MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 燃費レポート トヨタ 新型RAV4(2リッター ガソリン 4WD) 実燃費レポート|満を持して国内復活を遂げた本格派SUVの実力とは!?

燃費レポート 2019/6/26 15:00

トヨタ 新型RAV4(2リッター ガソリン 4WD) 実燃費レポート|満を持して国内復活を遂げた本格派SUVの実力とは!?(1/6)

関連: トヨタ RAV4 Text: 永田 恵一 Photo: 茂呂 幸正・永田 恵一
新型RAV4 実燃費レポート
トヨタ 新型RAV4トヨタ 新型RAV4トヨタ 新型RAV4トヨタ 新型RAV4画像ギャラリーはこちら

新型RAV4の実燃費を徹底検証!

今回の燃費テストでは長年ライバルだったホンダ 新型CR-Vと同様に、2019年4月に日本向けに復活する形で登場したトヨタ 新型RAV4に試乗。

新型RAV4は3000台の月間販売目標台数に対し、発売から一か月でおよそ8倍となる約2万4000台の受注を集めるという好調なスタートを切ったトヨタの本格派ミドルSUVだ。

>>新型RAV4の内外装を画像で見る[30枚]

トヨタ 新型RAV4(2リッター ガソリン 4WD) 実燃費レポート 目次

■市街地編

■郊外路編

■高速道路

■総合実燃費編

■コース概要

起用グレード

新型RAV4には2リッター ガソリンと2.5リッター ガソリン+ハイブリッドの2つのパワートレインが設定されている。今回はその中から、アクティブな新しい4WDシステムや内外装といったSUVらしいキャラクターが強い2リッター ガソリンのアドベンチャー(313万7400円、WLTCモード総合燃費15.2km/L)を起用した。

燃費テスト 概要

実燃費テストは関東地方が梅雨入りした2019年6月7日の正午頃開始し、19時頃帰京するというスケジュールで実施。

テスト中の天候は、時おり強く降ることもある雨天で、最高気温は22度。交通の流れは郊外路・高速道路はスムーズだったが、市街地は雨の金曜日の夕方という三重苦もあり、それなりに混雑していた。

新型RAV4の2リッター ガソリン(4WD)の実燃費は以下の通り

新型RAV4 2.0 4WD(ガソリン)|実燃費 WLTCモード新型RAV4 2.0 4WD(ガソリン)|カタログ燃費 WLTCモード
市街地 10.7km/L 11.5km/L
郊外路13.8km/L 15.3km/L
高速道路18.9km/L 17.5km/L
総合14.0km/L15.2km/L

新型RAV4 2リッターガソリン(4WD)の実燃費は全体的にカタログ数値に近く、かつ各走行パターンで絶対値自体もオーソドックスなNAのガソリンエンジンを積むミドルクラスのSUVとしては良好な燃費を記録した。

ここからは市街地編、郊外路編、高速道路編の各章で詳細なレポートを記載していくので、新型RAV4の購入を検討している方含め、参考にしていただければ幸いだ。

>>トヨタ 新型RAV4(2リッター ガソリン 4WD) 実燃費レポート|市街地編[次ページを続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ RAV4 の関連編集記事

トヨタ RAV4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ RAV4 の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR