autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京オートサロン2019 スバルブースではSTIとコラボレーションしたフォレスターやインプレッサを展示【東京オートサロン2019】

チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2019 特設ページ

東京オートサロン2019 カスタムカー・カスタムパーツ記事一覧。チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2019のカスタムカー・カスタムパーツ記事一覧です。

スバルブースではSTIとコラボレーションしたフォレスターやインプレッサを展示【東京オートサロン2019】

東京オートサロン2019・スバルブース
東京オートサロン2019・スバルブース東京オートサロン2019・スバルブース東京オートサロン2019・スバルブース東京オートサロン2019・スバルブース画像ギャラリーはこちら

スバルとSTIのコラボレーションモデル第3弾、第4弾が登場!

スバル&STIは東京オートサロン2019に、フォレスターアドバンススポーツコンセプト、インプレッサSTIスポーツコンセプトを出展した。この2台は、これまでの両社のコラボレーションで好評だったレヴォーグやWRX S4、BRZに続くSTIスポーツの第3弾、第4弾モデルを示唆すると思われる。

その他、STIパーツを装着したレヴォーグSTIパフォーマンス、WRX STIラリーコンセプトも出展した。

>>STIとコラボレーションしたフォレスターやインプレッサを画像でチェック

フォレスターアドバンススポーツコンセプト

東京オートサロン2019・スバルブース東京オートサロン2019・スバルブース

2018年にフルモデルチェンジされたフォレスターのラインナップで、2リッターNAエンジン+比較的簡易なハイブリッドとなるe-BOXERを搭載する「アドバンス」グレードのスポーツ性をSTIがさらに高めたモデル。

架装内容は、機能面では20mmほど車高を低めたサスペンション、イエローのカラーが目を引くフロントのブレンボキャリパー、19インチホイール、すでに市販されているSTIのエアロパーツ、フレキシブルタワーバーなどが装備される。

同時に専用色となるファイターグレーに塗られたエクステリアや、インテリアも蛍光イエローのラインや白い部分といったアクセントが施されており、全体的に今までフォレスターのイメージにあまりなかった都会な雰囲気を感じさせる仕上がりとなっている。

インプレッサSTIスポーツコンセプト

東京オートサロン2019・スバルブース東京オートサロン2019・スバルブース

5ドアのインプレッサスポーツ最上級グレードとなる2.0i-Sアイサイトをベースに、機能面ではSTIのフレキシブルタワーバーやフレキシブルロードスティフナーといったボディ補強パーツ、センター二本出しマフラー、エアロパーツなどを装備。

また、エクステリアでは白さをさらに高めたパールホワイトにルーフやピラーを黒としたツートンカラーのボディ色に変更したほか、インテリアではボルドー内装に。

名前は今までのSTIスポーツと同じながら、指向の異なる明るさを増したものとなっており、インプレッサのユーザー層に合わせたカジュアルな雰囲気を強調している。また市販化の暁にはサスペンションなどにも手が加えられ、調整という意味での最終的なチューニングも施されるに違いない。

両車はスバルとSTIのコラボレーションによるコンプリートカーであるが、クルマに合わせた雰囲気造りにも配慮されており、市販化されれば新しいユーザー層を開拓しそうだ。また、スバルの新世代のプラットホームとなるSGP(スバルグローバルプラットホーム)を使う車種のSTIスポーツはまだ登場していないだけに、両車はSPGのポテンシャルをさらに引き出した存在としても市販化が待ち遠しい。

レヴォーグSTIパフォーマンス

東京オートサロン2019・スバルブース東京オートサロン2019・スバルブース

1.6リッターターボエンジンを搭載するレヴォーグにSTIのエアロパーツ、フレキシブルタワーバーに代表されるボディ補強パーツ、コイルスプリング、マフラー、ウルトラスウェード素材のステアリングなどをテンコ盛りに装着。

ここまでは今までにも見たことがありそうなユーザーが造れる仕様であるが、東京オートサロン2019出展車は現在レヴォーグに設定はないものの、XV、BRZの限定車やWRX STIをベースにしたSTIのコンプリートカーS208で好評となっているクールグレーカーキのボディ色やブラックに塗装されたホイールを纏う点が新鮮だ。

クールグレーカーキのボディ色はスポーツワゴンであるレヴォーグにもよく似合っており、反響次第では設定される可能性は十分ありそうだ。

WRX STIラリーコンセプト

東京オートサロン2019・スバルブース東京オートサロン2019・スバルブース
東京オートサロン2019・スバルブース東京オートサロン2019・スバルブース

WRX STIの上級グレードとなるタイプSにレヴォーグSTIパフォーマンスとほぼ同じSTIパーツを装着したのに加え、青いボディカラーにゴールド塗装のBBS製19インチアルミホイール、インテリアにはレカロのフルバケットシート、5点式シートベルトを装着し、かつてのラリー参戦車のターマックラリー仕様をイメージ。近い将来の開催が濃厚となっているWRCの日本ラウンドも、ラリー志向のカスタマイズの増加の追い風となりそうだ。

この他、スバル&STIブースには2018年に日本のSUPER GTのGT300クラスに参戦したBRZ、新井敏弘選手が全日本ラリーを戦ったWRX STI、86&BRZのワンメイクレース参戦車、ニュルブルクリンク24時間レースでクラス優勝を果たしたWRX STIも出展された。

また2019年、STIは3月10日(日)に富士スピードウェイでニュルブルクリンク24時間レースとSUPER GTの参戦車のテストも兼ねた「STIモータースポーツデイ」、サーキット走行会「STIサーキットドライブ」の全国展開といったイベント開催、東京都三鷹市にあるSTI社内に併設されるギャラリーのリニューアルなど、特にスバルファンにとってSTIは注目の存在となりそうだ。

[筆者:永田 恵一 撮影:和田 清志]

筆者: 永田 恵一

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

東京オートサロン2019 人気記事ランキング

オートックワンのモーターショー特集

スバル フォレスター の関連編集記事

スバル フォレスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル フォレスター の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
東京オートサロン2019 美女図鑑