ダイハツ ムーヴのフルモデルチェンジはまだ!? 新型登場の鍵を握るのは、シリーズの人気を支えるムーヴキャンバスの存在だった

画像ギャラリーはこちら
ダイハツの軽ハイトワゴン「ムーヴ」シリーズは、2014年12月登場の「ムーヴ」「ムーヴカスタム」に加え、2016年9月追加の「ムーヴキャンバス」がラインナップされている。販売推移を見てみると、近年はモデル末期のムーヴ・ムーヴカスタムの売れ行きが落ち込み、変わってムーヴキャンバスの割合が伸びているようだ。

果たして新型ムーヴはどうなるのか。2021年中にもフルモデルチェンジが噂される次期型ムーヴ・ムーヴカスタムについて予想してみよう。

>>これが兄弟車!? キャラがまるで違う「ムーヴ」と「ムーヴキャンバス」を写真で見比べてみる[画像ギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. 2014年12月登場から7年目に突入した現行型ムーヴ・ムーヴカスタム、フルモデルチェンジはいつになる!?
  2. 2016年に追加されムーヴシリーズの人気を支える「ムーヴキャンバス」もデビューから丸5年が経過
  3. 新型ムーヴには待望の新世代DNGA-Aプラットフォームを採用! マイルドハイブリッドも搭載か

2014年12月登場から7年目に突入した現行型ムーヴ・ムーヴカスタム、フルモデルチェンジはいつになる!?

「ダイハツ ムーヴ」は、同社を代表する軽ハイトワゴン車で、初代モデルは1995年に登場している。ムーヴに加え、初代から“裏ムーヴ”ことムーヴカスタムをラインナップすることで、幅広い層からの需要を獲得した。2014年12月に登場した現行型で6代目となる。

このダイハツ ムーヴは、3代目から5代目モデルが4年毎にフルモデルチェンジを実施するサイクルで定番化していた。ところが現行型の6代目ムーヴについては、2014年12月の登場から数えると7年目に突入している状態。早期のフルモデルチェンジが期待されている。

2016年に追加されムーヴシリーズの人気を支える「ムーヴキャンバス」もデビューから丸5年が経過

しかし現在“ムーヴ”シリーズには地殻変動が起きている。2016年9月に追加された新シリーズ「ムーヴキャンバス」が安定した人気となっているのだ。ダイハツによると、ムーヴキャンバスは現在ムーヴシリーズの6割以上を占めているという。

ムーヴキャンバスは「タント」や「ホンダ N-BOX」に代表される背の高い軽スーパーハイトワゴンのような、後席両側スライドドアを軽ハイトワゴンに初めて導入したモデル。

丸いヘッドライトなど全体にかわいらしいレトロなデザインと相まって、女性ユーザーを中心に支持を集めた。

このムーヴキャンバスもまもなく登場後丸5年を迎えることになる。「フルモデルチェンジ4年サイクル」説で考えると、すでに刷新されてもおかしくない時期にあるのだ。

新型ムーヴには待望の新世代DNGA-Aプラットフォームを採用! マイルドハイブリッドも搭載か

ダイハツは、2019年7月にフルモデルチェンジを実施した軽スーパーハイトワゴン「タント」(4代目)で、新開発のDNGA(Daihatsu New Global Architecture:ダイハツ ニュー グローバル アーキテクチャー)-Aプラットフォームを採用している。

ADAS(先進運転支援システム)や電動化(ハイブリッド化)、衝突安全性能の向上、さらには軽量化など、近年ますます要求が厳しくなる様々な要件に対応しうる、新世代型のプラットフォームへ進化を遂げたのだ。

当然フルモデルチェンジするはずの次世代型、新型ムーヴ・ムーヴカスタムや新型ムーヴキャンバスも、このDNGA-Aプラットフォームをベースに開発される。

ムーヴのフルモデルチェンジは2021年中にも実施

デビュー7年目を迎えたムーヴ。MOTA編集部がつかんでいる情報によると、2021年秋から冬にかけて新型ムーヴのフルモデルチェンジが実施される見込み。ADAS対応や、衝突安全性能の向上、軽量化などに対応する。低燃費化対策としては、ライバルのスズキ ワゴンRで好評のマイルドハイブリッド採用も期待される。

人気のムーヴキャンバスは少し遅れて2022年にもフルモデルチェンジが実施! ただし2021年中にムーヴと同時発表説もあり!?

なお現在も売れているムーヴキャンバスだが、ライバルのスズキからも同様のスライドドア装着のワゴンR派生モデル登場が一部で噂されている。こちらの動静をみつつ、新型ムーヴをベースにした新型ムーヴキャンバスが2022年以降にフルモデルチェンジされるものとみられる。

ただし、人気の高いムーヴキャンバス人気にあやかって、近年販売台数が落ち込んでいるムーヴを盛り上げるべく、2021年中にムーヴとムーヴキャンバスが同時にデビューする可能性も捨てきれない。このあたりの動向にも注目していきたい。

[まとめ:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:ダイハツ工業・MOTA編集部]

ダイハツ/ムーヴキャンバス
ダイハツ ムーヴキャンバスカタログを見る
新車価格:
127.6万円175.5万円
中古価格:
69.8万円220万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 時音の宿 湯主一條

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ダイハツ ムーヴキャンバスの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ ムーヴキャンバスのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ ムーヴキャンバスの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ ムーヴキャンバスの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ ムーヴキャンバスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる