ダイハツ ロッキーのカーリース情報・価格

もらえるカーリース
ダイハツ ロッキー
ボーナス併用払い(11年)
月額
11,990
円~
ボーナス月加算額 72,600円 × 22回
月々均等払い(11年)
月額
23,870
円~
  • 頭金ゼロ
  • 税金・諸費用込
  • ボーナス併用可
ダイハツ ロッキー概要

『レジャーなどのためにSUVが欲しい、しかし大きいクルマは苦手』というアクティブユーザーの声に応えた全長4m以下の5ナンバーサイズのコンパクトSUV。SUVらしいデザインを実現しながら、コンパクトで小回りが利くことで運転がしやすいところや、大容量ラゲージと可動式デッキボードで使い方の幅が広がった荷室がポイント。ワイドで個性的なフロントビューや大径タイヤを備えた躍動感のあるエクステリアにより、週末のレジャーでも目立ち度はバッチリ。インテリアにはアクセントカラーの配置されたシートや、4種類から選べるアクティブマルチインフォメーションメーターなど遊び心が演出されている。予防安全機能「スマートアシスト」全10機能と、運転をサポートする「スマートアシストプラス」全7機能の合計17機能を搭載し、先進・安全機能も充実。

オススメのプランで今すぐ審査を申込む無料
※審査後でも、グレードやオプション変更が可能です。

料金シミュレーション

MOTAカーリースは個人の専用リースです。リース期間は5年、7年、11年の中からお選びください。

グレード選択
カラーやオプションは審査後に選択・変更可能です。
リース契約年の選択
月額均等払い23,870円(オプションなし)
ボーナス併用払いの選択
オプションの選択
延長保証やナビなどを選択
月額
23,870
webで完結!審査を申込む無料
※審査申込と同時にご契約が確定することはございません。
※審査後でもグレードやオプションの変更・追加が可能です。
※審査結果は最短翌日にお知らせいたします。
MOTAカーリースお問い合わせ窓口 夏期休暇のご案内

誠に勝手ながら8月11日(木)~8月16日(火)までMOTAカーリースお問い合わせ窓口は、夏期休暇とさせていただきます。

尚、夏季休暇期間中にお申込みいただくことは可能です。審査結果のご回答は8月17日(水)以降となりますので予めご了承ください。

EVをもっと身近に MOTAは日本のEV普及に全力で取り組みます

ダイハツ ロッキーの車両詳細情報

グレード 1.2 L 排気量 1,196 cc
全長 3995 mm 全幅 1695 mm
全高 1620 mm 重量 970 kg
駆動方式 FF ミッション CVT
定員 5名 ドア数 5
最小回転半径 4.9 m JC08モード燃費 24.60 km/L
※掲載されている車両詳細情報は、当該車種の任意のグレード情報を引用しているもので、リース車両のスペックを保証するものではありません。

ダイハツ ロッキーのユーザーレビュー

3.4
クチコミ件数:
8件
コンパクトカーランキング:
2位
新車価格:
166.7万円~234.7万円
中古車価格:
75.0万円~317.1万円
新車購入
人気ランキング
35
全車種中
クチコミ
評価レビュー
8
評価点: 3.4 pt
※審査後でも、グレードやオプション変更が可能です。

MOTAカーリースは3つの心配ナシ!!!

その1返却の心配ナシ

返却の心配ナシ

全車種が残価設定なしのカーリース
契約満了時にはそのまま車がもらえます

その2走行距離制限の心配ナシ

走行距離制限の心配ナシ

走行距離は無制限!
マイカー感覚で乗ることができます

その3修理費用請求の心配ナシ

修理費用請求の心配ナシ

MOTAカーリースでは契約期間満了時にクルマの破損や故障に対する修理費用の請求はありません。

人気の新車カーリースサービス比較

MOTA A社 B社 C社 D社
選べる車種 マル
国内メーカー&レクサス
三角
国内メーカー
三角
トヨタ車、レクサス車
三角
国内メーカー
三角
国内メーカー
リース期間 5年、7年、11年 5年、7年、9年 3年、5年、7年 1年〜11年選択 7年、9年
車がもらえる マル 三角オプションプラン バツ 三角オプションプラン マル
走行距離制限 マル バツ バツ 三角オプションプラン バツ
車のカスタム マル バツ バツ バツ バツ
修理費請求なし マル バツ バツ 三角オプションプラン バツ
ボーナス払い対応 マル マル バツ バツ 三角オプションプラン
頭金対応 マル マル バツ バツ マル
注)△マークはオプションプラン加入などで対応も可能です。最安値料金は調査時から変動がございます。
※各社の新車カーリースサービスの特徴をご紹介いたします(2021年4月 MOTA調べ)

よくある質問

ほかのカーリースとの違いはなんですか?

MOTAのカーリースでは、すべての契約で走行距離制限がありません。またクルマをカスタムできます。ここが大きな違いになります。MOTAカーリースは残価設定がありません。なので、契約満了時には返却不要で原状回復請求や残価精算がありません。自分の車になるので売却も可能です。

カーリースとはそもそもどんな仕組みですか?

カーリースとは一言で言うとお好きな車を月々定額で乗れる支払いプランのことです。定額料金なので頭金は0円、またボーナス払いも必要ありません(契約での変更も可能な場合があります)。リース期間中の車検や諸費用や車の税金も全て定額料金の中に含まれているので、突発的な出費は一切かかりません。

カーリースと購入・ローンの違いはなんですか?

新車購入時には初期費用として頭金や車庫証明代行手数料や納車費用など掛かります。また購入・ローンでは年に1度の自動車税の支払、定期的に訪れる車検時には車検費用や自動車重量税、自賠責保険料が必要になります。またクルマを乗る上でのメンテナンスを行いたい場合は都度メンテナンス費用が必要になります。契約内容にもよりますが、都度支払う費用が月額費に含まれて定額で支払うイメージです。

カーリースに向いている人はどんな人ですか?

まず手持ちのお金がない中で新車に乗りたいという方が向いているかもしれません。上記の購入との違いにも記載している初期費用負担や月々の支払いを安定させたい方、またディーラーに出向いての細かいやり取りがしづらい方、短期間で車を乗り換えたい方なども向いているかと思います。逆にまとまった資金があり車検費用や自動車税などの都度出費が問題ない方は、現金での購入が良いと思われます。

契約期間はどれくらいですか?

MOTAカーリースでは、5年・7年・11年のリース期間が選択できます。契約のタイミングでリース期間を決定します。契約後には期間の変更はできません。長期の契約の場合は月額費が抑えながら新車に乗ることができますが、その分将来故障やメンテナンスの心配があるかもしれません。その場合はオプションなどでのメンテナンスパックなど加入がおすすめです。短期の契約の場合は月額費は高くなりますが、短期でのクルマの乗り換えをしたい方に向いていると思われます。MOTAカーリースの場合だと、ダイハツ ロッキーが月々均等払いで23,870円から、ボーナス併用の場合だと11,990円から申し込みが可能です(11年リースの場合)。

ロッキーのグレードやカラーは選べますか?

MOTAカーリースでは申込時にグレードを選択します。またグレードによる値段の増減があります。各メーカーページなどで諸元表やWebページ上でグレードの内容を確認できます。車体カラーに関しては契約時に契約ページで決定しますが、事前に車体カラーやグレード内容やメーカーオプションなど相談されたい方は、MOTAお問合せフォーム、もしくはサポートデスクまでお電話ください。MOTAカーリースのサポートデスクは元中古車店の店長など車販売のスペシャリストが対応しますので、申込前に分からないことや不安なことなどありましたら、お気軽にご相談ください。

ダイハツ ロッキーのカーリースを見た人はこんな車も見ています

  • トヨタ RAV4

    トヨタ
    RAV4

    燃費: 25.2km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々18,700円~
    ボーナス月加算額 112,200円 × 22回
    月々均等
    月々37,290円~
    詳細を見る
  • レクサス RX

    レクサス
    RX

    燃費: 18.8km/L 定員: 6名
    ボーナス併用
    月々32,560円~
    ボーナス月加算額 195,800円 × 22回
    月々均等
    月々65,120円~
    詳細を見る
  • ホンダ ヴェゼル

    ホンダ
    ヴェゼル

    燃費: 30.4km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々14,850円~
    ボーナス月加算額 89,100円 × 22回
    月々均等
    月々29,590円~
    詳細を見る
  • マツダ CX-3

    マツダ
    CX-3

    燃費: 0.00km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々13,750円~
    ボーナス月加算額 82,500円 × 22回
    月々均等
    月々27,500円~
    詳細を見る
  • トヨタ C-HR

    トヨタ
    C-HR

    燃費: 30.4km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々16,060円~
    ボーナス月加算額 96,800円 × 22回
    月々均等
    月々32,120円~
    詳細を見る
※JC08モード燃費で表示

コンパクトカーのランキング

更新日: 2022年08月11日 (集計期間 8/4~8/11)

  • 1位
    トヨタ ライズ

    トヨタ
    ライズ

    燃費: 34.8km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々12,210円~
    ボーナス月加算額 73,700円 × 22回
    月々均等
    月々24,310円~
    詳細を見る
  • 2位
    ダイハツ ロッキー

    ダイハツ
    ロッキー

    燃費: 34.8km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々11,990円~
    ボーナス月加算額 72,600円 × 22回
    月々均等
    月々23,870円~
    詳細を見る
  • 3位
    トヨタ アクア

    トヨタ
    アクア

    燃費: 0.00km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々13,200円~
    ボーナス月加算額 79,200円 × 22回
    月々均等
    月々26,290円~
    詳細を見る
  • 4位
    トヨタ ヤリス

    トヨタ
    ヤリス

    燃費: 0.00km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々10,340円~
    ボーナス月加算額 62,700円 × 22回
    月々均等
    月々20,680円~
    詳細を見る
  • 5位
    トヨタ ルーミー

    トヨタ
    ルーミー

    燃費: 24.6km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々11,550円~
    ボーナス月加算額 69,300円 × 22回
    月々均等
    月々22,990円~
    詳細を見る

ダイハツのコンパクトカーのランキング

更新日: 2022年08月11日 (集計期間 8/4~8/11)

  • 1位
    ダイハツ ロッキー

    ダイハツ
    ロッキー

    燃費: 34.8km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々11,990円~
    ボーナス月加算額 72,600円 × 22回
    月々均等
    月々23,870円~
    詳細を見る
  • 2位
    ダイハツ トール

    ダイハツ
    トール

    燃費: 0.00km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々11,440円~
    ボーナス月加算額 69,300円 × 22回
    月々均等
    月々22,770円~
    詳細を見る
  • 3位
    ダイハツ ブーン

    ダイハツ
    ブーン

    燃費: 28.0km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々9,570円~
    ボーナス月加算額 57,200円 × 22回
    月々均等
    月々19,030円~
    詳細を見る
※審査後でも、グレードやオプション変更が可能です。
お電話でのお問い合わせ
0120-914-388
営業時間:10:00〜19:00
(土日・祝日も営業中)
お問合せフォームへ

レビュー・口コミ評価

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

総合評価
1 2 3 3 4 3.4 (8)
車種のレビューを投稿する
ダイハツのe-POWER? ひーさま 投稿日2022年6月12日
ダイハツ ロッキー グレード:1.2 プレミアム G HEV
総合評価 1 2 3 3 4 3.5
総評
ダイハツでは「e:SMART」と呼ぶハイブリッド車。シリーズハイブリッド方式でエンジンは発電のみに徹して、走行は電動モーターのみでの走りとなる日産系のe-POWERと同様の考えのハイブリッドカーとなります。とは言っても大型の走行用バッテリーは搭載できないので1.2リッターの3気筒のエンジンを発電用のエンジンとし日常走行では頻繁にエンジンがかかりはします。電池残量も常に満充電にはせずに半分くらいをキープしつつエンジン始動での充電と、EV走行をきめ細かく制御しているようです。また、3気筒エンジンの為に4気筒とは違いエンジン始動時には振動と力が欲しい時には結構、高回転まで回ってしまうとうるささが通常の4気筒エンジンに乗っているオーナーには気になるのでは?と思ってしまう。
良かった点
街で見かけるロッキーは東京のような都会では非常に溶け込んで好感が持てる。兄弟車のトヨタ・ライズも含めてスモールSUVと言うジャンルで成功しているようだ。どんな感じのクルマなのか?購買意欲はどれくらいそそるものなのか?などを知りたくて試乗に踏み切りました。ゆっくり走行している分には静かでEV走行では非常に満足の行くクルマであった。試乗車にはまだオーディオもナビも装着されていないので余計に音に対して敏感になるので静かな車内はエンジン車オーナーにとっては違和感があるかも。コンパクトな車体とSUV風のアップライトな視界、若干高められた車高の割には走りはきびきびとして、無茶なステアリング操作にも割とクイックにクルマ動いてくれていた。最近のクルマは非常によく調教されておりこのような操作でもそれほど期待を裏切らないのにはビックリとする。価格とこのクルマの使い勝手がマッチする人には良いクルマである。
気になった点
安全運転支援機能もひと通り装備されており、スマアシ(SMART ASSIST)と呼ぶダイハツの機能にはこのロッキーも全車速追従クルコンも装備させるため電動パーキングブレーキも採用している。ハイブリッドカーでEV走行をしているのでモーター出力走行時にはトルクフルな走行が出来る割にはこのクルコン(ACC)走行の制御が全く上手に機能出来ていない。ホンダのHonda-SENCINGのように軽自動車であっても非常にうまく車速の調整をしてくれるものとは別次元であり街乗り時には使えない。また、他のダイハツ車にも言えることだが安全運転支援の警告、警報が早くに入り過ぎで運転者によってはカットして使いたくなるような支援となる。個人的には全てオンで使ってみたが接近警報、自動ブレーキが頻繁に制御して入るのは気になった。また、全車速クルコン走行時に停車後のABSのモジュレータの異音のような音、これはマシンガンの音と形容出来るくらいの振動と音で最初はビックリ佐瀬れらた。再走行時のリスタート走行もラフアクセルでのスタートようで上手い制御にはなっていなかった。
日はまた昇る まさじ 投稿日2022年5月31日
ダイハツ ロッキー グレード:-
総合評価 1 2 3 3 4 3.3
総評
ロッキーの名前を聞いて懐かしいと思う方は、沢山いると思います。90年代にライトクロカンとして発売されました。その名前を引き継いで、本ロッキーが誕生しました。名前の由来は、もちろんロッキー山脈から来ています。ベタとも言えますがアルプスやアンデスよりも、響きや呼び易さはに優れています。トヨタライズとの兄弟車ですが、開発から生産までダイハツが担っています。ロッキーは、本格クロカンではなく、クロスオーバー車です。ラダーフレームは採用せず、普通の乗用車と同じモノコックボディです。その分軽量で実用的な使い方が可能です。価格帯もお手頃で200万円以下で、ガソリン車が手に入ります。SUVブームだけど、いきなりハリアーとかはハードルが高いとお考えのビギナーSUV志望者にとって、大きな受け皿になっています。
良かった点
ロッキーは、ダイハツにとって数少ない普通自動車です。その分1台当たりの利益も大きく、ロッキーとライズは売り上げ好調でダイハツに貢献しています。人気の秘密はサイズ感です。全長4000ミリを切る小さなボディは、運転し易く軽自動車からの乗り換えにも十分対応可能です。また、途中で追加となったハイブリッドが特に好調です。エンジンは発電に使い、モーターで駆動するタイプです。システム的には日産のe-Powerとよく似ています。エンジンで発電して、即モーターを動かすので、バッテリーが他のハイブリッドよりも搭載を少なく出来るのもメリットです。その分コストダウン出来て販売価格を安価に設定出来ます。
気になった点
ガソリン車ノ1.0ターボも走りが良いです。所謂、ダウンサイジングターボで、80年代にあったドッカンターボではなく、「ターボ車ですよ 」と教えてもらわないとターボ車と認識出来ない、スムーズなパワー感です。ロッキーの気になる点は、エクステリアデザインです。兄弟車のライズとの比較に、どうしてもなってしまいます。ライズはトヨタデザインテーマであるキーンルックをモチーフに、王道のクロスオーバー車的なデザインで纏めています。丁度RAV4の弟分的な仕上がりです。対してロッキーは、六角形のフロントグリルを中心に、フロントマスクを構築しています。ロッキー単体で見ると悪くないのですが、ライズと比較すると少し分が悪いです。それでも好みの問題なので、実車で確認しましょう。
女性でも運転しやすい ちこりーた 投稿日2022年5月27日
ダイハツ ロッキー グレード:-
総合評価 1 2 3 4 4 4.0
総評
運転席から前側も後ろ側視界が開けており、小回りが利くコンパクトな5ナンバーサイズのため女性の私でも非常に運転がしやすいです。
価格帯も優しく、コンパクトSUVとして低燃費のため維持していく上でも費用が安いところも魅力です。
見た目はゴツゴツとしていてかっこよく、インテリアとしてもまとまりがあるとは感じます。
インテリアの一部に質感の低さを感じはしますが、値段的にも妥当なのかなと思っています。
良かった点
値段が優しく、そのわりにボディに重厚感がある点が魅力的です。
室内に広さを感じ、頭上にもゆとりがあります。
特に後部座席は女性が足を組んでもゆとりがあるなと感じます。
また後部座席を通常通り使用していてもラゲージ部分が大容量保てており、高さも奥行きもあるので便利です。
また荷物が多い場合は後部座席を倒してさらに広く使用することもできます。
街乗りはもちろんのこと大人数乗っても活躍する車です。
気になった点
購入する上でトヨタのライズとの比較は欠かせないのでしょうが、個人的には大差は感じませんでした。 ロッキーとして気になる点としては安全装備の点で、自動ブレーキの性能面などが一部ヤリスやヤリスクロスなどに比べると劣っている点でしょうか。 他はやはりインテリアの面では価格相応というか、質感が低いなと思います。 乗り心地についても、好き嫌いが分かれるでしょう。 車中泊などにもあまり向かないのではないかなという印象です。
静粛性が惜しい ノース 投稿日2022年5月24日
ダイハツ ロッキー グレード:1.2 X HEV
総合評価 1 2 3 3 4 3.5
総評
ダイハツのコンパクトSUVです。1200ccガソリンと1000ccガソリンターボのラインナップでしたが、ハイブリッドも新たに加わりました。スタイリングは誰もが想像するクロカン的なデザインです。質実剛健な雰囲気で本格的なスタイルですがコンパクトなので、堅苦しくはありません。むしろファニーな雰囲気です。そしてNISSANが得意とするシリーズハイブリッドも選べるようになりました。エンジンは完全にモーターの発電機に徹してエンジンがタイヤを動かす事はありません。タイヤを動かすのはモーターのみのハイブリッドです。ダイハツの新開発で、ハイブリッドの中では作り易いと言われています。
良かった点
無骨なスタイリングが良いです。都会で乗っている感じはトレッキングシューズを履いているように見えてカッコいいです。また田舎や山道ならそのままハマるスタイリングです。新しいハイブリッドはモーターのみで動くので滑らかで力感があります。特にスタート時はモーターのトルクの太さが印象的です。また足回りも特別太いタイヤ、外径が大きなタイヤではないので、乗り心地が良いです。突っ張った感じが無く無理なく動いている感覚があります。落ち着いた乗り心地です。
気になった点
静粛性は余り良くありません。先ずはロードノイズが室内に侵入します。ある程度は仕方ないですが、少し賑やか目です。そしてエンジンの透過音も気になります。市街地を軽く流す程度なら、それほど気になりませんが追い越しなどのここ1番では唸る感じでうるさいです。コスト面から遮音材を沢山使えないコンパクトカーなのでツラいところです。他はインパネ回りの質感はギリギリ我慢できますが、ドア周りの質感は軽自動車レベルです。ここは、クロカンらしくコストを掛けずにデザインで上手く処理して欲しいです。
ロッキーハイブリッド始めました。 NEUE TANZ 投稿日2022年5月18日
ダイハツ ロッキー グレード:1.2 プレミアム G HEV
総合評価 1 2 3 3 4 3.3
総評
ダイハツが作るコンパクトSUVはビーゴ&ラッシュの時代からトヨタと共同開発になっています。しかし主体はダイハツで案外、昔から小さなクロカンは作っていました。発売当初はガソリンのみのラインナップでしたが、途中でハイブリッドが追加になりました。
ハイブリッドは、1.2リットルエンジンを発電機として使い電気モーターで走るシリーズ式になります。日産得意の形式と同じになります。外観上の大きな変更点は無く、ブルーのダイハツエンブレムとフロントグリル、フロントフェンダーのe-SMART HYBRIDが識別ポイントになります。
良かった点
先ずはスタイリングが流行りを追わなかったのが良いです。クロカンらしい外観をコンパクトに纏めているので、逞しくもあり、可愛げがあるのが、エクステリアデザインの良いところです。そして搭載される1.2リットルエンジンは今どき新開発とビックリです。メーカーによっては今後のBEVの世の中に対応して、エンジン開発を止めたメーカーもある中で頑張っています。発電専用なのでシンプルな構造と高効率、コンパクトなサイズを実現しています。100%モーターでの走行となるため、低・中速走行に強く、街乗りでの使用頻度が高い小さなクルマに適したハイブリッドシステムだと感じました。
気になった点
割と騒がしく室内では感じます。発電機となるエンジンはほぼ掛かっている状態です。もちろん、エンジン停止、EV走行という場面も有りますが、頻度は少ないです。電池容量が小さいから仕方ないです。電池容量増やすとリーズナブルな価格設定が崩れるので難しいです。もう少しエンジン透過音が小さくならないかなぁ、と運転中は思ってしまいました。またエンジン音がせっかくの滑らかなモーター走行に水を差す感じがします。日産はこの点の制御や遮音の仕方がうまいです。ダイハツも出したばかりなので熟成させれば、もっと良くなるはずです。