トヨタ プリウス vs 日産 新型ノート オーラ “プレミアムハイブリッド対決”! ひとクラス上のプリウスに内装の質感で勝利したオーラ【前編・内装&使い勝手勝負】

  • 筆者: 渡辺 陽一郎
  • カメラマン:茂呂 幸正・小林 岳夫・NISSAN・TOYOTA
画像ギャラリーはこちら
日産から、新型プレミアムコンパクトカー「ノート オーラ」が発表された。“プレミアム”を名乗るだけあって、日産自ら、ひとクラス上の『トヨタ プリウス』の名をライバルとして挙げていた。

そんなライバル関係にある人気ハイブリッドカーのプリウスと、新型ノート オーラを、国内外の新車事情に精通するカーライフジャーナリスト 渡辺 陽一郎氏が徹底比較。前編ではノート オーラとプリウスの内装と使い勝手を中心にお届けしよう。

>>トヨタ プリウスと日産 新型オーラ(ノート オーラ)を写真で見る[画像77枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 新型ノート オーラのライバルはコンパクトカーにあらず! 挑むのはひとクラス上のハイブリッドキング“プリウス”だ
  2. 扱いやすいサイズと質感の高い内装でプリウスを圧倒する新型ノート オーラ
  3. 室内や荷室の広さは車体の大きいプリウスが有利! ただしノート オーラはシートの良さでプリウスを上回った

新型ノート オーラのライバルはコンパクトカーにあらず! 挑むのはひとクラス上のハイブリッドキング“プリウス”だ

日産がコンパクトカーの新型「ノート」を発表したのは2020年11月。そこから約半年後の2021年6月には、早くも上級シリーズの新型「ノート オーラ」を追加した。

新型ノート オーラはボディを3ナンバーサイズに拡幅したが、全長は4045mmだから新型ノートと同じ数値だ。売れ筋グレードの価格は、ノート オーラ Gが261万300円、ノート Xは218万6800円になる(駆動方式は2WD)。

日産 新型ノート オーラは新型ノートに比べ42万3500円高いが、この内の約27万円は装備の違いで埋まる。そうなると残りの約15万円で、ボディが拡幅され、内外装が上質になり、モーターの駆動力も強化される計算が成り立つ。新型ノートオーラは意外に割安といえるだろう。

新型ノートシリーズの拡販を狙い“オーラ”は割安な設定とした

新型ノート オーラが割安な理由は、売れ行きを伸ばしたいからだ。販売目標は1年間に5万1000台/1か月平均で4250台になる。オーラノートの目標は8000台だから、オーラノートシリーズ全体では1か月当たり1万2250台の販売をねらう。その35%をオーラノート オーラが占めるわけだ。

日産のノートは現行型になってノーマル(通常のガソリン)エンジン車を廃止したが、この不足分を価格の高い新型ノート オーラで補えれば効率が良い。ボディは別設計になるが、ノーマルエンジンやCVT(無段変速AT)を開発する必要はない。

日産は新型ノート オーラのライバル車として、ハイブリッドカーの代表格である「トヨタ プリウス」を視野に入れる。新型ノートのライバル車はコンパクトカーの「トヨタ ヤリス ハイブリッド」や「ホンダ フィット e:HEV(ハイブリッド)」だが、新型オーラはひとクラス上のプリウスをターゲットにしているのだ。

扱いやすいサイズと質感の高い内装でプリウスを圧倒する新型ノート オーラ

勝負その1! ボディサイズ/スタイル/視界/取りまわし性比較

日産 新型ノート オーラのボディサイズは、全長が4045mmで、全幅は1735mmだ。プリウスは4575mm・1760mmだからひとまわり大きい。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)も、ノート オーラは2580mm、プリウスは2700mmになる。

最小回転半径は、ノート オーラは5.2mで、プリウスは15インチタイヤ装着車は5.1mだが、17インチのツーリングセレクションは5.7mに拡大する。ノート オーラはボディがコンパクトで、側方と後方の視界も優れているから、プリウスよりも運転しやすい。

■勝者:ノート オーラの勝ち

勝負その2! 内装のデザイン/質感/視認性/操作性比較

内装のデザインでは、日産 新型ノート オーラがインパネの上面にツイード調織物を巻いていて個性的だ。木目調パネルも装着され、上質に造り込んだ。

メーターの視認性は、ノート オーラは液晶ながらデザインはオーソドックスだ。プリウスは薄型で、インパネの高い位置に装着した。スイッチやATレバーの操作性も含めて一長一短だが、質感はノート オーラが上まわる。

■勝者:ノート オーラの勝ち

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203万円279.6万円
中古価格:
13.8万円339.6万円

室内や荷室の広さは車体の大きいプリウスが有利! ただしノート オーラはシートの良さでプリウスを上回った

勝負その3! 前後席の居住性比較

日産 新型ノート オーラの前席は、本革シートを選ぶと3層構造になって座り心地はしなやかだ。ベース車のノートを含めて、現行ノートの座り心地にはボリューム感が伴う。プリウスの座り心地にも不満はないが、腰から大腿部の支え方は、ノート オーラの方がしっかりしている。

その代わり後席の足元空間はプリウスが広い。身長170cmの大人4名が乗車して、ノート オーラの後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ弱、プリウスは握りコブシ2つ半だから広々としている。頭上は少し窮屈だが、プリウスは4名乗車にも適する。

■勝者:プリウスの勝ち

勝負その4! 荷室の使い勝手比較

荷室の広さは、全長が530mm長いトヨタ プリウスに余裕がある。特に荷室長(荷室の奥行寸法)は、後席を使った状態で、日産 新型ノート オーラが約600mm、プリウスはさらに200mm以上長い。プリウスは後席の足元空間も広いが、荷室面積に余裕を持たせた。

またプリウスはリヤゲートが大きく開くので、荷物の収納性も優れている。

■勝者:プリウスの勝ち

トヨタ プリウス vs 日産 新型ノート オーラ「プレミアムハイブリッド対決・前編「内装&使い勝手勝負」はここまで。次回の後編は「動力性能&コストパフォーマンス勝負!」をお届けする。

>>後編は2021年6月30日(水)公開予定! 乞うご期待!

[筆者:渡辺陽一郎/撮影:茂呂 幸正・小林 岳夫・NISSAN・TOYOTA]

トヨタ/プリウス
トヨタ プリウスカタログを見る
新車価格:
259.7万円364万円
中古価格:
19.8万円2,150万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ビーチサイド温泉リゾートゆうみ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる