ダイハツ 新型タフト 直球ど真ん中の対抗馬ハスラーと各部の違いを徹底比較

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年6月発売予定のダイハツ 新型「タフト」の詳細画像が新たに公開された。東京オートサロン2020のダイハツブースで前身のモデル「TAFTコンセプト」がお披露目されたとき、誰もが思ったであろう、「ハスラーにド直球で対抗してきた!?」と。今回はそんな、軽クロスオーバーSUVカテゴリーの絶対王者スズキ ハスラーと新型タフトを徹底比較する!

▼前回の新型タフト vs ジムニー 徹底比較はコチラ!▼

エクステリア比較

フロントビュー比較

スクエアなフォルムに力強い黒の前後フェンダーの組み合わせがSUVらしいタフさを強調している新型タフト。対してハスラーも2代目になってから先代より丸みが無くなり、新型タフト同様にスクエアなフォルムに黒の前後フェンダーがタフさを強調しているかと思いきや、2台で見比べるとその違いは歴然。新型タフトはより直線基調で武骨さが強く、ギア感が強調されている。

特にフロントマスクは、スクエアボディに揃えた角目でここでもタフさが強調されている新型タフトに対し、同じスクエアボディながら先代から踏襲された丸目を採用しているハスラーの方が可愛らしさが窺える。また、新型タフトは角目ライトと繋がるようにあしらわれているメッキグリルがより迫力をプラスしている。

リアビュー比較

フロント同様に、ゴツい重厚感を強調するダイハツ 新型タフトのリアビュー。リアアンダーカバーや、メッキ加飾も備わり、ここでもギア感が強調されている。一方のハスラーも先代より下半身に重厚感が増しているが、新型タフトと比べると元々の軽快さの面影がちゃんと見て取れる。

サイドビュー比較

ハスラーの方が僅かにAピラーの傾斜角が立っていて若干の腰高なイメージ。新型タフトは最低地上高も低く、前後のアングル角もさほど配慮されていない様子も見て取れるので、悪路の走破性については明確に割り切っているのだろう。ただリフトアップのカスタムをしてみたら、きっとまた違って見えそうでもある。

また、Cピラー後方にもガラスエリアが設けられるハスラーに対し、同部分は塞がれている新型タフト。この辺り後方視界にどれだけ影響してくるかは実際に試乗して確認したいところ。

インテリア比較

インパネ比較

新型タフトのダッシュボードは、ブラックをベースにオレンジのアクセントで飾られている。

ハスラーも同様に、ブラックをベースにアクセントとなるカラーが差し込まれている。ただし、ハスラーではこのアクセントカラーがボディカラーに応じてバーミリオンオレンジ、デニムブルー、グレーイッシュホワイトの3色を設定されているのに対し、新型タフトはオレンジ1色の可能性が高い。

因みに2019年6月より発売している現行タントも黒基調にアクセントカラーが差し込まれているインパネだが、そのアクセントカラーはボディーカラーに関係なく1色展開だ。

その他、新型タフトで注目なのは、何と言っても「スカイフィールトップ」と呼ばれる大きなガラスルーフが標準装備されていること。運転視界を景色に変える大きなガラスルーフは抜群の解放感を与えてくれるに違いない。

リア・ラゲッジスペース比較

新型タフトのリアシート及び荷室は「フレキシブルスペース」と名付けられ、荷物たくさん運べるような作りとなっている。荷室に備わるフレキシブルボードを下段にすれば背の高いものを安定して載せることが可能となり、立てかけモードにすれば高さのある荷物を載せることができる。

一方、ハスラーの後部座席は前席側へスライドすることが可能となっており、後部座席のヘッドレスト近くにあるレバーを引くことで、背もたれ部分をほぼ平らな状態に倒すこともできる。

どちらも使い勝手は甲乙つけがたい。こちらも実車で要確認だ。

※一部の画像はTAFTコンセプト(東京オートサロン2020参考出品車)も含まれます。

[筆者:MOTA編集部]

スズキ/ハスラー
スズキ ハスラーカタログを見る
新車価格:
128万円174.7万円
中古価格:
52.8万円240万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

スズキ ハスラーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ハスラーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ハスラーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ハスラーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ハスラーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる