メニュー

トヨタ プリウスの価格・カタログ情報|新車・中古車の自動車カタログ

外装・内装写真

ボディサイズ

4600×1780×1420 mm (全長×全幅×全高)

燃費

JC08モード: -km/L

WLTCモード: 26.0~32.6km/L

  • このアイテムをシェアする

トヨタ プリウスの新車価格・取扱店

新車価格
275万円 460万円 最新モデル(5代目)2022/12/01~販売中
販売店
新車・未使用車・リース取扱店を検索
リース価格
複数社比較で、最安値を検索

トヨタ プリウスの中古車価格

中古車価格
29.8万円 648万円 中古車の掲載台数:9266台
1.8 万円 280.8 万円
(グレードによって異なります)
愛車の査定を依頼する
人気ランキング
1
(ハッチバック)
評判・口コミ
4.0 pts
(46人)
ガイド記事数
256記事
 
モデル概要

ハイブリッドカーのパイオニアとして誕生して以来、進化を重ねた4代目。新設計のボディ骨格「TNGA:Toyota New Global Architecture」の採用により、思い通りの走り、さらに優れた燃費、車内の静粛性、適正化された運転姿勢など、様々な面で性能がアップしている。障害物や歩行者を検知し、衝突を防ぐプリクラッシュブレーキも搭載。プリウス初となる4WDグレードも設定された.

メーカー公式サイト

派生車種
プリウスEX プリウスPHV プリウスα
モデル概要

ハイブリッドカーのパイオニアとして誕生して以来、進化を重ねた4代目。新設計のボディ骨格「TNGA:Toyota New Global Architecture」の採用により、思い通りの走り、さらに優れた燃費、車内の静粛性、適正化された運転姿勢など、様々な面で性能がアップしている。障害物や歩行者を検知し、衝突を防ぐプリクラッシュブレーキも搭載。プリウス初となる4WDグレードも設定された.

メーカー公式サイト

派生車種
プリウスEX プリウスPHV プリウスα
グレード別の新車・中古車価格
2.0 Z CVT
2022/12/01 ~ 販売中
336.4万円 ( 中古車: 370万円~628万円 )
2.0 Z E-Four 4WD CVT
2022/12/01 ~ 販売中
356.4万円 ( 中古車: 368万円~555万円 )
2.0 G CVT
2022/12/01 ~ 販売中
290.9万円 ( 中古車: 298万円~472.4万円 )
2.0 G E-Four 4WD CVT
2022/12/01 ~ 販売中
310.9万円 ( 中古車: 360万円~418万円 )
1.8 U CVT
2022/12/01 ~ 販売中
271.8万円 ( 中古車: 309万円~377万円 )
1.8 U E-Four 4WD CVT
2022/12/01 ~ 販売中
291.8万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
1.8 X CVT
2022/12/01 ~ 販売中
250万円 ( 中古車: 275万円~390万円 )
1.8 X E-Four 4WD CVT
2022/12/01 ~ 販売中
270万円 ( 中古車: 259.9万円~336.9万円 )
2.0 プラグインハイブリッド Z CVT
2023/03/01 ~ 販売中
418.2万円 ( 中古車: 429.9万円~570万円 )
モデル概要

ハイブリッドカーのパイオニアとして誕生して以来、進化を重ねた4代目。新設計のボディ骨格「TNGA:Toyota New Global Architecture」の採用により、思い通りの走り、さらに優れた燃費、車内の静粛性、適正化された運転姿勢など、様々な面で性能がアップしている。障害物や歩行者を検知し、衝突を防ぐプリクラッシュブレーキも搭載。プリウス初となる4WDグレードも設定された.

メーカー公式サイト

派生車種
プリウスEX
2009/6/1~
プリウスPHV
2012/1/1~
プリウスα
2011/5/1~

トヨタ プリウスの総合評価

総合評価
4.0 (46)
外観
4.1
内装
3.3
走行性
4.1
運転しやすさ
3.6
乗り心地
3.8
燃費・維持費
4.8

トヨタ プリウス 関連記事・ニュース・最新情報

最新の関連記事・ニュース

関連動画

自動車購入ガイド

トヨタ プリウス 歴代モデル・グレード・新型情報

歴代モデル

グレード・モデル情報(プリウス 2022年式モデル)




グレード 2.0 Z CVT 2.0 Z E-Four 4WD CVT 2.0 G CVT 2.0 G E-Four 4WD CVT 1.8 U CVT 1.8 U E-Four 4WD CVT 1.8 X CVT 1.8 X E-Four 4WD CVT 2.0 プラグインハイブリッド Z CVT
新車価格
370万円
392万円
320万円
342万円
299万円
321万円
275万円
297万円
460万円
中古車価格
370万円~628万円
368万円~555万円
298万円~472.4万円
360万円~418万円
309万円~377万円
価格情報収集中
275万円~390万円
259.9万円~336.9万円
429.9万円~570万円
発売日 2022年12月01日 2022年12月01日 2022年12月01日 2022年12月01日 2022年12月01日 2022年12月01日 2022年12月01日 2022年12月01日 2023年03月01日
排気量 1,986 cc 1,986 cc 1,986 cc 1,986 cc 1,797 cc 1,797 cc 1,797 cc 1,797 cc 1,986 cc
エンジン区分 ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド
燃費
燃料 レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー
駆動方式 FF 4WD FF 4WD FF 4WD FF 4WD FF
ミッション CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT
ハンドル
定員 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名
最小回転半径 5.4 m 5.4 m 5.4 m 5.4 m 5.3 m 5.3 m 5.3 m 5.3 m 5.4 m





全長 4,600 mm 4,600 mm 4,600 mm 4,600 mm 4,600 mm 4,600 mm 4,600 mm 4,600 mm 4,600 mm
全幅 1,780 mm 1,780 mm 1,780 mm 1,780 mm 1,780 mm 1,780 mm 1,780 mm 1,780 mm 1,780 mm
全高 1,430 mm 1,430 mm 1,430 mm 1,430 mm 1,420 mm 1,420 mm 1,420 mm 1,420 mm 1,430 mm
車両重量 1420kg 1480kg 1400kg 1460kg 1360kg 1420kg 1350kg 1410kg 1570kg



最高出力(kW[PS]/rpm) 112[152]/6,000 112[152]/6,000 112[152]/6,000 112[152]/6,000 72[98]/5,200 72[98]/5,200 72[98]/5,200 72[98]/5,200 111[151]/6,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 188[19.20]/5,200 188[19.20]/5,200 188[19.20]/5,200 188[19.20]/5,200 142[14.50]/3,600 142[14.50]/3,600 142[14.50]/3,600 142[14.50]/3,600 188[19.20]/5,200
過給機


タイヤサイズ(前輪) 195/50R19 195/50R19 195/50R19 195/50R19 195/60R17 195/60R17 195/60R17 195/60R17 195/50R19
タイヤサイズ(後輪) 195/50R19 195/50R19 195/50R19 195/50R19 195/60R17 195/60R17 195/60R17 195/60R17 195/50R19

トヨタ プリウス 中古車情報

相場表

在庫量に合わせて色を変えています。
全体の10% 全体の5% 全体の3% 全体の1%以上
年式 2023
(R5)
2022
(R4)
2021
(R3)
2020
(R2)
2019
(R1)
2018
(H30)
2017
(H29)
2016
(H28)
2015
(H27)
2014
(H26)
2013
(H25)
2012
(H24)
2011
(H23)
2010
(H22)
2009
以前
(H21)
価格 物件数 502 83 261 468 1063 824 851 1889 279 287 505 646 444 717 423
400万円~ 371 370 1
~400万円 92 90 1 1
~350万円 57 34 4 8 4 4 1 1 1
~300万円 310 8 44 74 67 86 3 12 16
~250万円 1109 30 155 261 440 63 59 100 1
~200万円 338 2 10 37 105 83 35 64 1 1
~190万円 529 9 33 135 120 77 144 11
~180万円 598 3 27 98 144 118 195 10 1 1 1
~170万円 636 3 18 60 129 125 287 10 1 2 1
~160万円 648 1 15 63 110 128 284 17 2 9 11 1 4 3
~150万円 489 2 44 69 87 246 24 2 6 1 6 2
~140万円 393 4 19 37 71 199 17 7 10 10 7 9 3
~130万円 303 7 38 59 137 20 15 13 10 1 2 1
~120万円 272 18 41 108 30 20 25 21 3 5 1
~110万円 231 3 23 52 38 38 37 26 3 7 4
~100万円 298 5 13 42 37 48 59 61 11 16 6
~90万円 357 1 2 12 32 59 83 92 24 35 17
~80万円 400 2 14 35 111 122 39 59 18
~70万円 454 1 11 37 71 111 76 97 50
~60万円 1357 8 24 80 178 278 474 315

トヨタ プリウス レビュー・口コミ評価

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

  • 天晴れ!
  • メタメタ
  • 投稿日 2023年2月9日
2022年式モデル  グレード:2.0 G
総合評価
3.5
外観
4
内装
3
走行性
4
運転しやすさ
3
乗り心地
3
燃費・維持費
4
総評

今までのプリウスでは考えられない程、スタイリッシュでセクシーな5代目プリウスが登場しました。スタイリングのカッコ良さはリアビューが良いとかサイドビューが良いでは無くて、全方位的にカッコいいです。いやはや、驚きました。各方面からデザインが絶賛されている新型プリウス。燃費スペシャル的なクルマ、つまりハイブリッドではそこまでの有り難みが無くなった今、ユーザーに訴求するのはクルマ本来の魅力を増す事とTOYOTAは捉えたようです。その狙いはズバリ的中で、ショッピングリストには長い行列が出来ています。新型プリウスは2.0リッターガソリンのハイブリッドになり、システム出力は144kW(196PS)有ります。史上最強です(笑)まさかプリウスがこんなカタチ、性能で出てくるとは夢にも思いませんでした。あっぱれ。因みに1.8ハイブリッドもあります。

良かった点

未来的で肉感的で、かつスポーティーです。bZ4Xのような難解なデザインでは無くて、小さな子どもが見てもカッコイイと発しそうなデザインです。コレだけのできあがりは、今後レクサスのデザイナーにプレッシャーを掛けるくらいのパワーがデザインにあります。また走りも先代を凌駕しています。パワー不足の5文字はプリウスには無くなりました。コレは新しい2リッターハイブリッドの評価になりますが。モーターの守備範囲が広がっていて、走りの良さは乗って直ぐに分かります。アクセルコントロールが感性にそったもので、これが気持ちいいです。静粛性もかなり進化しました。

気になった点

足まわりの精度感が上がった感じはしますが、少し硬めに感じました。バネ下の重量はそんなに重く無いはずなので、改良改善を期待します。もっと乗り心地が良かってもバチら当たりません。素晴らしいエクステリアの陰でインテリアは普通です。内装デザインもっと頑張って欲しかったです。質感もイマイチです。追いついていません。もう少し質感を全体的に上げて欲しいです。またスタイリングとの兼ね合いで室内は正直なところ狭く感じます。先代も広くは無かったですが、後席空間は少しはマシでした。

13人
  • 世界一のハイブリッド
  • でんでん
  • 投稿日 2023年2月5日
2022年式モデル  グレード:-
総合評価
4.2
外観
5
内装
3
走行性
5
運転しやすさ
4
乗り心地
3
燃費・維持費
5
総評

新型プリウスを最初に見た時は、衝撃的でした。低く構えたシルエットで、ゴテゴテしたデザインを廃して、全体的なフォルムで勝負しています。トヨタの電気自動車群のデザインテーマである、ハンマーヘッドデザインを踏襲して、一目でトヨタ車とも認識できます。私が1番凄いと思った部分は、フロントです。ハンマーヘッドデザインと小さなフロントグリルを繋ぐ面構成が、ボリューム豊かな起伏があり、プリウス全体のデザイン質感を大きく向上させています。これが無いと、ノッペリしたフロントになるので重要なデザイン要素です。

良かった点

プリウスの見どころは沢山あります。フロントドア下から蹴り上がる、キャラクターラインやリアドアハンドルをピラー内に納めて、一見2ドア風に見せる手法、リアライトの一文字デザイン、スパッと切り落としたリアエンド等、枚挙にいとわないです。プリウスの1番人気であった3代目のエクステリアデザインを上手く活用して、最新のトヨタデザインテイストでまとめた感じました。後世まで語り継がれる、素晴らしいエクステリアデザインです。プリウスはデザインどけで無く走りも充実しています。

気になった点

1.8リッター4気筒ガソリンエンジンから2.0リッターとなり、またダイナミックフォース技術で極限まで、熱効率を追求した結果、先代と燃費は同等ながら高出力を得ています。動力性能を上げながらドバイバビリティを向上させてるのは感心します。プリウスの唯一の不満は、納期です。半導体不足の影響ですガソリン、問題はそのでは無く通常購入とサブスクで格差がある点です。サブスク優先の配車のようで、ユーザーから不満の声があるそうです。サブスクが儲かるのは分かりますが、そこは同等の納車にしないと不公平です。

23人
  • 最強プリウス
  • まーさん
  • 投稿日 2023年2月5日
2022年式モデル  グレード:-
総合評価
4.0
外観
5
内装
3
走行性
4
運転しやすさ
3
乗り心地
4
燃費・維持費
5
総評

新型プリウスが話題です。5代目にしてコンセプトを修正しました。今までは燃費向上の十字架を自ら背負い、自分自身のポジショニングを見失っていました。しかし今回のプリウスは、燃費向上の呪縛から自らを解放し、ハイブリッドだからのエクスキューズを取り除き、マイカーとはどうあるべきかの初心に戻りました。答えは単純にカッコ良い車です。幾ら燃費が良くても、幾ら乗り心地が良くても、スタイリングが悪ければ自家用車は売れませんし、人気も出ません。5代目プリウスは、エクステリアデザインを一新し、プリウスだから許されるデザインではなく、自家用車としてスポーティで質感高い造形を完成させました。

良かった点

4ドアセダンのカテゴリーながら、クーペ風のスタイルは、世界的に高評価となりました。世界デビューを発表した際、イエローとブルーの新型プリウスが舞台へ登場し、背景色を対にする事でプリウスを浮かび上がられる演出がされました。カラーは、明らかにウクライナの国旗を意識したもので、トヨタがロシアの自動車生産を捨て、ウクライナを応援する姿勢が映りました。流石はトヨタさん。注文されたのは、まるでスポーツカーのようなデザインです。また、2.0リッターへと排気量アップされた、トヨタハイブリッドシステムです。燃費が良いのは当然として、瞬発力も向上しました。

気になった点

TNGAを使ったシャーシは、フロントストラット、リアダブルウィッシュボーンを踏襲し、更なるブラッシュアップを図っています。乗り心地は、ボディ剛性に直結します。強固なボディにするば、自ずとサスペンションが動くからです。プリウスはその基本を守っています。ボディ剛性の向上は、簡単な様で難しいです。補強すれば剛性アップしますが、重く材料コストもアップします。その相反する条件を上手くバランスさせる事が難しいのです。最近のトヨタ車は、軒並み乗り心地が良いです。トヨタさんの技術力が高い性根だと思います。

15人
  • ハイブリッド世界一奪還
  • ユッコ
  • 投稿日 2023年2月4日
2022年式モデル  グレード:-
総合評価
4.2
外観
5
内装
3
走行性
4
運転しやすさ
4
乗り心地
4
燃費・維持費
5
総評

新型プリウスが話題になってます。世界初の量産ハイブリッド車として、初代プリウスが誕生して、今回で5代目となります。プリウスはハイブリッド車の代名詞であり、トヨタハイブリッドシステムの先進性と優位性を世界に知らしめました。しかし、ライバル達も黙っておりません。燃費以外のところ、走行フィールで差別化を図り猛追してきました。また、先代プリウスのエクステリアデザインが不評で、プリウスとして初めての課題を突き付けられました。プリウスも燃費だけでは勝負でき無いのだと悟りました。そこで勝負を掛けてきたのが、新型プリウスです。

良かった点

新型プリウスは、今後のプリウスをどうすべきなのか激論したそうです。その答えとして出たのが、所有する喜びを持てる車に仕上げる事です。エクステリアデザインを徹底的に見直しました。全高を下げ、ボンネットとフロントガラスのラインを繋げてワンモーションのスタイリングにしました。フロントデザインも、現行トヨタデザインのトレンドである、
ハンマーヘッドとし、塊感のある意匠とし、余計なプレスラインを無くしました。その結果、まるでスポーツカーの様なカッコイイ車となり、最初のラインオフ生産分は、即完売の大人気となりました。

気になった点

プリウスの弱点は、生産キャパです。世界的な半導体不足により、本来のMax生産には程遠い製造となっています。ですから、どうしても納期が長くなり、手に入れるまでの時間が必要です。それでも、1年待てるのであれば、直ぐにオーダーした方が良いです。それと、インテリアで気になったポイントは、メータークラスターです。液晶表示は良いのですが、コストダウンの影響か、画面が必要最低限のサイズで、電気自動車との共用部品となっており、貧素な感じです。液晶を用いるのなら、横いっぱいに液晶サイズを広げるのが、液晶表示を使う上でのスタンダードです。プリウスは数が出るので、その辺はケチる必要は無いです。

6人

カーソムリエによる試乗レポート・評価

  • ちこりーたさん
    3.7
    外観:
    3.8
    内装:
    3.7
    走行:
    4.0

    燃費の面は最高です!

    両親が乗っており、帰省した際にはよく運転したり、後ろに乗せてもらったりしています。ソファもクッション性があり乗り心地が良く、室内も4人乗ってもゆったりできます。後部座席にチャイルドシートをつけても圧迫感を感じません。また、プリウスは燃費がとにかく良いのが最大の武器です。以前乗っていたものと比べても、ガソリン代が半分になったと言っても過言ではないくらい大幅に減り喜んでおります。そして、走行中の音がとにかく静かです。後ろから近付いているにも関わらず、歩行者にクラックションをならさないと気づいてもらえないことも多々あったくらいです。そのため音が静かな分、夜遅くに帰ってきても周りを心配することがありま....続きを読む

  • 原さん
    3.8
    外観:
    4.0
    内装:
    3.7
    走行:
    4.0

    ブルーメタリック

    マイナーチェンジ後のプリウスに試乗しました。ブルーメタリックのボディカラーがエクステリアと合っていて、気分も晴れるような爽快な爽やかさのある外見だと思いました。マイナーチェンジ前は、ヘッドライトとテールランプが、個性的な好き嫌いのハッキリとしたデザインでしたが、現行型は親しみやすいデザインで自分的には現行型の方が好きなデザインでした。 インテリアは、プリウスPHVのような大画面ディスプレイが選べるので、どうせ買うならこれにしたいと思いました。画面が大きいことによりナビの地図が広域を見れるので、方向や道をイメージしやすくてとても見やすかったです。車内も広いのでゆったりと出来るだけのスペースがあ....続きを読む

  • Super Deluxeさん
    3.6
    外観:
    3.2
    内装:
    3.6
    走行:
    4.0

    低燃費へのこだわり

    S ツーリングセレクションに試乗しました。 まず、プリウスといえば、燃費性能です。 ハイブリッドは多くの車種がラインナップされるようになりましたが、これほど燃費にこだわった車はないと思います。 プリウスの購入を検討する人はまずここに着目していることと思いますし、圧倒的な低燃費を期待せずにはいられません。 もうひとつは、先進イメージです。 空力性能を重視した独特の外観デザインと、センターメーターに代表される先進的で個性的なインパネが特徴的です。これは好き嫌いが分かれる部分でもありますが、プリウスならではの世界観が表現されているポイントです。 そのほかにも、新しいTNGAプラットフ....続きを読む

みんなの口コミ

  • ハナジマさん(納車されたよ)
    1.5 S
    地域: 千葉県
    投稿:2008年9月24日
    コメント

    ハイブリッド車はまだまだ高いと思いますが、性能や燃費を考えると、プリウスはホントにおすすめと自信を持って言えます(事前にオートックワンさんで比較検討できたので) 1週間前に納車されたばかりで、装備の使い方・効率的な走行については、まだまだ勉強中(?!)ではありますが、楽しみです。 家族は室内の狭さを心配していましたが、納車され、実際に座ってみると、乗り心地が良く、思っていたより圧迫感は感じませんでした。 また、ハッチバックなので、荷物も充分積めます(エコ車にこれ以上希望する事は無理なのかも。。) 気をつけることは、静かなので、目のご不自由なかたや、お年を召したかたの近くを走行する時には、細心の注意が必要です。 また、納車まで日にちがかかるので、購入まで余裕をもたれたほうが良いです。ちなみに、私は納車まで2ヶ月かかった為、以前の車の車検の関係で、約2週間車のない生活でした。

  • Torigonさん(納車されたよ)
    1.5 Gツーリングセレクション レザーパッケージ
    地域: 埼玉県
    投稿:2008年9月28日
    コメント

    私は、1500CCにしては、加速も良く、燃費が良いので大変満足しています。 燃費重視なら、Sシリーズがお勧め(車重が軽い)ですが、装備・性能の面で「Gツーリングセレクション・レザーパッケージのフルオプション」を選択しました。 信号停止時に、アイドリングストップするのには感動物でした。 JBLオーディオオプションも、そこそこ満足しています。 また、納期が、3ヶ月掛りましたが、ディーラーに「ガソリン満タン」での納車をお願いし、受け入れてもらいました。 買って、損の無い車だと思います。 来年、新型車がリリースされますが、これだけ、売れているのが、その証拠だと思います。

  • なでしこのはなさん(納車されたよ)
    1.8 G
    地域: 茨城県
    投稿:2011年2月16日
    コメント

    上り坂などで力不足を感じることも有るが、アクセルを踏み込めば結構力は出て、瞬間的には燃費が悪くなっても挽回できることは分かって来ました。しかし、35キロ/リットルという記録は約百キロの走行で確認出来ただけで、17000キロ走行全体では23.4キロ(夏場は25キロくらいだったのだが)最新の雪道を含む1000キロでは22.2キロとかなり落ちています。他の方の投稿で3000キロ走って20キロくらいと有りましたが、それと同じでしょうか?気温や道路状況に寄ることなのでは有りますが、アイドリングを止めることでかなり改善出来そうですね。

トヨタ プリウス買取・査定

MOTAが提供する中古車買取一括査定サービス「MOTA車買取」からの情報です。

買取相場

モデル 年式 中古車価格相場 査定買取価格相場 MOTA車買取査定申込
プリウス 2022年式モデル
プリウス 2022年式モデル
2023年 259.9万円 ~ 628万円 251.2万円 ~ 295.6万円 MOTA車買取査定に申込む
2022年 165万円 ~ 338万円 142.8万円 ~ 210.9万円 MOTA車買取査定に申込む

最近のMOTA車買取の査定実績 | トヨタ プリウスの買取相場 更新日2023年12月08日

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。

車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。

  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 1.8 S
    年式:2009年 | 走行:~11万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 25 .6万円~ 38万円
  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 1.8 S ツーリングセレクション
    年式:2014年 | 走行:~9万キロ | 色:真珠 | 状態:
    MOTA車買取査定額 63 .4万円~ 74万円
  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 1.8 G
    年式:2010年 | 走行:~9万キロ | 色:赤 | 状態:
    MOTA車買取査定額 32 .7万円~ 37.9万円
  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 1.5 S
    年式:2009年 | 走行:~12万キロ | 色:赤 | 状態:
    MOTA車買取査定額 21 万円~ 24万円
  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 1.8 S
    年式:2011年 | 走行:~5万キロ | 色:灰 | 状態:
    MOTA車買取査定額 41 .6万円~ 48.5万円
  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 1.8 S
    年式:2018年 | 走行:~8万キロ | 色:銀 | 状態:
    MOTA車買取査定額 110 万円~ 120万円
  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 1.8 A E-Four 4WD
    年式:2018年 | 走行:~3万キロ | 色:金 | 状態:
    MOTA車買取査定額 110 万円~ 150万円
  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 1.8 A
    年式:2020年 | 走行:~8万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 130 万円~ 140万円
  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 1.8 A ツーリングセレクション
    年式:2016年 | 走行:~13万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 83 万円~ 98万円
  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 1.8 L
    年式:2010年 | 走行:~14万キロ | 色:茶 | 状態:
    MOTA車買取査定額 16 万円~ 36万円
  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 1.8 S
    年式:2019年 | 走行:~5万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 130 .1万円~ 160万円
  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 2.0 G
    年式:2023年 | 走行:~1万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 332 万円~ 345万円
  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 1.8 L
    年式:2011年 | 走行:~12万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 16 万円~ 30万円
  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 1.8 A E-Four 4WD
    年式:2019年 | 走行:~12万キロ | 色:茶 | 状態:
    MOTA車買取査定額 90 .1万円~ 105.1万円
  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 1.8 S
    年式:2019年 | 走行:~4万キロ | 色:真珠 | 状態:
    MOTA車買取査定額 155 .1万円~ 171.1万円
  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 1.8 E
    年式:2017年 | 走行:~5万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 140 万円~ 160万円
  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 1.8 A ツーリングセレクション
    年式:2016年 | 走行:~11万キロ | 色:赤 | 状態:
    MOTA車買取査定額 70 万円~ 100万円
  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 1.8 S
    年式:2010年 | 走行:~11万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 22 万円~ 35万円
  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 1.8 S ツーリングセレクション
    年式:2019年 | 走行:~5万キロ | 色:真珠 | 状態:
    MOTA車買取査定額 175 万円~ 220万円
  • トヨタ 査定依頼日:2023年12月06日
    プリウス 1.8 S
    年式:2010年 | 走行:~8万キロ | 色:真珠 | 状態:
    MOTA車買取査定額 37 .5万円~ 45万円
トヨタ プリウスのMOTA車買取の査定実績をもっと見る

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。

車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。

トヨタ プリウスを見た人はこんな車も見ています