ダイハツ 新型タフト 真のライバルはハスラーじゃなくてジムニー!? 各部の違いを比較

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年6月発売予定のダイハツ「新型タフト」の詳細画像が新たに公開された。新型タフトは本来「スズキ ハスラー」の対抗馬となるクルマだが、ゴツく力強いデザインは「スズキ ジムニー(JB64)」も意識しているように見受けられる。

ここではあえてハスラーではなく、ジムニーと新型タフトを写真で見比べながら、内外装のデザインや機能を比較していく。

>>新型タフトとジムニーをの各部を画像で比較!

エクステリア比較

スクエアなフォルムに力強い黒の前後フェンダーの組み合わせがSUVらしいタフさを強調しつつも、良い意味でのオモチャっぽさもある楽しいデザインのダイハツ 新型タフト。

それに比べるとスズキ ジムニーは至ってシンプル。華美な加飾などなく、プロユースの道具といった感じだ。

ワイドフェンダーという意味では、ジムニーシエラのほうを比較すべきなのかもしれない。

フロントビュー比較

ダイハツ 新型タフトはヘッドライトを高い位置に配置し、横基調のデザインのものを配することで、視覚的な車高の高さを演出している。

新型タフトのグリルは力強いメッキが装着されており、本格オフロード車であるジムニーのグリルのように主張の強いものとなっている。さらにTAFTの車名ロゴがタフなイメージを強調させている。

リアビュー比較

フロント同様に、ゴツい重厚感を強調するダイハツ 新型タフトのリアビュー。スズキ ジムニーはフロントほどの主張は感じられない。

リアゲート(ドア)も異なり、タフトが一般的な上下開閉式のハッチバックタイプなのに対し、ジムニーはリアドアにスペアタイヤが直に装着され上下開閉は不可。横開き式となっている。

テールランプ比較

視認性の高い位置にリアコンビランプが備わるダイハツ 新型タフト。リアのハッチはランプを避けた分、開口部は少し狭くなる。

それに対し、大開口部を確保したリアドアを避け、下部のバンパー部に灯火類をまとめたスズキ ジムニー。リアドアを開け作業などしている際にも、後方に対し光が見える利点もある。

サイドビュー比較

大きな違いは、サイドビューを見比べると良くわかる。ジムニーは厳しいオフロードでの高い走破を可能とする205mmの最低地上高が確保されているが、その分乗り降りがしにくい。一方、新型タフトはジムニーに比べ最低地上高が低いため乗り降りは楽だろう。

ホイールベース(前後車軸間の長さ)が長く、タイヤも四隅に配することで、大人4人がしっかり座れる室内空間(キャビン)を確保したことがわかるダイハツ 新型タフト。

直接のライバルであるスズキ ハスラーと比べると最低地上高も低く、前後のアングル角もさほど配慮されていない様子も見て取れるから、悪路の走破性については明確に割り切っているのだろう。ただリフトアップのカスタムをしてみたら、きっとまた違って見えそうでもある。

それに対し、長いノーズとコンパクトなキャビンの組み合わせで、機敏な動きが想像される本格オフローダーのスズキ ジムニー。前後のアプローチアングル・デパーチャーアングルも十分に確保され、悪路への備えも万全だ。

ジムニーには後席ドアはなく、後席の空間自体もミニマムだから、2+2シーターと割り切って使う必要がある。

インテリア比較

インパネ比較

新型タフトには運転視界を景色に変える大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」が備えられている。ジムニーに乗ると天井までの距離の近く圧迫感もあるが、新型タフトにはフロントシート上部をほぼすべてカバーするほどの大型ガラスルーフによって、開放的な室内空間を演出されている。

サイドブレーキ比較

新型タフトには指一本で操作可能なオートブレーキホールド機能付き電動パーキングブレーキが採用されている。

センターコンソール比較

ドリンクホルダー比較

新型タフトは左右ドア付近のエアコン吹き出し口付近にドリンクホルダーが設置されている。ジムニーは運転席・助手席の間に設置されているため、ドリンクの取りやすさは新型タフトに軍配が上がる。

グローブボックス比較

リア・ラゲッジスペース比較

新型タフトのリアシートはジムニー比べ足元が広そうだ。大人2人が快適に座ることも可能だろう。

リアシート及び荷室を「フレキシブルスペース」と名付けている新型タフトは荷物たくさん運べるような作りとなっている。荷室に備わるフレキシブルボードを下段にすれば背の高いものを安定して載せることが可能となり、立てかけモードにすれば高さのある荷物を載せることができる。

ジムニーと同様に、リアシートを倒すとフルフラットなスペースが生まれ、ラゲッジボードやシートバックには汚れにくい素材が使われている。

レジャーで遊ぶことから日常で使うことまで、幅広いシーンをこれ1台でこなすことができるはず。ジムニーを検討していた人で、本格的なオフロードを走らないなんて人は新型タフトも候補に入ってくるのではないだろうか。

※一部の画像はTAFTコンセプト(東京オートサロン2020参考出品車)も含まれます。

[筆者:MOTA編集部]

スズキ/ジムニー
スズキ ジムニーカタログを見る
新車価格:
148.5万円187.6万円
中古価格:
9.3万円323万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ダイハツ タフトの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ タフトのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ タフトの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ タフトの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ タフトのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる