autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 新型Z4 M40i 試乗レポート|“i8”にも匹敵する実力とは 3ページ目

試乗レポート 2019/5/13 15:09

BMW 新型Z4 M40i 試乗レポート|“i8”にも匹敵する実力とは(3/4)

関連: BMW Z4 Text: 山田 弘樹 Photo: 和田 清志・佐藤 正巳

スポーツモードでは圧倒的なグリップ力を発揮する

BMW 新型Z4 M40i

「Sport+」モードでダンパー剛性とステアリングの抵抗を高めたM40iは、ブレーキングでタイヤを地面へと強烈に押しつける。そのとき発揮されるグリップ力に、オープンボディが負けないことに嬉しくなる。

ターンインは鋭く、旋回スピードは速い。しかし挙動に危うさはなく、旋回を終えてアクセルを踏み始めると、高い旋回Gが縦方向にガッツリと変換される。

街乗りでは意識しなかった高いトラクション性能。これはM40iに標準装備となる電子制御デフの効果だ。ターンインでは旋回性を妨げず、脱出では左右輪差をうまく吸収しながら大地を蹴り出してくれる。

直列6気筒ターボエンジンが感じさせる“突き詰めない余裕感”

BMW Z4

デフ同様一般的なクルージングではその旨みがほとんど感じられなかった3リッターの直列6気筒ターボも、こうした局面だと伸びやかに自我を解放する。

シングルターボと8速トルコンATの連携が低回転域では、この素晴らしい運動性能に対して若干レスポンスの鈍さを露呈する場面はあるが、ターボゾーンに入ってからは直列6気筒らしいスムーズな吹け上がりを持って、トップエンドまで突き抜けてくれる。

その過渡特性はMシリーズの「S55」ユニットほど強烈ではないが、むしろその無理の無さとシャシー側の安定感がバランスしており、340PSのパワーを踏み倒せる領域が広くなる。そしてアクセルを緩めても、どこからでも湧き上がる500Nmのトルクが、ドライビングに“突き詰めない余裕”を与えてくれる。

M40iのパッケージングにリアリティを感じられる理由

BMW Z4

素材だけで理詰めに考えればS55ユニットを搭載し、トランスミッションに7速DCTを選ぶパッケージングが最上だろう。

しかし運転の楽しさという点では、この刺激を伴いつつもどこかに確信的な詰めの甘さがあるM40iのパッケージングには、リアリティがある。

その理由のひとつは、Z4がオープンカーだからである。屋根を開け放つことによって得られるスピード感。クローズドクーペにはないエンジンサウンドの充足感。こうしたリアリティが、スペックに偏重せずとも乗り手を満足させてくれるのだ。

>>新型Z4は“駆け抜ける喜び”と“高い満足感”を同時に与えてくれる、そんなモデル[次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

BMW Z4 の関連編集記事

BMW Z4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW Z4 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR