車中泊を手軽に楽しもう! フリード・セレナからベンツまで…メーカー自ら手掛けた車中泊仕様 5選(1/2)

設計段階から車中泊仕様でした!「ホンダ フリードプラス」

ホンダのコンパクトミニバン「フリード」には、兄弟車の「フリードプラス」がある。

これは単にフリードの3列目シートを荷室に変更しただけの仕様ではない。専用の低床フラットフロアに専用テールゲート、専用ユーティリティボードなどが備わり、荷室の使い勝手はグンと向上している。

しかも注目したいのは後席のシートアレンジだ。後席をダブルフォールディングで倒し、背もたれのボードを倒すと、荷室にはフラットなスペースが誕生する!

これをホンダ自ら「おやすみモード」と命名していることからもわかる通り、最初から車中泊の用途を強く意識した設計なのである。

これなら安眠出来そう! 純正車中泊アイテムが豊富に揃うフリードプラス

純正アクセサリーには、このスペースに合わせた専用の寝床(ラゲッジクッションマット)や、窓を目隠しするプライバシーシェードなど、車中泊用のアイテムも多数用意されている。あとは好みに応じて寝袋などを用意すれば準備は万端だ!

人気のミニバンが車中泊仕様に変身!「日産 セレナ マルチベッド」

日産の人気ファミリーミニバン「セレナ」にも、車中泊仕様車の「セレナ マルチベッド」があるのをご存じだろうか。

日産の子会社、オーテックジャパンが手掛けたセレナ マルチベッドは2列シート仕様。収納式のベッドシステムが後部に備わっている。

それだけではなく、全てのシートとベッドボードには防水性のある素材を使用。汚れがふき取りやすく、手入れも簡単に出来る仕様となっている。こういった細かな心配りが純正仕様ならではの魅力だ。

商用車ベースのキャンピングカーでは無理! 最新の先進運転支援システム完備で楽々ドライブ旅を!

セレナ マルチベッドは、Sハイブリッドに加え、日産自慢のe-POWER仕様も設定。人気グレードのハイウェイスターVをベースにしたモデルもある。

もちろん最新ADAS(先進運転支援システム)「プロパイロット」も装着可能だから、ロングドライブを楽に楽しめる。週末が待ち遠しくなる1台だ。

日産/セレナ
日産 セレナカタログを見る
新車価格:
257.6万円419.2万円
中古価格:
17万円440万円

軽自動車最強の純正車中泊仕様「ホンダ N-VAN」

ミニバンだけでなく、軽自動車にも純正車中泊仕様のモデルは存在する。その代表格がホンダ N-VAN(エヌバン)だ。

スーパーハイトワゴンの「N-BOX」を皮切りにスタートしたホンダの軽自動車Nシリーズ。その中で初の商用車となるN-VANは、助手席・後席を収納することでフラットな荷室空間を生み出すモデルだ。その広大な空間を活用し、車中泊仕様とする純正アクセサリーが発売当初から用意され、人気を集めている。

純正アクセサリーのイチ押しは「外部電源入力キット」

ラゲッジボードは段差をフラットにするだけではなく、床下に空間を生み出すことで新たな荷室空間を確保する。スペースが限られる軽自動車だけに、この機能はありがたい。

また純正で外部電源入力キットが用意されているのも珍しい。近年は多くのキャンプ場で電源付サイトが用意されている。これがあれば、車両のバッテリーを使わずに車中泊で家電などを気軽に使えるようになる。N-VANで車中泊を考えているなら、ぜひオススメしたい便利なアイテムである。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 金乃竹塔ノ澤

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ フリード+の最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フリード+のカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フリード+の中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フリード+の記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フリード+のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる