autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 新型Z4 M40i 試乗レポート|“i8”にも匹敵する実力とは

試乗レポート 2019/5/13 15:09

BMW 新型Z4 M40i 試乗レポート|“i8”にも匹敵する実力とは(1/4)

関連: BMW Z4 Text: 山田 弘樹 Photo: 和田 清志・佐藤 正巳
BMW Z4
BMW Z4BMW Z4BMW Z4BMW Z4画像ギャラリーはこちら

新型Z4はBMW究極のFRスポーツ! その実力は如何に

BMW 新型Z4「M40i」は、究極のハンドリングBMWだ。

今回初めてワインディングへとZ4を連れ出すことで、そう確信した。この素直さを通り超した鋭い回頭性は、同社唯一のミッドシップであるi8にも匹敵する。

これはまさに、BMW究極のFRスポーツである。

>>めちゃ目立つ!? 真っ赤な新型Z4の内外装を画像で見る[30枚]

とにかく良く曲がる! 新型Z4の要は“ディメンション”

BMW Z4

その要となるのは、とにもかくにも類い希なディメンションだ。

全長×全幅×全高は4335×1865×1305mm。ホイールベースは2470mm。数字だけ言われてもピンと来ないかもしれないが、Z4はコンパクトなボディと短いホイールベースに対して、全幅が異様に広い(実際走りに効くのは前後トレッド1594/1589mmだが)。

すなわち良く曲がるのだ。いや、とにかく曲がるのだ。

ホイールベース/トレッド比は伝説のラリーマシン「ランチア・ストラトス」とほぼ同等!?

BMW Z4

このディメンションは、ご存じの通り共同開発されたトヨタ スープラとほぼ同一。そしてトヨタはこのホイールベースをして、86の2570mmより短いのだと説明。「ホイールベース/トレッド比1.55」を強調した。

ホイールベース/トレッド比とは文字通りホイールベースの長さを前後トレッドの平均値で割った数字であり、これが小さいほど回頭性に優れたクルマということになる。ちなみに語り継がれる伝説のラリーマシン「ランチア・ストラトス」の数値が1.51。直接のライバルと言えるポルシェのミッドシップスポーツ、718ボクスター GTSが1.61だと聞けば、スープラやZ4がいかに回頭性重視なキャラクターかわかるだろう。

しかしクルマというものは、数値だけでは走らない。スポーツカーならなおさらそこに、ボディ剛性やエンジン性能、そして作り手の走りに対する意志が、サスペンションジオメトリーなどに反映されてくる。

>>新型Z4は“全て”が本格的!? 最大のポイントは“邪魔しないダンパー”[次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

BMW Z4 の関連編集記事

BMW Z4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW Z4 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR