autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 2003年発売「エボVIII」4ドアセダン世界初!CFRP製のリアスポ採用/三菱ランサーエボリューション23年間の軌跡

自動車ニュース 2015/11/16 14:46

2003年発売「エボVIII」4ドアセダン世界初!CFRP製のリアスポ採用/三菱ランサーエボリューション23年間の軌跡

三菱ランサーエボリューションVIII

2015年8月、23年にわたるランサーエボリューションの歴史が幕を閉じました。

オートックワンでは歴代モデルを一台ずつ振り返りお届けしています。

今回ご紹介するのは2003年1月に発売され6,061台が販売された「エボVIII」です。

◎フォトギャラリー48枚

LANCER EVOLUTION VIII (2003年1月発売)

三菱ランサーエボリューションVIII

『ランサーエボリューションVIII』は、フロントグリルに新しいデザインアイデンティティを盛り込みながら、フロントバンパーやアンダーカバーの形状変更により、空力性能、冷却性能を向上させました。

エンジンは、ターボチャージャーの過給特性を見直して最大トルクを2Lクラストップレベルの40.0kgfm/3500rpmとし、アルミ鋳造製ピストンと高強度鍛造鋼コンロッドの採用、ウォーターポンプの容量アップなどにより耐久性を向上。

三菱ランサーエボリューションVIII三菱ランサーエボリューションVIII三菱ランサーエボリューションVIII三菱ランサーエボリューションVIII三菱ランサーエボリューションVIII

また、トルクバンドを有効に使うため6MTを採用しました。4WDシステムでは、ベベルギア式から遊星ギア式として従来のトルク移動量を約2倍に引き上げたスーパーAYCを採用し、タイトコーナーでのアンダーステアを低減し、旋回限界をいっそう高めました。

量産の4ドアセダンでは世界初となるCFRP(カーボン繊維強化樹脂)製のリアスポイラーを採用。軽量かつ高剛性の特性を活かしながら、ダウンフォースの発生量を増大させています。

なお、この『ランサーエボリューションVIII』から海外への輸出を開始しました。

三菱ランサーエボリューションVIII三菱ランサーエボリューションVIII三菱ランサーエボリューションVIII三菱ランサーエボリューションVIII三菱ランサーエボリューションVIII

ランサーエボリューションVIII 改良点

新デザインのフロントグリル一体型バンパー

エアダム付き大型アンダーカバー

CFRP製リアスポイラーを4ドア量産セダンとして初採用

ターボチャージャーの過給特性見直しによるトルクアップ

(VII 39.0kgf-m/3500rpm→VIII 40.0kgf-m/3500rpm)

ピストンおよびコンロッドの強度アップ

ウォーターポンプの容量アップ

ターボチャージャーの水室拡大

エキゾーストマニホールド薄肉化

6速クロスミッションを初採用

新開発スーパーAYC装備

ENKEI社製6本スポーク17インチアルミホイールの採用

三菱 ランサーエボリューション 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 ランサーエボリューション の関連記事

三菱 ランサーエボリューションの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 ランサーエボリューション の関連記事をもっと見る

三菱 ランサーエボリューション の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22