新車で買える国産オープンカー3選! コンパクトで軽快な走りが魅力のモデルから、優雅な外観を備えたモデルなどを紹介

画像ギャラリーはこちら
自然の風を受けながら開放的なドライブを楽しめるオープンカー。かつては国産モデルも数多く存在したが、2022年3月にはホンダの軽スポーツカー「S660」が生産終了(現在はすでにオーダーストップ)となるなど、今や新車で買える国産オープンカーの種類は限られたものに。そこで今回は、新車で買える国産オープンカー3選を紹介する。
目次[開く][閉じる]
  1. コンパクトオープンスポーツカーの元祖「マツダ ロードスター」
  2. 電動開閉式のハードトップを備える軽オープンカー「ダイハツ コペン」
  3. シルエットが美しい「レクサス LC コンバーチブル」

コンパクトオープンスポーツカーの元祖「マツダ ロードスター」

最初に紹介するのは、日本のみならず、世界中で愛されるオープン2シータースポーツカーである「マツダ ロードスター」。「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネスブックの認定を受けるほど人気の高いモデルだ。

遡ること1989年、世界的に見ても久しく新型車が存在していなかったコンパクトなオープン2シータースポーツカーというジャンルに、鮮烈なデビューを果たしたのが初代ロードスター、日本名「ユーノス ロードスター」(NA型)だ。

ユーノス ロードスターは発売と同時に世界的に大人気車種となり、その成功を受けてメルセデス・ベンツ SLKやBMW Z3、フィアット バルケッタなどがリリースされたとも言われるほど、自動車業界全体に与えた影響が大きい車種でもある。

ロードスターはその後、2代目(NB型)、3代目(NC型)と続き、現行モデルは4代目(ND型)となる。

持て余さない適度なサイズに、使い切れることが前提のパワー。羽が生えたかのようなヒラヒラとしたフィールで、ドライバーの意のままに操れる、まさに「人馬一体」を体感することができる1台だ。

電動開閉式のハードトップを備える軽オープンカー「ダイハツ コペン」

次に紹介するのは、電動開閉式のハードトップを備えるほか、さらには外装の着せ替えも可能といったユニークなアイディアが詰まったダイハツのオープンクーペである「コペン」。

コペンは、2002年に初代モデルが登場。電動開閉式のアクティブトップを備え、エンジンは直列4気筒のツインカムターボ。「持つ悦び」と「操る楽しさ」をコンセプトに、軽自動車でありながら本格的なクーペの機能を備えた。

流麗でボリューム感のある面構成と前後対称のようなサイドビューが特徴で、丸味を帯びたかわいらしいキャラクター。スポーティユーザーだけでなく、女性や子離れした老夫婦までターゲットを幅広く想定したデザインで人気を博した。

現行モデルは、2014年に発売開始した2代目モデル。同社のミライースをベースにしたプラットフォームが採用され、ターボを装着した660ccエンジンは、先代の直列4気筒から3気筒に変更されている。

シルエットが美しい「レクサス LC コンバーチブル」

最後に紹介するのは、2020年7月より登場したレクサスの誇るラグジュアリークーペ「LC コンバーチブル」。

エクステリアは、LCシリーズとしての統一感を保ちながら、専用パッケージングによりソフトトップルーフの軽快感や開放感、リアのダイナミックな印象など、LC500 コンバーチブルならではの個性を引き立てている。ルーフを開いても閉じていても美しいシルエットのコンバーチブルを目指し、ルーフオープン時はソフトトップが完全に格納される自動開閉式のトノカバー付きフォールディング機構を採用。また吸音材を組み合わせた4層構造とすることで、オープンカーながら車内の静粛性も高い。

ルーフの開閉時間は約15秒で、開閉動作を「動き出し」「途中」「動き終わり」の3ステップに分解。動き出しと動き終わりには適度な「タメ」を持たせながらも、極端な速度変化がないようリズム良く繋ぐことで、優雅で自然な動きを実現している。

ここまで、3台の新型車で買える国産オープンカーを紹介してきた。もはや絶滅危惧種と言ってもいい国産オープンカーだが、今後新たなモデルの登場はあるのか? 実用性だけではない、楽しいクルマの登場に期待したいところだ。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

マツダ/ロードスター
マツダ ロードスターカタログを見る
新車価格:
262.4万円335.6万円
中古価格:
39万円481万円
ダイハツ/コペン
ダイハツ コペンカタログを見る
新車価格:
188.9万円243.7万円
中古価格:
25万円294.5万円
レクサス/LCコンバーチブル
レクサス LCコンバーチブルカタログを見る
新車価格:
1,477万円1,477万円
中古価格:
1,330万円2,250万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

望月 達也(MOTA編集部)
筆者望月 達也(MOTA編集部)

1984年生まれ。埼玉県出身。週末はサッカーや自転車でツーリングなど体を動かすことが大好きな1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ 箱根フォンテーヌ・ブロー仙石亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

マツダ ロードスターの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ ロードスターのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ ロードスターの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ ロードスターの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ ロードスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる