日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた(1/5)

日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた
日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた 日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた 日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた 日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた 日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた 日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた 日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた 日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた 日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた 日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた 日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた 画像ギャラリーはこちら

根強い人気を誇る「エクストレイル」の新型と旧型を徹底比較!

日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた

最近はSUVが注目されているが、特に息の長い人気を保っているのが日産「エクストレイル」だ。初代モデルは2000年に登場してヒット作になり、2007年の2代目もSUVではトップクラスの人気車であった。

そして2013年の末に3代目の新型が登場。2015年4月にはハイブリッドを加えた。ハイブリッドの売れ行きも堅調で、同年7月には受注台数が1万台に達している。

ここでは改めて2代目の旧型と3代目の新型を比べたい。

旧型は直線基調のボディスタイルが特徴で、エンジンは、ガソリンが直列4気筒の2リッターと2.5リッターを設定した。これに2リッターのクリーンディーゼルターボを追加している。

進化度数の基準

一方、新型は海外版のローグとボディを共通化。外観はボリューム感の強い丸みのあるデザインになった。エンジンは日本ではガソリンのみだが、直列4気筒の2リッターと、これをベースにしたハイブリッドを選択できる。

今回、「エクストレイル」も分かりやすい進化度数の基準として採点表を設定し、劇的な変化から、これまで「何となく変わったかも」程度だった違いまで、進化の度合いを徹底的に比べ、採点していく。

ボディスタイル&サイズ

日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた

外観のデザインは、新旧モデルでかなり違う。旧型は直線基調で仕上げた。しかもサイドウインドウの下端が低く、ウインドウの上下寸法が大きい。

デザインの手法としては、ランドローバーの「フリーランダー」や「ディスカバリー」に似ている。古典的なオフロードSUV風ともいえるが、重厚感が伴って、旧型エクストレイルの高人気に結び付いた。

また旧型はサイドウインドウの下端が低いため、前後左右ともに視界がとても優れていた。ボンネットも良く見えるから、車幅やボディ先端の位置も分かりやすかった。

一方、新型は外観に丸みがあり、都会的な印象に仕上げている。その代わり側方や斜め後方の視界は悪化した。

新型のボディサイズは、全長は4640mmだから、旧型に比べて5mm伸びただけだ。全幅は30mm広がって1820mmになり、2リッタークラスのSUVではワイドな部類に入る。全高は1715mmだから15mmほど高い。

そして新型のホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2705mmだから、旧型に比べて75mm伸びた。全長に占めるホイールベースの割合も拡大して、新型では視覚的な安定感が増している。

ただし最小回転半径は、ホイールベースの拡大によって、旧型の5.5mから5.6mへと少し大回りになった。全幅はワイド化され、側方や後方の視界も悪くなったから、取りまわし性は旧型が明らかに優れていた。

進化度数:1点/10点(もう少し頑張りましょう)

[次のページに続く]

日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた
日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた日産「エクストレイル」の新型と旧型を比較してみた
1 2 3 4 5 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 鬼怒川金谷ホテル

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 エクストレイルの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 エクストレイルのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 エクストレイルの中古車検索 日産の記事一覧 日産 エクストレイルの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 エクストレイルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる