コンパクトなサイズながら車中泊におすすめホンダ車3選|広い室内交換やメーカー純正アクセサリーなど魅力が満載

画像ギャラリーはこちら
昨今、人気のキャンプ・アウトドア。それに伴い車中泊ができるクルマにも注目が集まっている。今回は、車中泊を可能とする広い室内空間を備えたモデルだけでなく、さらに快適に過ごせるメーカー純正アクセサリーを備えたコンパクトなホンダ車3台を紹介する。
目次[開く][閉じる]
  1. “おやすみモード”が設定されている「フリード+」
  2. 5ナンバーサイズでも広々とした室内空間を備える「シャトル」
  3. 豊富な純正アクセサリーが魅力の「N-VAN」

“おやすみモード”が設定されている「フリード+」

最初に紹介するのは「フリード」の5人乗り仕様「フリード+(プラス)」。フリード+は、全長わずか4.3メートルにも満たない5ナンバーサイズのコンパクトミニバンという扱いやすいボディサイズが大きな魅力の1台だ。

フリード+は、3列シートレイアウトのフリードに対し、2列・5人乗りのレイアウト。しかし単に3列目(サードシート)を取り払っただけではなく、荷室部分を床面やテールゲートまで全て刷新し低床化。上下2段の荷室スペースを確保すると共に、後席を前倒しするとフラットな荷室面が現れる。

荷室の床面がフラットなのは他のモデルでもよく見られるが、フリード+はさらに工夫を加えている。メーカー純正の“車中泊”仕様として、フリード+では「おやすみモード」と呼ばれるシートアレンジがある。

前席(運転席・助手席)を前にスライドさせ、背もたれも前傾。同時に後席座面も前端までスライドさせたうえで前倒しさせることで、荷室空間を最大限まで拡張。後席背もたれと荷室の隙間をつなぐボードも備えており、フラットな床面はそのまま維持される。

「おやすみモード」にした場合、ラゲッジのバックドアから後席座面(後席は背もたれを前倒しするだけではなく、座面も前に倒す「ダブルフォールディング」式)までのおおよその距離は、実に180cm以上。前席の背もたれまでなら190cmを超える実寸がある。荷室幅も、最も狭いところでも120cm以上が確保されており、余裕で大人2人が寝ることが可能となる。

さらにフリード+では、より快適に車中泊が行えるアイテムが純正アクセサリーに用意されている。写真のマットレスは、ホンダアクセス製の「ラゲッジクッションマット」(2万2000円・税込)。

サイズは幅:約123cm×長さ:約180cm×厚さ:約3cmで、フリード+の「おやすみモード」にピッタリとハマるサイズ。直(じか)で寝ると気になりがちな床面のわずかな段差や凸凹も、しっかりと吸収してくれる優れものだ。

窓全面を内側から覆ってくれる「プライバシーシェード」(4万1800円・税込)も車中泊には必須のアイテム。純正なのでフィット感はもちろんのこと、車内側が明るいグレーで圧迫感が少ないのが嬉しい。また外側はブラックなので、夜なら外からガラス越しに見てもほとんどわからない状態。車中泊している状態を悪目立ちさせることもない。

5ナンバーサイズでも広々とした室内空間を備える「シャトル」

次に紹介するのは、2011年に発売されたフィットシャトルの後継モデルにあたり、現行モデルは2015年に登場した「シャトル」。コンパクトカーのフィットをベースに開発されており、フィットのワゴン版というイメージだが、遮音性能や室内の質感などにも力を入れているモデルだ。

フィットはコンパクトカーにもかかわらず、広い車内が最大の特徴だが、シャトルもまたフィットのウリを最大限に生かし、それに加えて広大なラゲッジルームを有する。

シートアレンジをしない状態で570リットルを確保し、2列目シートを倒した場合には1141リットルとなり、奥行きは184cmと広大なスペースとなる。身長180cm程度であれば余裕で車中泊が可能だ。

また、広いラゲッジはもちろんのこと、フィット同様に便利なシートアレンジも見逃せない。

ホンダのコンパクトカーはガソリンタンクを前席下に配するセンタータンクレイアウトを採用しており、車内フロアはフラット。加えて、2列目シートの座面を持ち上げるチルトアップ機構を備えており、ベビーカーや植木鉢といった背の高いものだって余裕で積むことができる。

さらに、ラゲッジルームからのシートアレンジも簡単。ラゲッジ側から2列目シートの肩部分にあるスイッチを押すだけと、片手で楽に操作できる。

先程のフリード+同様、国内の狭い道や駐車場でも扱いやすい5ナンバーサイズのシャトルながら、広大な室内空間、豊富なシートアレンジを備えるなど、車中泊にもうってつけの1台だ。

豊富な純正アクセサリーが魅力の「N-VAN」

最後に紹介するのは、同社の人気軽自動車N-BOXのプラットフォームを活用した軽貨物車「N-VAN」。

N-VANは、写真のように助手席・後席を収納することで広大かつフラットな荷室空間を生み出すモデル。そこにそのまま寝ても良いが、広大な空間を活用した車中泊仕様に仕立てる純正アクセサリーも発売当初から用意され人気を集めている。

写真のラゲッジボードは、助手席側と後部のセットで用意される。床へ直(じか)に寝るのでなく、運転席・助手席(収納せず前倒しだけした状態)の高さにボードを置き、そこが就寝スペースとなる。手荷物は綺麗に床下へ収納することができ、効率的な室内空間の活用が実現出来るすぐれものだ。

セットで10万円少々の純正「マルチボード」。ビギナーの方などは、まずここから気軽に車中泊をスタートしてみるのもありかもしれない。

また、純正アクセサリーには、AC100V/最大1500Wで外部接続用ケーブル付きの「外部電源入力キット」(3万7400円)なども用意されている。近年ではキャンプ場や車中泊専用スポットのRVパークなどに「電源付きサイト」が設けられているのでこちらもおススメのアイテムだ。

ここまで魅力的な3台のモデルを紹介してきた。どれも扱いやすい5ナンバーもしくは4ナンバーサイズに収まり、メーカー純正の車中泊向けアイテムが用意されているなど、信頼性の高さと品質の良さは折り紙付き。これから気軽にキャンプ・アウトドアや車中泊などを始めたいと思っている方は、一度検討してみてはいかがだろうか。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

ホンダ/N-VAN
ホンダ N-VANカタログを見る
新車価格:
127.6万円187.2万円
中古価格:
59万円338.5万円
ホンダ/フリード+
ホンダ フリード+カタログを見る
新車価格:
236.9万円308.4万円
中古価格:
93.6万円332.5万円
ホンダ/シャトル
ホンダ シャトルカタログを見る
新車価格:
180.8万円277.2万円
中古価格:
72.8万円2,285.9万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

望月 達也(MOTA編集部)
筆者望月 達也(MOTA編集部)

1984年生まれ。埼玉県出身。週末はサッカーや自転車でツーリングなど体を動かすことが大好きな1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ N-VANの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-VANのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-VANの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-VANの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-VANのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる