メニュー

マツダ ロードスターの価格・カタログ情報|新車・中古車の自動車カタログ

外装・内装写真

ボディサイズ

3915×1735×1235 mm (全長×全幅×全高)

燃費

JC08モード: -km/L

WLTCモード: -km/L

  • このアイテムをシェアする

マツダ ロードスターの新車価格・取扱店

新車価格
262.4万円 335.6万円 最新モデル(4代目)2015/05/01~販売中
販売店
新車・未使用車・リース取扱店を検索
リース価格
複数社比較で、最安値を検索

マツダ ロードスターの中古車価格

中古車価格
35万円 460.6万円 中古車の掲載台数:1391台
0 万円 271.5 万円
(グレードによって異なります)
愛車の査定を依頼する
人気ランキング
4
(オープンカー)
評判・口コミ
4.3 pts
(5人)
ガイド記事数
126記事
 
ペア宿泊券プレゼント
モデル概要

マツダが1989年から販売し、世界中で愛されている2人乗りオープンスポーツカーの4代目。初代から共通して、運転者と車両の一体感=人馬一体をコンセプトに掲げる、誰もが安心してスポーツ走行を楽しめる一台。コンパクトで低重心なボディはグラム単位で軽量化され、1.5リッターのガソリンエンジンで軽快に走る。手動式のソフトトップは軽く、容易に開閉できるのもポイント。2016年次日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞。

派生車種
ロードスターRF ロードスタークーペ ロードペーサー
モデル概要

マツダが1989年から販売し、世界中で愛されている2人乗りオープンスポーツカーの4代目。初代から共通して、運転者と車両の一体感=人馬一体をコンセプトに掲げる、誰もが安心してスポーツ走行を楽しめる一台。コンパクトで低重心なボディはグラム単位で軽量化され、1.5リッターのガソリンエンジンで軽快に走る。手動式のソフトトップは軽く、容易に開閉できるのもポイント。2016年次日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞。

派生車種
ロードスターRF ロードスタークーペ ロードペーサー
グレード別の新車・中古車価格
1.5 S MT
2021/12/01 ~ 販売中
238.5万円 ( 中古車: 249万円~259.9万円 )
1.5 S スペシャルパッケージ MT
2021/12/01 ~ 販売中
258.2万円 ( 中古車: 293.8万円~312万円 )
1.5 S スペシャルパッケージ AT
2021/12/01 ~ 販売中
268.7万円 ( 中古車: 289.8万円~294.9万円 )
1.5 S レザーパッケージ MT
2021/12/01 ~ 販売中
290.1万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
1.5 S レザーパッケージ AT
2021/12/01 ~ 販売中
300.6万円 ( 中古車: 338万円 )
1.5 S レザーパッケージ ホワイト セレクション MT
2021/12/01 ~ 販売中
293.8万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
1.5 S レザーパッケージ ホワイト セレクション AT
2021/12/01 ~ 販売中
304.3万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
1.5 RS MT
2021/12/01 ~ 販売中
305.1万円 ( 中古車: 359.9万円~445.8万円 )
1.5 NR-A MT
2021/12/01 ~ 販売中
252.5万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
1.5 990S MT
2021/12/01 ~ 販売中
263万円 ( 中古車: 270万円~313万円 )
1.5 ネイビー トップ MT
2021/12/01 ~ 販売中
290.1万円 ( 中古車: 299万円~334万円 )
1.5 ネイビー トップ AT
2021/12/01 ~ 販売中
300.6万円 ( 中古車: 330.7万円 )
モデル概要

マツダが1989年から販売し、世界中で愛されている2人乗りオープンスポーツカーの4代目。初代から共通して、運転者と車両の一体感=人馬一体をコンセプトに掲げる、誰もが安心してスポーツ走行を楽しめる一台。コンパクトで低重心なボディはグラム単位で軽量化され、1.5リッターのガソリンエンジンで軽快に走る。手動式のソフトトップは軽く、容易に開閉できるのもポイント。2016年次日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞。

派生車種
ロードスターRF
2016/12/1~販売中
ロードスタークーペ
2003/10/1~
ロードペーサー

マツダ ロードスター 関連記事・ニュース・最新情報

最新の関連記事・ニュース

自動車購入ガイド

マツダ ロードスター 歴代モデル・グレード・新型情報

歴代モデル

グレード・モデル情報(ロードスター 2015年式モデル)




グレード 1.5 S MT 1.5 S スペシャルパッケージ MT 1.5 S スペシャルパッケージ AT 1.5 S レザーパッケージ MT 1.5 S レザーパッケージ AT 1.5 S レザーパッケージ ホワイト セレクション MT 1.5 S レザーパッケージ ホワイト セレクション AT 1.5 RS MT 1.5 NR-A MT 1.5 990S MT 1.5 ネイビー トップ MT 1.5 ネイビー トップ AT
新車価格
262.4万円
284万円
295.6万円
319.1万円
330.7万円
323.2万円
334.7万円
335.6万円
277.8万円
289.3万円
319.1万円
330.7万円
中古車価格
249万円~259.9万円
293.8万円~312万円
289.8万円~294.9万円
価格情報収集中
338万円
価格情報収集中
価格情報収集中
359.9万円~445.8万円
価格情報収集中
270万円~313万円
299万円~334万円
330.7万円
発売日 2021年12月01日 2021年12月01日 2021年12月01日 2021年12月01日 2021年12月01日 2021年12月01日 2021年12月01日 2021年12月01日 2021年12月01日 2021年12月01日 2021年12月01日 2021年12月01日
排気量 1,496 cc 1,496 cc 1,496 cc 1,496 cc 1,496 cc 1,496 cc 1,496 cc 1,496 cc 1,496 cc 1,496 cc 1,496 cc 1,496 cc
エンジン区分 ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン
燃費
燃料 ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク
駆動方式 FR FR FR FR FR FR FR FR FR FR FR FR
ミッション MT MT AT MT AT MT AT MT MT MT MT AT
ハンドル
定員 2名 2名 2名 2名 2名 2名 2名 2名 2名 2名 2名 2名
最小回転半径 4.7 m 4.7 m 4.7 m 4.7 m 4.7 m 4.7 m 4.7 m 4.7 m 4.7 m 4.7 m 4.7 m 4.7 m





全長 3,915 mm 3,915 mm 3,915 mm 3,915 mm 3,915 mm 3,915 mm 3,915 mm 3,915 mm 3,915 mm 3,915 mm 3,915 mm 3,915 mm
全幅 1,735 mm 1,735 mm 1,735 mm 1,735 mm 1,735 mm 1,735 mm 1,735 mm 1,735 mm 1,735 mm 1,735 mm 1,735 mm 1,735 mm
全高 1,235 mm 1,235 mm 1,235 mm 1,235 mm 1,235 mm 1,235 mm 1,235 mm 1,235 mm 1,235 mm 1,235 mm 1,235 mm 1,235 mm
車両重量 990kg 1010kg 1050kg 1020kg 1060kg 1020kg 1060kg 1020kg 1010kg 990kg 1020kg 1060kg



最高出力(kW[PS]/rpm) 97[132]/7,000 97[132]/7,000 97[132]/7,000 97[132]/7,000 97[132]/7,000 97[132]/7,000 97[132]/7,000 97[132]/7,000 97[132]/7,000 97[132]/7,000 97[132]/7,000 97[132]/7,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 152[15.50]/4,500 152[15.50]/4,500 152[15.50]/4,500 152[15.50]/4,500 152[15.50]/4,500 152[15.50]/4,500 152[15.50]/4,500 152[15.50]/4,500 152[15.50]/4,500 152[15.50]/4,500 152[15.50]/4,500 152[15.50]/4,500
過給機


タイヤサイズ(前輪) 195/50R16 195/50R16 195/50R16 195/50R16 195/50R16 195/50R16 195/50R16 195/50R16 195/50R16 195/50R16 195/50R16 195/50R16
タイヤサイズ(後輪) 195/50R16 195/50R16 195/50R16 195/50R16 195/50R16 195/50R16 195/50R16 195/50R16 195/50R16 195/50R16 195/50R16 195/50R16

人気・おすすめグレードランキング(ロードスター 2015年式モデル)

  • 人気グレード
  • オススメグレード

人気グレードランキング

最寄りのマツダ新車取扱ディーラーを探す

取扱車種、Webチラシ、イベント・キャンペーン情報など、詳細情報からピッタリのディーラーを探せます。 (ロードスターの取り扱いディーラーを探す)

マツダ ロードスター 中古車情報

相場表

在庫量に合わせて色を変えています。
全体の10% 全体の5% 全体の3% 全体の1%以上
年式 2022
(R4)
2021
(R3)
2020
(R2)
2019
(R1)
2018
(H30)
2017
(H29)
2016
(H28)
2015
(H27)
2014
(H26)
2013
(H25)
2012
(H24)
2011
(H23)
2010
(H22)
2009
(H21)
2008
以前
(H20)
価格 物件数 43 31 43 52 49 64 128 182 9 13 17 18 22 37 672
500万円~ 1 1
~500万円 1 1
~450万円 2 1 1
~400万円 2 1 1
~350万円 35 9 14 5 3 1 1 2
~300万円 182 31 14 29 26 23 11 15 7 3 2 1 20
~250万円 295 1 2 9 19 23 41 68 89 3 2 2 1 1 2 32
~200万円 72 1 1 5 17 23 1 2 1 21
~190万円 64 1 1 3 9 20 1 1 4 2 1 1 20
~180万円 52 1 8 16 2 2 3 20
~170万円 53 1 5 16 1 1 2 1 5 6 15
~160万円 32 1 1 2 6 1 2 2 1 3 13
~150万円 44 2 2 3 1 1 1 4 3 27
~140万円 48 1 3 1 1 2 4 36
~130万円 57 1 1 2 53
~120万円 53 1 2 1 1 3 45
~110万円 42 1 1 2 38
~100万円 65 1 2 2 4 56
~90万円 67 1 1 65
~80万円 213 2 3 208

マツダ ロードスター レビュー・口コミ評価

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

  • Lov you ロードスター
  • ユッコ
  • 投稿日 2022年5月11日
2015年式モデル  グレード:-
総合評価
4.5
外観
5
内装
5
走行性
4
運転しやすさ
5
乗り心地
4
燃費・維持費
4
総評

マツダロードスターは稀有な存在です。何を隠そう、累計生産販売台数が世界一のオープンカーです。それがアメ車でも無く、伝統的なイギリス製オープンカーでも無く、比較的歴史の浅い日本メーカーのマツダから生まれている事に、大きな意義を感じます。初代ロードスターはバブル全盛期の1989年登場です。ユーノスブランドからの販売でしたので、ユーノスロードスターと呼ばれていました。海外ではミアータの名前で久しなまれています。海外で実用車でもない車が、爆発的ヒットしたのは、日産フェアレディZ以来です。2車に共通して言える事は、エクステリアデザインの素晴らしさです。フェアレディZは、何処かの車のデザインを真似た訳でもない、完全オリジナルデザインです。模倣したものに商売的に成功するはずがありません。フェアレディZは、今も尚アメリカを中心に世界で愛されています。ロードスターもフェアレディZと全く同じ道を歩んでいます。エクステリアデザインで受けて、1.5リッターライトウェイトオープンのカテゴリーを再発掘し、世界で売れました。そのフォロワーとして、ベンツやBMWが同カテゴリーに参入したのは有名な話です。

良かった点

コンセプトとして、ライトウェイトオープンカーはイギリスにて誕生しましたがブームは遥か昔に消え去り、自動車メーカーはそのカテゴリーから、実質的に撤退状態でした。大手メーカーは、そんな市場に見切りを付けていました。マツダはそこに目を付けました。マニアックなコンセプトでも、手頃な価格帯で発売し世界の市場を相手に出来れば、勝機は必ずあるはずだと。結果論的には、それだけでは駄目でした。それにプラスして圧倒的に魅力的なエクステリアデザインがあっての大ヒットでした。そんな偉大な初代ロードスターを超えそうなのが、現行4代目ロードスターです。初代のリトラクタブルヘッドライトとポジショニングランプによる奇跡のデザイン呪縛から解放された、薄型ヘッドライトだけによるフロントフェイスは、初代に勝るとも劣らない妖しいデザインです。

気になった点

所有する喜びに満ちた車です。ガレージに収めて、眺めてるだけでも幸せです。少し大きなガレージがあれば、初代をレストアしながら、4代目を操るなんて考えるだけでも幸せです。そんなロードスターながら、心配が無い訳ではありません。今後のロードスターがどうなるのかです。おそらく、ガソリンエンジン車のロードスターは本モデルが最後となるでしょう。大きなマイナーチェンジで乗り切って、電気自動車へとバトンタッチされます。その電気自動車が心配です。電気自動車は、走りの差別化が難しくデザインとブランド力と価格が勝負の分かれ目となります。その競争に勝てるのかが心配です。

1人
  • イチオシグレードは990S
  • メタメタ
  • 投稿日 2022年5月3日
2015年式モデル  グレード:1.5 990S
総合評価
4.0
外観
5
内装
3
走行性
4
運転しやすさ
5
乗り心地
4
燃費・維持費
3
総評

2021年12月のマイナーチェンジで追加された990S車名の由来は車両重量が990kgから来ています。現代の安全装備満漢全席と厳しい衝突安全基準をクリアしながらの、この重量はゼロ戦の様な設計思想を感じさせます。それでいて、ケチらずにフロントブレーキはブレンボの大径ベンチレーテッドディスクと4ピストンキャリパーのコンビネーション。アルミホイールはRAYSの16インチ鍛造アルミホイール採用するなど、マニア心をくすぐる内容です。それらに加え、新しい技術としてキネマティックポスチャーコントロール(KPC)なるものが搭載されました。ロードスターの為にある様なデバイスは重量増を一切伴わずにコーナリング能力を高める効果があり、マツダの思惑通り990Sは順調に販売台数を伸ばしているようです。

良かった点

先ずはKCPなるものは、一般人に理解出来るのかと言う事ですが、以前に非装着車を乗った経験がある私でも安定感は実感する事が出来ました。コーナリング時に後軸内輪側のブレーキをごくわずかに使用することでリアを沈み込ませて姿勢を安定させるというものは、ロール剛性が上がったように感じます。しかし、乗り心地はしなやかで電子制御のダンパーとは違う自然なロール抑制感です。難しく書きましたが、簡単に言うと低重心さが増したコーナーリング性能といった感じです。凄く良いです。目を三角にしなくとも、ロードスターは市街地を普通に流すだけでも、クルマの挙動がダイレクトで楽しく走れるのが1番の良い点ではないでしょうか。またスタイリングも色褪せない練り上げられた姿が魅力です。

気になった点

インテリアのデザインはそれなりにスポーティーですが、質感的にはもうひと頑張りして欲しい感じです。質感が上がればもう少しスポーツカーらしいワクワク感じが増えると思います。また安全装備の自動ブレーキ等は最新のモノに比べると少し古く感じます。またRFに採用している2リッターエンジンは海外仕様ではオープンモデルにも採用しています。日本にも入れて欲しいと考えるのはわたしだけでは無いはずです。1.5リッターがバランス良いと言うのは分かりますが、選択肢を増やして欲しいと言うのが正直なところです。

1人
  • ロードスターは永遠に
  • まさじ
  • 投稿日 2022年5月3日
2015年式モデル  グレード:-
総合評価
4.3
外観
5
内装
5
走行性
4
運転しやすさ
5
乗り心地
4
燃費・維持費
3
総評

マツダロードスターは、今現在も絶え間ない改良と進化をしています。自動車メーカーでは、年次改良を行なっています。年に一度、車種全体の整理や改良を実施するものです。販売状況の良くない車種を廃止したり、安全デバイス統一のため自動ブレーキを刷新したりと様々です。そんな中マツダは、年次改良は当たり前で都度都度で、個別改良を実施する珍しくもあり真面目な自動車メーカーの一つです。今回マツダはロードスター全車にKPCを装着しました。キネマティック・ポスチャー・コントロールと言うコーナーリンク時、最も接地が抜ける内後輪にほんの少しブレーキをかけ、リアの内輪の浮き上がりを抑制するマニアックな装備です。こんなオタクな制御を しれっと 全車標準装備にするところがマツダさんの憎いところです。また今回新しい車種として990Sが追加されました。990Sの990とは、車重990kgから取っています。全軸重520kgで後軸重470kgとして、発進時後方への重心移動を加味した最適重量配分で地を這う走りを堪能出来ます。

良かった点

990Sは、ベースのSグレードに、リアスタビライザーとトルセンLSDを省き、その代わりにブレンボ製対抗ピストンキャリパーとレイズ製の鍛造軽量アルミホイールを標準装備とした、軽量化と足回りに特化した特別なカタログモデルです。特に素人の車弄りでは手が出せない、ブレンボ製ブレーキ装着は、何よりも嬉しいポイントです。オープンカーで6MTでフロントサスがダブルウィッシュボーンでリアがマルチリンク、ブレンボのブレーキ付きの車が292万6000円で購入可能な国は、世界広しといえど日本だけです。少々のデフレや賃金据え置きや円安など、取るに足りません。ロードスターを手軽に購入出来る日本に生まれて、本当に良かったです。それはマツダさんの企業努力による賜物でもあります。このまま、ロードスターを育てて永く生産して下さい。勿論先に控えるEV化もヨロシクです。

気になった点

気になる点は、ロードスターに関しては存在しません。マツダさん企業全体として、少し不安な部分がごさいます。それは、電動化の遅れです。現時点でマツダの電気自動車は1車種のみです。発売前のCX-60の2.5リッターPEVが控えるもその2台です。マツダ3に以前ハイブリッドは存在したましたがトヨタのシステムでした。そんな出遅れを危惧します。マツダさんは、CX-60のラージ商品群での巻き返しを狙っていますが、正直博打です。3.3リッターの直6ディーゼルは、次期CAFEクリア可能なブランニューディーゼルで性能は凄いのですが、世界がEV化に向かう中、本当に売れるのか未知数です。マツダさんの思惑通り、ウクライナ情勢等でエネルギー問題がどう転ぶかにも掛かっています。マツダロードスターを存続させる為にも頑張って欲しいです。中華傘下のロードスターは御免です。

1人
  • 軽量は素晴らしい
  • ノースノース
  • 投稿日 2021年11月18日
2015年式モデル  グレード:1.5 S スペシャルパッケージ
総合評価
4.3
外観
5
内装
3
走行性
5
運転しやすさ
5
乗り心地
4
燃費・維持費
4
総評

本当に原点回帰したコンセプトで、安全装備が初代の時代に比べて数が増え、衝突基準も厳しい中、軽量モデルは990kg。試乗車でも1010kgと驚異的に軽いボディに位上がっています。先代は2リッターでしたが、現行型は軽量化のお陰で1.5リッターエンジンを搭載。スタイリングもボディサイズを考えたら、よくここまで筋肉質でボリューム感のある造形が出来ると感じます。MAZDAのデザインセンスの良さに感心します。また室内から見た景色が素敵です。ボンネットの峰が視界に入るので、自分がスポーツカーを運転している実感がわきます。走りは軽快でまず乗り心地がいい。エンジンの回転フィールも軽いです。エグゾーストは乾いたサウンド。電動パワーステアリングの操舵力も緻密でありながら、軽いです。それらの相乗効果で、ライトウエイトスポーツの醍醐味は街中を流すだけでも感じ取れます。

良かった点

これは歴代ロードスター共通の美点ですが、マニュアルトランスミッション、MTそのものが極上品である事です。トップギアが直結のクロスレシオ6段のタッチが素晴らし過ぎます。節度感が良くて手首でコクコク決まるショートストロークは球体のシフトヘッドとの相性が抜群です。またエンジンも4-2-1のタコ足排気マニホールドを採用していて7500rpmまでストレスなく回るのは魅力的です。

気になった点

1.5リッターエンジンとの組み合わせが完成形と思う反面、海外仕様にある2リッター仕様が気になります。ロードスターRFにも2リッターが存在しますが、国内のオープンモデルは1.5リッターのみ。不満と言えば不満です。あともう少し価格が下がればなお良いです。

1人

カーソムリエによる試乗レポート・評価

  • でんでんさん
    3.8
    外観:
    5.0
    内装:
    3.4
    走行:
    4.3

    一目惚れでストーカーに

    注目ポイント) ロードスターを愛してしまいました。そう思ったカーファンは多いはずです。超高力鋼板をメガトンプレス機でガッチャンコしたメタルの車ごときに、恋い焦がれました。朝起きても、仕事中でも、食事の時もお風呂でも。カタログを見てはニタニタ。カー雑誌の特集を見てはフムフム。その思いは、ある日頂点に達して買ってしまいました。少し大き目の1/16ミニカー。これでしばらく発作を抑えます。ソウルレッドクリスタルメタリックはロードスターのテーマカラーです。こんなに美しいレッドメタリックを他に知りません。赤色は紫外線を吸収して、耐候性に脆弱性を有します。そんな難しいレッドのメタリックは更にハイレベルです....続きを読む

  • nori_vvさん
    3.5
    外観:
    3.8
    内装:
    3.3
    走行:
    4.0

    ライトウエイトスポーツカー

    確かマツダロードスターは、世界で一番売れたロードスターだったと思うが、現行型は歴代の中でもかなりカッコいい方だと思った。正面からはボンネットやフロントバンパーなどメリハリがあって、筋肉質でまさにライトウエイトスポーツカーという見た目になっている。サイドからはフェンダーの盛り上がり具合が、速そうな空気を出している。オープンにするとロードスターらしさが全開になって、やっぱりカッコいいなぁと思った。リアは小さめのテールランプがセンスがいいと思った。 エンジンはSKYACTIV-G1.5なので、このボディサイズで1.5リッターの排気量があれば余力を残しつつ走ることが出来ていた。コーナリングも安定して....続きを読む

  • 原さん
    3.5
    外観:
    4.0
    内装:
    3.4
    走行:
    3.7

    総合的に優れている

    マツダのオープンカーのロードスターに乗りました。昔兄が旧型のロードスターに乗っていて、その時何度も借りて気持ち良く走ったことを思い出しました。そのロードスターはぺったんこな見た目で好きでしたが、今の型は筋肉質な見た目でこちらもカッコいいと思います。ボンネットやフェンダーのラインが特によくて、ロングノーズショートデッキの横からの見た目が一番惹き付けられました。エンジンはSKYACTIV-G 1.5で、車体が軽いのでアクセルを踏むと直ぐに反応する走りが魅力的でした。マニュアルの操作性も良くギアチェンジもスムーズでした。インテリアはマツダらしい内装で、スポーティーでありながら上質さを感じる雰囲気でし....続きを読む

みんなの口コミ

  • ナカシマさん(納車されたよ)
    2.0 RHT
    地域: 埼玉県
    投稿:2008年7月16日
    コメント

    この車には沢山の荷物も積めませんし、おまけに2シーターです。でも僕は不便だからこそ選びました。収納力や居住性の強化はこの車にとってマイナスにしかならないと思ったからです。そういった便利な車は世の中山ほどありますが、乗りながら夜空を見渡せる車はほんの少ししかありません。そこに価値を見出せる人には文句なくお勧めできます。 出勤に趣味にと使っていますが、不便に感じたことは一度もありません。必要なものは問題なくトランクに入りますし、燃費も決して悪くありません。また乗ってみて気づきましたが3ナンバーの車ながら都内の狭いタワーパーキングにも幅高さ共に問題なく入ります。都内は少し車の背が高かったり幅が広いだけで入れない駐車場は山ほどありますから、これは嬉しい事でした。

  • ヤスイさん(納車されたよ)
    2.0 RS RHT
    地域: 東京都
    投稿:2008年10月11日
    コメント

    オープンカーを探して、ほかの車と乗り比べましたが、オープン状態で運転していて楽しいのは断然ロードスターでした。一転だけ難点は、2000CCにしては、高速での走行で、振動、直進性が悪く、かつアクセルを結構踏み込み続けないといけないため相当疲れることです。

  • モリタニさん(成約したよ)
    2.0 S RHT
    地域: 兵庫県
    投稿:2009年6月13日
    購入動機
    その他 購入価格
    コメント

    もともと気に入ってたので、後は予算との歩み寄りだけでした。 ディラーさんもかなり歩み寄ってくれましたし、小生側も当初キャッシュで全額を考えていたのですが、一部ローンで対応することで歩み寄ることが出来たことが一番の決め手になりました。

マツダ ロードスター買取・査定

MOTAが提供する中古車買取一括査定サービス「MOTA車買取」からの情報です。

買取相場

モデル 年式 中古車価格相場 査定買取価格相場 MOTA車買取査定申込
ロードスター 2015年式モデル
ロードスター 2015年式モデル
2022年 249万円 ~ 445.8万円 182.9万円 ~ 215.1万円 MOTA車買取査定に申込む
2021年 189万円 ~ 342万円 139.6万円 ~ 230.8万円 MOTA車買取査定に申込む
2020年 210万円 ~ 329.8万円 130.9万円 ~ 213.3万円 MOTA車買取査定に申込む
2019年 153.3万円 ~ 528万円 132.4万円 ~ 285.8万円 MOTA車買取査定に申込む
2018年 165万円 ~ 299万円 120.4万円 ~ 192.4万円 MOTA車買取査定に申込む
2017年 145万円 ~ 274.8万円 88.9万円 ~ 164.3万円 MOTA車買取査定に申込む
2016年 134.8万円 ~ 398万円 109.4万円 ~ 205.2万円 MOTA車買取査定に申込む
2015年 115万円 ~ 328万円 29.3万円 ~ 146.5万円 MOTA車買取査定に申込む

最近のMOTA車買取の査定実績 | マツダ ロードスターの買取相場 更新日2022年11月29日

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。

車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。

  • マツダ 査定依頼日:2022年11月27日
    ロードスター 1.5 S スペシャルパッケージ
    年式:2019年 | 走行:~2万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 180 万円~ 200万円
  • マツダ 査定依頼日:2022年11月27日
    ロードスター 1.6
    年式:1993年 | 走行:~15万キロ | 色:銀 | 状態:
    MOTA車買取査定額 20 万円~ 50万円
  • マツダ 査定依頼日:2022年11月26日
    ロードスター 1.5 S スペシャルパッケージ
    年式:2019年 | 走行:~2万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 185 万円~ 195万円
  • マツダ 査定依頼日:2022年11月26日
    ロードスター 1.5 990S
    年式:2022年 | 走行:~1万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 265 万円~ 300万円
  • マツダ 査定依頼日:2022年11月25日
    ロードスター 1.5 レッド トップ
    年式:2018年 | 走行:~3万キロ | 色:銀 | 状態:
    MOTA車買取査定額 210 万円~ 225万円
  • マツダ 査定依頼日:2022年11月25日
    ロードスター 1.5 S スペシャルパッケージ
    年式:2015年 | 走行:~4万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 165 万円~ 175万円
  • マツダ 査定依頼日:2022年11月25日
    ロードスター 2.0 RS RHT
    年式:2011年 | 走行:~11万キロ | 色:真珠 | 状態:
    MOTA車買取査定額 25 万円~ 35万円
  • マツダ 査定依頼日:2022年11月25日
    ロードスター 2.0 VS
    年式:2005年 | 走行:~12万キロ | 色:不明 | 状態:
    MOTA車買取査定額 20 万円~ 40万円
  • マツダ 査定依頼日:2022年11月22日
    ロードスター 1.8 ターボ
    年式:2004年 | 走行:~8万キロ | 色:赤 | 状態:
    MOTA車買取査定額 112 .3万円~ 123.1万円
  • マツダ 査定依頼日:2022年11月22日
    ロードスター 1.5 ネイビー トップ
    年式:2022年 | 走行:~1万キロ | 色:赤 | 状態:
    MOTA車買取査定額 251 万円~ 271万円
  • マツダ 査定依頼日:2022年11月22日
    ロードスター 1.5 レッド トップ
    年式:2018年 | 走行:~5万キロ | 色:銀 | 状態:
    MOTA車買取査定額 211 万円~ 236万円
  • マツダ 査定依頼日:2022年11月22日
    ロードスター 2.0 RS RHT
    年式:2015年 | 走行:~2万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 141 万円~ 151万円
  • マツダ 査定依頼日:2022年11月22日
    ロードスター 1.5 S スペシャルパッケージ
    年式:2015年 | 走行:~10万キロ | 色:赤 | 状態:
    MOTA車買取査定額 90 万円~ 130万円
  • マツダ 査定依頼日:2022年11月21日
    ロードスター 1.6 Vスペシャル
    年式:1992年 | 走行:~15万キロ | 色:緑 | 状態:
    MOTA車買取査定額 70 万円~ 110万円
  • マツダ 査定依頼日:2022年11月21日
    ロードスター 1.5 S スペシャルパッケージ
    年式:2021年 | 走行:~3万キロ | 色:紫 | 状態:
    MOTA車買取査定額 220 万円~ 240万円
  • マツダ 査定依頼日:2022年11月21日
    ロードスター 1.5 NR-A
    年式:2022年 | 走行:~1万キロ | 色:真珠 | 状態:
    MOTA車買取査定額 230 万円~ 260万円
  • マツダ 査定依頼日:2022年11月21日
    ロードスター 1.5 990S
    年式:2022年 | 走行:~1万キロ | 色:金 | 状態:
    MOTA車買取査定額 253 万円~ 275万円
  • マツダ 査定依頼日:2022年11月20日
    ロードスター 1.5 RS
    年式:2022年 | 走行:~1万キロ | 色:不明 | 状態:
    MOTA車買取査定額 280 万円~ 330万円
  • マツダ 査定依頼日:2022年11月19日
    ロードスター 1.5 S スペシャルパッケージ
    年式:2015年 | 走行:~2万キロ | 色:赤 | 状態:
    MOTA車買取査定額 172 .1万円~ 184.5万円
  • マツダ 査定依頼日:2022年11月19日
    ロードスター 1.6 Vスペシャル
    年式:1990年 | 走行:~20万キロ | 色:緑 | 状態:
    MOTA車買取査定額 25 万円~ 45万円
マツダ ロードスターのMOTA車買取の査定実績をもっと見る

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。

車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。

マツダ ロードスターを見た人はこんな車も見ています