人気No.1のN-BOXが燃費で負けた! 軽スーパーハイトワゴン対決 ターボ編、勝者は三菱 eKクロス スペース!(1/2)

画像ギャラリーはこちら
大人気の軽自動車で現在特に売れている“軽スーパーハイトワゴン”。その中でも最も新しい、2020年デビューの「三菱 eKクロス スペース(660ccターボ)」の実燃費を計測した。都心から神奈川県境、千葉県を回り、また東京都に戻る160kmのコースを走破し、20.8km/Lの燃費結果となった。

軽NO.1人気の王者「ホンダ N-BOXカスタム(ターボ)」と、実燃費ではどのくらい違うのだろうか。ライバル2台の実燃費を中心に徹底比較してみよう。

目次[開く][閉じる]
  1. 三菱 eKクロス スペース(660ccターボ)の実燃費は20.8km/L!
  2. 大人気のN-BOXカスタムが超えられない20km/Lの壁、eKクロス スペースはターボでも突破した!
  3. 三菱の軽同士を比較! FFターボと4WDターボ、燃費の違いはどれくらい出るのか!?
  4. 【参考】実走行距離160キロ! MOTA実燃費レポートの計測コースはこんな道のり

三菱 eKクロス スペース(660ccターボ)の実燃費は20.8km/L!

eKスペース/eKクロス スペースと日産 ルークスは兄弟車の関係

まずは、三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」(三菱 eKクロス スペース T[660ccターボ])の実燃費をチェックしてみよう。同車は日産のルークス ハイウェイスター Gターボの兄弟車で、性能は同等だ。

なお以前にノンターボの兄弟車、日産 ルークスハイウェイスターもテストしており、25.1km/Lの好記録を出している。今回も記録が期待される!

今回も都内から首都高速経由で木更津・東京湾アクアラインを渡り、千葉県長南町から一般道を経由して都内に戻る約160kmのコースを走行した。

▼日産 ルークス vs ホンダ N-BOX(ノンターボ編)はこちらをチェック▼

燃費は日産の圧勝! 人気の軽「ルークス」vs「N-BOX」の実燃費対決はホンダの完敗だった

日産/ルークス
日産 ルークスカタログを見る
新車価格:
141.6万円213.3万円
中古価格:
12.9万円244.8万円

「三菱 eKクロス スペース T」(660ccターボ)の実燃費はカタログ燃費(WLTCモード燃費)超え! 郊外路では24.7km/Lの記録も

「三菱 eKクロス スペース T(660ccターボ)」の実燃費は、カタログ燃費18.8km/L(WLTCモード燃費)を大きく上回る、20.8km/L(達成率110.6%)となった。

特に郊外モードが高く、WLTCモード燃費20.0km/L(市街地モード)に対し、達成率123.5%の24.7km/Lの好記録を出している。

なお燃料タンク容量27リッターを満タンにすると、計算上は東京から兵庫県明石市の距離に相当する560.6kmを走る計算となる。

▼三菱 eKクロス スペース 新型車解説はこちらをチェック▼

■三菱 新型eK スペース/eK クロス スペース 新型車解説[2020年2月]

大人気のN-BOXカスタムが超えられない20km/Lの壁、eKクロス スペースはターボでも突破した!

三菱 eKクロス スペース T(660ccターボ)とライバル車 実燃費比較

そしてライバル「ホンダ N-BOX」(660ccターボ)の燃費と比較してみよう。

MOTA(モータ)では現行型N-BOXのデビュー直後の2017年10月に燃費レポートをお届けしている。その結果、ホンダ N-BOXカスタム(660ccターボ)の実燃費は、ライバルより若干見劣る19.2km/Lという結果を記録している。

▼関連記事:ホンダ N-BOXカスタム 燃費レポートも併せてチェック!▼

■ホンダ 新型N-BOXカスタム燃費レポート|ターボモデルとNAモデルの燃費を徹底比較![2017年記事]

軽スーパーハイトワゴンの元祖、ダイハツの「タントカスタム」も2019年のフルモデルチェンジ時に計測した。ダイハツ タントカスタム(660ccターボ)の実燃費は22.6km/Lを記録している。

最後発の三菱 eKクロス スペースは、各ライバル車に対しどのモードでも基本的に優秀だが、2019年デビューのダイハツ タントカスタムがそれを超える低燃費を叩き出している。

▼関連記事:ダイハツ タントカスタム 燃費レポートも併せてチェック!▼

■ダイハツ タントカスタム 実燃費レポート│NAとの差もわずか!?余裕の動力性能を持つターボモデルの実燃費やいかに![2020年記事]

三菱の軽同士を比較! FFターボと4WDターボ、燃費の違いはどれくらい出るのか!?

三菱 eKクロス スペース(日産 ルークス)と三菱 eKクロス(日産 デイズ) 実燃費比較

さて同じ三菱(日産)の軽自動車でも、少し背の低い「三菱 eKスペース」(兄弟車は「日産 デイズ」)とも比較をしてみよう。エンジンの仕様は2台共通で660ccターボだ。

共にカタログ燃費を上回る数値を記録。4WDターボのeKクロスは20.4km/Lで、FFターボのeKクロス スペースとほぼ同等、しかも大柄なeKクロス スペース(車両重量:970kg)のほうがわずかばかり良好な数値となった。

やや小柄なeKクロスのほうが4WDモデル(車両重量:930kg)だったこと、また7月下旬に燃費テストをした関係でエアコンの稼働率も高めだったことも数値に影響しているようだ。

▼関連記事:三菱 eKクロス(日産 デイズ) 燃費レポートも併せてチェック!▼

■三菱 新型ekクロス 実燃費レポート|三菱の“本気”が詰まった軽自動車の実力はいかに

軽No.1の販売台数を誇るホンダ N-BOXカスタムと、三菱 eKクロス スペース(日産 ルークス)をターボモデル同士で比較してみたところ、人気のN-BOXが実燃費の面では1位ではないことが明らかにされた。

経済性を重視して軽自動車を選ぶなら、より低燃費なeKクロス スペースやルークスという選択肢も加えてみると良いだろう。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル]

1 2 次へ

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

三菱 eKクロススペースの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 eKクロススペースのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 eKクロススペースの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 eKクロススペースの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 eKクロススペースのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる