動車ですが、ノーマルエンジンでも動力性能に余裕があります。走行安定性も高く、背の高いスーパーハイトワゴンと比べると安定しています。

運転のしやすさ

水平基調のボディにより、軽自動車としては珍しくボンネットがよく見える構造で見切りがよく、運転しやすいです。最小回転半径も4.6mに収まり、小回りも利きます。

乗り心地

燃費向上のために、転がり抵抗(摩擦による進行方向とは逆向きの力)を抑えたタイヤを装着し、指定の空気圧も240kPaと高く設定されています。

空気圧が高いとタイヤが内部から押されて張った状態となり、車体が跳ねるような感覚となることで、乗り心地を損ねることがあります。

そのため、時速40km以下では路上のデコボコをより感じやすくなります。

価格の割安度

ハスラーの中間グレードに当たる「ハイブリッドX」は、マイルドハイブリッド、LEDヘッドランプ、アルミホイール、パーソナルテーブルなどが装備されていながら、価格は153万8900円〜と割安に抑えられています。

総合評価の解説

総合評価の5段階採点:4点

近年、小型/普通乗用車の新車販売台数におけるSUVの割合は30〜40%と、非常に高い人気を誇っています。その理由は、カッコ良さと優れた実用性が両立されているからです。

ハスラーは、まさにその特徴を体現した車であり、SUVブームに乗って人気車となりました。

ハスラーの外観は、厚みのあるフロントマスクや大径タイヤによって存在感が強く、高い天井によって車内も広いため、居住性や積載性も良好です。

内装で特に注目されるのは、多彩なシートアレンジです。

後席の背もたれを前側に倒すと、座面も連動して下がり、床が平らな大容量の荷室に変更できます。

また、後席は前後のスライド機能もあり、シートアレンジは左右独立式で行えます。

荷室には汚れを落としやすい素材も採用され、収納設備も豊富で、使い勝手が優れています。

さらにマイルドハイブリッドを搭載したモデルは、燃費性能が良好です。

このように、機能や装備の割に価格が抑えつつ、さまざまなユーザーニーズをバランス良く満たすことで、ハスラーは人気車となりました。

ハスラーの基本スペック・価格表

グレード仕様エンジントランスミッション駆動方式価格(税込)

ハイブリッドG

1トーンカラー・アダプティブクルーズコントロール(ACC)[全車速追従機能付]、車線逸脱抑制機能非装着車

0.66L DOHC吸排気VVT(マイルドハイブリッド)

CVT

2WD

136万5100円

4WD

149万9300円

1トーンカラー仕様車

2WD

138万7100円

4WD

152万1300円

2トーンカラー・アダプティブクルーズコントロール(ACC)[全車速追従機能付]、車線逸脱抑制機能非装着車

2WD

140万9100円

4WD

154万3300円

2トーンカラー仕様車

2WD

143万1100円

4WD

156万5300円

ハイブリッドGターボ

1トーンカラー仕様車

0.66LDOHC VVTターボ(マイルドハイブリッド)

2WD

152万200円

4WD

165万4400円

2トーンカラー仕様車

2WD

156万4200円

4WD

169万8400円

ハイブリッドX

1トーンカラー仕様車

0.66L DOHC吸排気VVT(マイルドハイブリッド)

2WD

153万8900円

4WD

167万3100円

2トーンカラー仕様車

2WD

158万2900円

4WD

171万7100円

ハイブリッドXターボ

1トーンカラー仕様車

0.66LDOHC VVTターボ(マイルドハイブリッド)

2WD

163万9000円

4WD

177万3200円

2トーンカラー仕様車

2WD

168万3000円

4WD

181万7200円

ハスラーのボディサイズ


全長全幅全高ホイールベース

3395mm

1475mm

1680mm

2460mm


ハスラーの燃費


グレード(駆動方式)WLTCモード市街地モード高速道路モード郊外モード

ハイブリッドX/ハイブリッドG(2WD)

25.0km/L

22.9km/L

26.4km/L

25.1km/L

ハイブリッドX/ハイブリッドG(4WD)

23.4km/L

22.1km/L

24.1km/L

23.5km/L

ハイブリッドXターボ/ハイブリッドGターボ(2WD)

22.6km/L

19.7km/L

24.4km/L

23.0km/L

ハイブリッドXターボ/ハイブリッドGターボ(4WD)

20.8km/L

18.5km/L

22.3km/L

21.0km/L


ハスラーは、マイルドハイブリッドシステムを搭載しており、燃費性能が非常に優れています。特に、ノーマルエンジンの2WDモデルは、WLTCモード燃費が25km/Lに達します。

これは、軽自動車の中でもトップクラスの燃費性能であり、通常のガソリンモデルの軽自動車と比較しても燃料代を大幅に節約することができます。

ハスラーの発売日と納期の目安

ハスラーの納期は、2024年3月現在で2〜3ヶ月となっています。これは、軽自動車としては若干長い納期ですが、小型/普通車に比べると短いです。

現在販売されているハスラーは2019年末に登場したため、フルモデルチェンジは2年以上先でしょう。フルモデルチェンジまでは、安全装備の充実や燃費の向上などの一部改良が施されることが考えられます。

最近の売れ行き&人気度

ハスラーは、スライドドアを装着しない軽自動車の中でトップクラスの売れ行きを誇っています。

ワゴンRをベースとした高い実用性と割安な価格設定に、SUVのカッコ良さを加えることで、人気を高めました。

見た目が好みであり、アウトドアユースも考えていて、スライドドアを必要としないユーザーにとって、ハスラーは非常に魅力的な選択肢と言えるでしょう。

ハスラーが人気な理由

ハスラーは、全高1680mmの背の高い軽自動車で、SUV風の内外装が特徴です。

軽自動車のスズキ ワゴンRをベースに開発されており、基本的な機能は踏襲しつつ、SUVらしい個性と使い勝手の良さを兼ね備えた車として人気を集めています。

2023年の販売台数は、1ヶ月平均で約6900台を記録しました。これは、スズキの主力車種であるワゴンRと派生車種のワゴンRスマイルの合計台数を上回る数字です。スライドドアを装着しない軽自動車としては最も多い販売実績です。

ハスラーの魅力は4名でも快適に過ごせる広々とした室内空間に加えて、後席を格納することで、広い荷室を作ることができることです。

荷室や後席の背面には汚れを落としやすい素材が使われているため、汚れたものもそのまま載せることができ、アウトドアやレジャーにも最適です。

背の高い軽自動車の居住性や積載性に、SUVのデザインと実用性を加えて人気車になりました。

ハスラーのリセールバリュー

リセールバリューの5段階採点:4点

近年、SUVは中古車市場でも人気が高く、中古車価格が上昇しています。それに伴い、ハスラーのようなSUV風デザインの軽自動車も、売却価格が上がっています。

一般的に軽自動車は小型/普通車に比べて車両価格が安く、中古車市場での流通台数も多いため、売却価格もそこまで高値にはなりません。

しかし、ハスラーは中古車市場でも安定した需要があるため、売却時の価格に不満を感じることは少ないでしょう。

ハスラーのおすすめグレード

おすすめグレード:ハイブリッドX(153万8900円/2WD)

ハスラーのベーシックなグレードである「G」は、安全装備や快適装備は一通り揃っており、実用性には問題ありません。しかし、LEDヘッドランプやUSB電源ソケット、アルミホイールなど、あると便利な装備はオプションとなります。

そのため、Gの装備に加え、上記のオプションを標準装備した「ハイブリッドX」がおすすめです。実用性と快適性をバランス良く兼ね備えたグレードと言えます。

ハイブリッドXを試乗する際には登り坂を走行してみましょう。もし、パワー不足を感じた場合は、ターボエンジン搭載の「ハイブリッドXターボ」も検討すると良いです。ハイブリッドXに比べて最大トルクが1.7倍に増え、坂の多い場所や長距離ドライブでもパワー不足を感じにくくなります。

ハイブリッドXターボは、ハイブリッドXに比べて約10万円高くなりますが、ハイブリッドXターボではルーフレールやパドルシフトも標準装備されるため、それらの差額を考慮すると、実質7万円でターボエンジンを搭載できることになります。

ハスラーのライバル比較

ハスラーのライバル車はダイハツ タフトです。2024年3月上旬時点では、出荷を停止していますが、順次再開される予定です。

ライバル車のタフトの特徴は充実した装備です。最も安価な132万円の「X」にもガラスルーフの「スカイフィールトップ」やLEDヘッドランプ、電動パーキングブレーキなどの装備が搭載されています。

また、個性的なデザインも魅力です。一方、シートアレンジはシンプルで、後席は前に倒れるだけですが、ハスラー同様に広い荷室となります。

ただし、後席はハスラーほど広くて快適にはなっていません。マイルドハイブリッドも採用されず、WLTCモード燃費は、ノーマルエンジンの2WDが21.4km/Lです。

2名以内で乗車する人、スカイフィールトップのような充実した装備が欲しい人は、タフトを検討すると良いでしょう。

一方のハスラーは、4名で乗車しても快適な広い室内空間と、荷室を拡大できる多彩なシートアレンジが特徴です。

また、マイルドハイブリッドシステム搭載により燃費性能も向上しており、安全装備も充実しています。さらに、手頃な価格設定も魅力です。

したがって4名で乗車する機会が多い人や、たくさん走るため燃費性能を重視したい人には、ハスラーが適しています。

ハスラーのカラーバリエーション

ボディカラーオプション価格

1トーン

シフォンアイボリーメタリック(ZVG)

0円

クールカーキパールメタリック(ZVD)

0円

オフブルーメタリック(ZYW・YYW)

0円

ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3・YJ3)

0円

ピュアホワイトパール(ZVR・XVR)

2万2000円

2トーン

バーミリオンオレンジ ガンメタリック2トーン(XBK・EBK)

0円※

デニムブルーメタリック ガンメタリック2トーン(Y4E・D4E)

0円※

フェニックスレッドパール ガンメタリック2トーン(DW6)

0円※

ピュアホワイトパール ガンメタリック2トーン(DYH・XYH)

0円※

アクティブイエロー ソフトベージュ2トーン(ER4)

0円※

オフブルーメタリック ソフトベージュ2トーン(ER5・YR5)

0円※

クールカーキパールメタリック ソフトベージュ2トーン(ER6)

0円※

コーラルオレンジメタリック ソフトベージュ2トーン(ER7・XR7)

0円※

※ただし2トーン仕様車は価格が異なる

ハスラーを販売店で試乗するときのポイント

ハスラーを販売店で試乗する時は、まず乗り心地をチェックします。

荒れた舗装路などがあれば時速40km以下で走り、乗り心地の粗さが気にならないか確認しましょう。

カーブを曲がる時は、ステアリングが直進状態に戻ろうとする反力が弱くて違和感がないかチェックしてみましょう。近隣に登り坂がある時は、実際に走ってパワー不足が生じないかを確かめましょう。

また、後席のスライド位置を後方へ寄せた時の足元空間、シートアレンジのしやすさ、荷室容量なども見ておくとよいでしょう。

後席のリクライニング機能もハスラーの注目装備なので、確認してみてください。

合わせて読む

【筆者:渡辺 陽一郎 カメラマン:MOTA編集部】

新型車購入を考えている方は必見! 車をラクに高く売れる一括査定サービス「MOTA車買取」とは


新車購入を考えているなら、いま乗っている車を少しでも高く売りたいですよね?

そんな方におすすめなのが、車の一括査定サービス「MOTA車買取」

車などの情報を1回入力するだけで、複数の買取店へ同時に見積もり依頼が可能。MOTA車買取なら、最短45秒で入力が終わるほど簡単です。

買取店とのやりとりは高額な査定を出した上位3社とだけ。MOTA車買取なら「たくさんの業者から電話がきてしまう」なんて心配もありません。

なによりメリットは、その上位3社に選ばれるために最大20社の買取店が競い合うため、高額査定が期待できることです。

MOTA車買取の主な特徴

(1)45秒で入力完了! 簡単に査定依頼できる

(2)申し込み直後には電話がかかってこない

(3)業者とのやりとりは査定額の上位3社だけ

(5)最大20社が競い合うから査定額が高額に!

(5)“車両引取日の翌日まで”キャンセル無料

車の買取価格が知りたい方や、MOTA車買取の口コミが気になる方、車を少しでも高く売りたい方は下記バナーをクリック!

見積もり後でも無料でキャンセル可能です。まずはお気軽にお申込みください。

MOTA車買取でいますぐ買取価格を調べる


スズキ/ハスラー
スズキ ハスラーカタログを見る
新車価格:
136.5万円183.4万円
中古価格:
29.9万円1,997万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スズキ ハスラーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ハスラーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ハスラーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ハスラーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ハスラーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる