autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 新型Z4 M40i 試乗レポート|“i8”にも匹敵する実力とは 2ページ目

試乗レポート 2019/5/13 15:09

BMW 新型Z4 M40i 試乗レポート|“i8”にも匹敵する実力とは(2/4)

関連: BMW Z4 Text: 山田 弘樹 Photo: 和田 清志・佐藤 正巳
BMW Z4
BMW Z4BMW Z4BMW Z4BMW Z4画像ギャラリーはこちら

新型Z4は“全て”が本格的!? 最大のポイントは“邪魔しないダンパー”

BMW Z4

そしてZ4は、その全てが本格的だった。通常は極めてラグジュアリーに乗り味を装いながらも、いざ鞭を入れれば「レーシングスポーツ」と言ってもまったく不足のない動的質感を、全面に押し出して来たのである。

特にダンパーの制御は素晴らしかった。

レーシングフィールドではよく、「邪魔しないダンパー」が良いとされる。これはダンパーが伸縮するとき、変に突っ張ったり、伸びたりしないことを表現しており、結果としてクルマの姿勢変化や、タイヤの接地性に悪影響が及ばないものが、一番よいダンパーとされている。

Z4のダンパーは、まさにこの感じだった。存在こそ強く主張しないから一見ハンドリングは薄味。しかしその分、タイヤの存在が明確になるのだ。そしてそのロールは、減衰力の高い低いに関係なく(M40iは可変ダンパーである)、極めて滑らかにコントロールされる。

だから前述したディメンションでも、その動きが極端にピーキーにはならないのだ。

「M40i」の走りが素晴らしいワケとは

BMW Z4BMW Z4

よってZ4の乗り味は、装着タイヤであるミシュラン パイロット・スーパースポーツのグリップ感やキャラクターが支配的になるのだが、タイヤにBMW指定の「★」マークが付いていることを考えても、それはBMWと共に作られた味わいであり、性能であると言っても差し支えないだろう。

具体的には通常領域だと転がり抵抗が少なく、ブレーキングやコーナリングによる荷重で負荷を掛け、タイヤを潰すほどにグリップ力が上がって行く。

低荷重領域でタイヤのたわみを感じ取りにくいことがやや気になるが、これはよりハイアベレージな領域で高いインフォメーションを得ることにM40iが的を絞っているからだろう。そういう意味では、まだ未試乗だが4気筒ターボを搭載する「20i」系の方が、より一般的な領域でBMWらしい豊かなFRフィールを味わえるかもしれない。

しかしいざ鞭を入れた領域でのM40iの走りには、本当に目を見張るものがある。当日はあまりに速度域が高くなることを嫌って、ターンパイクからよりツイスティなワインディングまでアシを伸ばしてみたが、その思いは正しかった。ここでのM40iの走りは、まさにドライビング・ファンの塊と言える素晴らしさだったのだから。

>>スポーツモードでは圧倒的なグリップ力を発揮する[次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

BMW Z4 の関連編集記事

BMW Z4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW Z4 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR