プリウス vs 新型ノート オーラ “プレミアムハイブリッド対決”! 新型オーラ、プリウスに”燃費”以外では勝利!?【動力性能&コスパ勝負!】

  • 筆者: 渡辺 陽一郎
  • カメラマン:茂呂 幸正・小林 岳夫・NISSAN・TOYOTA
画像ギャラリーはこちら
日産から、新型プレミアムコンパクトカー「ノート オーラ」が発表された。“プレミアム”を名乗るだけあって、日産自ら、ひとクラス上の『トヨタ プリウス』の名をライバルとして挙げていた。

そんなライバル関係にある人気ハイブリッドカーのプリウスと、新型ノート オーラを、国内外の新車事情に精通するカーライフジャーナリスト 渡辺 陽一郎氏が徹底比較。後編ではノート オーラとプリウスの動力性能とコストパフォーマンスを中心にお届けしよう。

>>トヨタ プリウスと日産 新型オーラ(ノート オーラ)を写真で見る[画像87枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 新型ノート オーラのライバルはコンパクトカーにあらず! 挑むのはひとクラス上のハイブリッドキング“プリウス”だ
  2. 動力性能や走行安定性は小柄な新型ノート オーラが有利だが乗り心地の面ではプリウスも健闘
  3. 燃費性能はいまだにプリウスが有利! 装備の先進性や機能面では最新モデルの新型ノート オーラが強い
  4. “プレミアムハイブリッド対決”は設計の新しいノート オーラに軍配! ただし長距離移動や多人数乗車の需要が多いユーザーにはプリウスも検討価値あり

新型ノート オーラのライバルはコンパクトカーにあらず! 挑むのはひとクラス上のハイブリッドキング“プリウス”だ

トヨタ プリウス vs 日産 新型ノート オーラの徹底比較、前編ではノート オーラとプリウスの内装と使い勝手を中心にお届けした。

後編となる今回は、余裕を持たせた動力性能や燃費、コストパフォーマンスといった面を中心に、“プレミアムハイブリッド”の特徴と魅力について比較していこう。

動力性能や走行安定性は小柄な新型ノート オーラが有利だが乗り心地の面ではプリウスも健闘

勝負その5! 動力性能比較

ノート オーラのハイブリッドシステム“e-POWER(イーパワー)”は、エンジンが発電を行い、その電力を使ってモーターを駆動する。モーターの最高出力は136馬力、最大トルクは30.6kg-mとされ、ノートに比べてパワーアップされた。最高出力は17%、最大トルクは7%向上している。

2WDの車両重量は、ノート オーラGが1260kg、プリウス Sは1450kgだ。プリウスでもパワー不足はないが、車両重量の違いも含めると、加速感はノート オーラに余裕がある。

エンジンノイズは、アクセルペダルを踏み込むとノート オーラでは3気筒特有の粗い音質が耳障りだが、通常のは静かだ。モーター駆動の滑らかな加速感が際立つ。

■勝者:ノート オーラの勝ち

勝負その6! 走行安定性比較

日産 ノートは現行型でプラットフォームを刷新して、業務提携を結ぶルノーのルーテシアと同じタイプを使う。そのために新型ノート オーラも、走行安定性と操舵感が良好だ。ステアリング操作に対して、車両が比較的機敏に反応するから、進行方向を変えやすい。下り坂のカーブで危険を避けるためにブレーキを作動させた時も、後輪の接地性を失いにくい。

トヨタ プリウスはノート オーラに比べてボディの重さを意識させる。マイナーチェンジで後輪の接地性を高めたが、操舵感は穏やかだ。峠道を走ると、プリウスは少し曲がりにくく感じる場面もある。

その代わりボディが少しワイドでホイールベースも長く、直進安定性は良い。高速道路を巡航する時には、ミドルサイズの余裕を感じる。

■勝者:ノート オーラの勝ち

勝負その7! 乗り心地比較

ノート オーラは上級指向のコンパクトカーだが、乗り心地は少々硬い。車両の性格を考えると、後輪の接地性は高く維持しながら、機敏に曲がる性格は抑えて、乗り心地を向上させて欲しい。ややスポーティ感覚が強過ぎると思える。

トヨタ プリウスも乗り心地が快適とはいえないが、足まわりはもう少し柔軟に伸縮する。ホイールベースの違いも利いている。

■勝者:プリウスの勝ち

燃費性能はいまだにプリウスが有利! 装備の先進性や機能面では最新モデルの新型ノート オーラが強い

勝負その8! 安全装備&運転支援比較

ノート オーラ、プリウスともに、4輪車、自転車、歩行者に対応できる衝突被害軽減ブレーキを採用する。ノート オーラでは、2台先を走る車両も検知して、システムを早期に作動させることが可能だ。その代わり作動速度の上限は時速80kmとされ、プリウスとの比較では、一長一短がある。

車間距離を自動制御できるクルーズコントロール、車線の中央を走れるように操舵制御する機能は、両車ともに採用する。ただしノート オーラの「プロパイロット」はオプションだ。

■勝者:引き分け

勝負その9! 燃費性能比較

2WDのWLTCモード燃費は、ノート オーラが27.2km/L、トヨタ プリウス Sは30.8km/L(ツーリングセレクションは27.2km/L)。プリウスはボディが大きく、車両重量も重いが、燃費数値はノート オーラよりも優れている。

■勝者:プリウスの勝ち

勝負その10! 装備と価格比較

日産 新型ノート オーラ Gは、プリウス Sに備わらない機能として、後方の並走車両などを検知する安全装備、ハイビーム状態を保ちながら対向車などの眩惑を抑えるアダプティブLEDヘッドランプ、LEDフォグランプ、液晶タイプのインテリジェントルームミラーなどを標準装着した。

その一方でプリウスには、8インチのディスプレイオーディオ、車間距離を自動制御できる運転支援機能などが装着される。

ノート オーラの場合、運転支援機能のプロパイロットは、日産コネクトナビやBOSEパーソナルサウンドシステムなどとセットで、40万1500円のオプションになる。装備内容は両車ともに異なるが、全般的に見るとノート オーラが充実している。

■勝者:ノート オーラの勝ち

<結果:5勝4敗1引き分け>

“プレミアムハイブリッド対決”は設計の新しいノート オーラに軍配! ただし長距離移動や多人数乗車の需要が多いユーザーにはプリウスも検討価値あり

日産 新型ノート オーラは、前述の通り大量に売ることを目的に設定され、機能や装備を充実させて価格を抑えた。新型車とあって、2015年に登場したプリウスに比べると、先進機能も盛り込まれている。

ただしボディはプリウスよりも小さく、当然ながらコンパクトカーを運転している感覚だ。プリウスにはミドルサイズの快適性が伴う。3名以上で乗車したり、長距離を移動する機会が多いユーザーには、後席の足元空間にも余裕のあるプリウスのメリットが際立つ。

またノート オーラにプロパイロットを装着すると、40万円以上のセットオプションになって価格が300万円を超える。ノートにも当てはまる話だが、プロパイロットを含めて、人気の高い装備を網羅した特別仕様車が必要だ。

全般的に設計の新しいノート オーラが注目されるが、用途に応じて選びたい。

[筆者:渡辺陽一郎/撮影:茂呂 幸正・小林 岳夫・NISSAN・TOYOTA]

トヨタ/プリウス
トヨタ プリウスカタログを見る
新車価格:
259.7万円364万円
中古価格:
20万円2,150万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 金乃竹塔ノ澤

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ プリウスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ プリウスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ プリウスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ プリウスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ プリウスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる