autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 市販化に期待大!? 東京オートサロンのメーカーブースはやっぱりアツい【プレイバック】

特別企画 2019/1/23 14:04

市販化に期待大!? 東京オートサロンのメーカーブースはやっぱりアツい【プレイバック】

ダイハツ 東京オートサロン2019出展ブース
ダイハツ 東京オートサロン2019出展ブース東京オートサロン2019・スバルブースマツダ 東京オートサロン2019 出展ブーススズキ画像ギャラリーはこちら

メーカーブースの展示車両は反応次第で市販化の可能性アリ!

合計33万人もの来場者数を記録した、東京オートサロン2019。会場には自動車メーカーやサプライヤー、さらに整備士養成学校といった出展者による様々なブースが並び、色とりどりにカスタムされた車両やパーツが展示されました。

中でも自動車メーカーによるブースでは、大胆すぎる発想で強烈な印象を放つカスタムカーもある一方、「これはこのまま市販化されるのでは」と感じさせる車両も多く展示されました。

そこで今回は、そんな市販化されそうなカスタムカーを各メーカーブースからピックアップします!

>>【画像】メーカーブース展示車両をもっと見る

>>【関連記事】東京オートサロン2018から市販化されたクルマとは

トヨタ×ダイハツで軽スポーツカーが進化!

東京オートサロン速報ダイハツ 東京オートサロン2019出展ブース

トヨタブース、ダイハツブースそれぞれに展示されたのは、「コペン GR スポーツ コンセプト」。ちなみに左写真、白いボディのものがトヨタブースに、右写真、赤いボディのものがダイハツブースに展示されていました。

これはトヨタのモータースポーツやスポーツモデル開発を担うTOYOTA GAZOO Racingが、ダイハツ コペンにチューニングを施したもの。詳細なスペックやチューニング内容などは明らかにされてませんが、そのデザインの完成度を見る限り、市販化を強く意識しての展示と思われます。実際、メーカーの公式リリースでも今後の発売を意識して開発していると明記されており、市販化の可能性は高いと言えます。

折しも2019年は現行型コペン誕生5周年の節目となるので、これ以外にもなにか大きなニュースが控えているかもしれません。

ダイハツのブースには、他にもクローズドルーフ仕様の「コペン クーペ」や、濃紺ボディ×ホワイトルーフの組み合わせがドレッシーな印象を与える「コペン セロ スポーツプレミアム」が展示されました。このうちコペン クーペは、台数限定で販売されることが決まっています。

>>【当時の記事】“クーペ”、“プレミアム”、そして“GR”! 個性豊かな3種類のコペンがダイハツブースに大集結

>>このクルマの画像をもっと見る

ダイハツ 東京オートサロン2019出展ブースダイハツ 東京オートサロン2019出展ブース

スバル フォレスターにSTI仕様(?)が登場

東京オートサロン2019・スバルブース

スバルブースに展示されたのは、フォレスター「アドバンススポーツコンセプト」。現行フォレスターには“まだ”存在しないSTIバージョンを匂わせるカスタムが施されています。

その内容は20mmのローダウンと、19インチホイールやイエローが目を引くブレーキキャリパー、そして各種エアロパーツの装着。またボディカラーには専用色「ファイターグレー」が採用され、その名の通り戦闘機をイメージさせるものとなっています。飛行機製造にルーツをもつスバルならではの心憎い演出と言えます。

ブースには他にも、インプレッサやレヴォーグのSTIコンセプト、WRX STIをベースにラリーカー風のカスタムを施した車両、さらにスーパーGT参戦車両が展示されました。

>>【当時の記事】スバルブースではSTIとコラボレーションしたフォレスターやインプレッサを展示

>>このクルマの画像をもっと見る

ロードスターにカーボン製着脱式ハードトップを装着

マツダ 東京オートサロン2019 出展ブースマツダ 東京オートサロン2019 出展ブース

マツダブースに展示されていたのはロードスター(ND型)。一番の特徴は、カーボン製の着脱式ハードトップを装着している点です。間近で見るとカーボンの繊維の模様もしっかりと見え、スポーティな雰囲気を感じさせます。

実はすでにアフターパーツでは存在しているND型ロードスター用カーボン製ハードトップですが、メーカー純正パーツの登場を予感させる今回の展示は非常に興味深いと言えます。

他にもこのロードスターには、40mmのローダウンや、特別色「セミグロスブラック」で塗り分けられたエアロパーツの装着といったカスタムが施されていました。

>>【当時の記事】純正オプションパーツでこんなにもスタイリッシュに! 見事な変貌を遂げたロードスター、CX-5、CX-8が登場

>>このクルマの画像をもっと見る

ホンダ シビックがSUV風に変身!

ホンダアクセス 東京オートサロン出展ブース

ホンダアクセスのブースに展示されていたのは、シビックをベースに車高を40mmアップするなどしてSUV風にした「シビック バーサタイリスト」。

一般的にはボディ下部にブラックの樹脂製バーツを装着してSUVらしさを表現するところを、敢えてグレーにすることで、カジュアルすぎない装いになっています。またトレッドは30mm拡大されて踏ん張り感を強調しているほか、ホイールにはヴェゼル RS用のものを塗装して装着、スポーティなイメージも付与しています。

>>【当時の記事】シビックがSUV風に変身! シビック「バーサタイリスト」登場

>>このクルマの画像をもっと見る

ジムニーシエラがまさかのピックアップトラック化!

スズキスズキ

最後に紹介するのは、スズキブースに展示されたジムニーシエラベースのピックアップトラック。

ただボディ後端を切り取って荷台を乗せただけでなく、リアオーバーハングを300mmほど拡大し、十分な広さを持った荷台にしているのが特徴です。荷台を照らすためのライトも装着されており、夜間の荷物の積み下ろしにも便利です。

担当者によると、残念ながら現時点でピックアップトラックの市販化は考えていないとのことですが、海外でも販売されているジムニーだけに、ありえない話ではないかもしれません。

ブースではこの他、ウインチやロールゲージの装着で一層ワイルドな装いになったジムニーも展示されました。

>>【当時の記事】ワイルド感高まる2種類のジムニーが登場!

>>このクルマの画像をもっと見る

【毎週水曜日・日曜日は、オートックワンの誇る記事アーカイブから気になる情報をピックアップする連載「プレイバック」をお届け!来週もお楽しみに】

[筆者:オートックワン編集部]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ダイハツ コペン の関連編集記事

ダイハツ コペンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ コペン の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR