【2022年】ダイハツ 新型ムーヴキャンバスは個性的なデザインとターボの追加が魅力! 価格設定にも納得の声【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:森山 良雄
画像ギャラリーはこちら
2022年7月、6年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたダイハツ 新型ムーヴキャンバス。

今回のフルモデルチェンジでは従来通りの可愛らしい路線を継承した「ストライプス」と、シックなムードの「セオリー」を用意しました。

プラットフォーム「DNGA」の採用とターボを搭載し、走行性能も高めた新型ムーヴキャンバスについて、実際に試乗した購入検討層などからSNSに挙げられているみんなの声を紹介していきます。

目次[開く][閉じる]
  1. 新型ムーヴキャンバスはDNGAプラットフォームとターボを搭載
  2. 新型ムーヴキャンバスのレトロで可愛らしいデザインが好評
  3. 新型ムーヴキャンバスに追加されたターボに大満足!
  4. 新型ムーヴキャンバスの価格設定は妥当の声

新型ムーヴキャンバスはDNGAプラットフォームとターボを搭載

軽自動車は人気のあるカテゴリーですが、その中でも特に売れているのが全高を1700mm以上に設定したスライドドアを備えるスーパーハイトワゴンと呼ばれるカテゴリーです。

ホンダ N-BOX、スズキ スペーシア、ダイハツ タントが代表車種となります。

その中で以前から注目されていたのが、2016年に投入されたダイハツ ムーヴキャンバスでした。

ムーヴキャンバスはスライドドアを装着しながら、全高はタントに比べて約100mm低く、外観を丸みのある柔和なデザインに仕上げました。スーパーハイトほど高さが必要ない、運転しやすさを重視したいというユーザーを中心に人気のあるモデルです。

新型ムーヴキャンバスは基本コンセプトを変えず、ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1655mmと先代から変更はありません。

しかし、ダイハツ独自のDNGAプラットフォームの採用したことで、シャシー(基本骨格)のしっかり感や乗り心地の上質感もレベルアップしています。

これまで自然吸気エンジンのみだったムーヴキャンバスですが、今回ついにターボモデルが用意されました。

新型ムーヴキャンバスのレトロで可愛らしいデザインが好評

先代ムーヴキャンバスは、丸みのある外観で人気を得たため、2代目の新型ムーヴキャンバスも外観の見栄えをあまり変えていません。

フロントマスクのエンブレムは、先代型の丸型から「CANBUS」に変わりました。ドアパネルも先代型に比べると丸みを増して、ボリューム感が強いです。

マイナーチェンジのように見えますが、外装は刷新されています。

新型ムーヴキャンバスのモノトーンは「セオリー」と名付けられました。セオリーはインパネの周辺をブラウン、シートを濃いブルーのデザインとしています。

外装が明るい2トーンの「ストライプス」は、内装もホワイトを基調にしますが、セオリーは従来のムーヴキャンバスとは違って落ち着いた印象です。

そんな新型ムーヴキャンバスのデザインについて、実際に車両を見た人からは

「デザイン可愛い。レトロ感が好み」

「スーパーハイトでなくても良いと思う人にはちょうど良い車かもしれない」

「良いデザインの車はフルモデルチェンジの時に無理にデザイン変更をしなくていいと思う」

「見た目のバランスが良く見える車」

といった好意的な声が多く寄せられました。

新型ムーヴキャンバスに追加されたターボに大満足!

従来は自然吸気エンジンのみだったムーヴキャンバスですが、新型ムーヴキャンバスにはついにターボモデルのGターボが用意されました。

競合モデルとなるスズキ 新型ワゴンRスマイルはマイルドハイブリッドが選べるだけに、ターボの追加は必然だったでしょう。

新型ムーヴキャンバスに搭載されたターボエンジンはCVTが組み合わされ、駆動方式は2WD(FF)と4WDを設定しました。

スペックは最高出力が64馬力/6400rpm、最大トルクは100Nm/3600rpmで、WLTCモード燃費は2WD車が22.4km/L、4WD車は20.9km/Lとなっています。

そんな新型ムーヴキャンバスの走りについて、

「ターボ付きが登場したのはライバル車に比べて大きなアドバンテージ」

「ターボはちょっとアクセル踏んだだけでグイグイ進む」

「新しいプラットフォームでターボも設定されたならかなり買い」

「DNGAプラットフォームのおかげか、しっかりしていて軽とは思えない安心感のある走り」

「この車を検討している人には少し高くなるが、ターボモデルを断然オススメする」

と、ターボに関するコメントが多く寄せられ、おおむね高評価を得ていました。

新型ムーヴキャンバスの価格設定は妥当の声

最後に新型ムーヴキャンバスの価格について見てみましょう。先に触れた通り、新型ムーヴキャンバスは2トーンのストライプスとモノトーンのセオリーと、大きく2つのグレードに分かれています。外装色は、2トーンのストライプスが8色、セオリーは7色が用意されています。

セオリーは同じ価格で2トーンカラーにならない代わりに、ボディサイドのピンストライプとボディ後部のメッキリヤバンパーモールが加わり、GとGターボはステアリングホイールも本革巻きになります。

新型ムーヴキャンバスのグレードと2WDの価格は、ストライプス、セオリーともにベーシックなXが149万6000円、上級のGは167万2000円、Gターボは179万3000円です。

「単色とツートンを同じ値段にしたのは商売上手」

「価格相応の車に仕上がっている」

と前向きなコメントが挙がっていました。

一方で、

「もう少しカラーの選択肢を増やしてほしい」

というコメントも寄せられました。軽自動車は2トーンも含め、豊富なボディカラーを持つモデルが多く存在します。

今後マイナーチェンジなどでボディカラーが追加されることも期待したいところです。

【筆者:MOTA編集部 カメラマン:森山 良雄】

ダイハツ/ムーヴキャンバス
ダイハツ ムーヴキャンバスカタログを見る
新車価格:
149.6万円192万円
中古価格:
64.9万円239.8万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 湯元長座

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ダイハツ ムーヴキャンバスの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ ムーヴキャンバスのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ ムーヴキャンバスの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ ムーヴキャンバスの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ ムーヴキャンバスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる