autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 2001年発売「エボVII」第3世代のはじまり/三菱ランサーエボリューション23年間の軌跡

自動車ニュース 2015/8/19 10:23

2001年発売「エボVII」第3世代のはじまり/三菱ランサーエボリューション23年間の軌跡

三菱 ランサーエボリューションVII

1992年に発売されて以来、23年間に渡って『ランエボ』の愛称で人気を博した『ランサーエボリューション』。

「ランエボ23年間の軌跡」と称して、その歴史を初代モデルからファイナルエディションまでを振り返ります。

今回お届けするのは2001年に発売され、10,241台を販売した「ランサーエボリューションVII」です!

LANCER EVOLUTION VII(2001年1月発売)

三菱 ランサーエボリューションVII

第3世代となる『ランサーエボリューションVII』は、2000年5月にフルモデルチェンジした『ランサーセディア』(後に『ランサー』と改称)をベースとして開発し、2001年2月に発売しました。

新世代化を機に前後ともブリスターフェンダーとして洗練させながら、これまでの『ランサーエボリューション』らしい空力性能と冷却性能を追求したアグレッシブなスタイリングを実現。

また、ロングホイールベースとワイドトレッドを手に入れたことでスタビリティを高めながら、ACD(アクティブ・センター・デファレンシャル)を採用し、AYC、スポーツABSと統合制御したことで優れたハンドリング性能も実現しました。コーナーの立ち上がり加速時にはACDが主に駆動性能を、AYCが主に旋回性能を高めるなど、トラクション性能とハンドリング性能を高次元で両立しています。

なお、ACDにはTARMAC(乾燥舗装路)、GRAVEL(未舗装路)、SNOW(雪道)の3モードが設定され、走行状況に応じて最適なパフォーマンスを発揮します。

エンジンは、マグネシウム製ロッカーカバー、中空カムシャフト、アルミ製吸気パイプ、ステンレス製排気管などを採用し、軽量化とともに信頼性を向上させるなど、いっそうの熟成を図っています。

三菱 ランサーエボリューションVII三菱 ランサーエボリューションVII三菱 ランサーエボリューションVII三菱 ランサーエボリューションVII三菱 ランサーエボリューションVII

ランサーエボリューションVII(GSR)

全長×全幅×全高:4455×1770×1450mm/重量:1400kg/ホイールベース:2625mm/トレッド前:1515mm/後:1515mm/エンジン:4G63型インタークーラーターボ/最高出力:280PS/6500rpm/最大トルク:39.0kgf-m/3500rpm/トランスミッション:5MT/駆動方式:フルタイム4WD+ACD+AYC/サスペンション前:マクファーソンストラット/後:マルチリンク/ブレーキ前:brembo車製17インチ/後:16インチ/タイヤ:235/45R17

三菱 ランサーエボリューション 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 ランサーエボリューション の関連記事

三菱 ランサーエボリューションの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 ランサーエボリューション の関連記事をもっと見る

三菱 ランサーエボリューション の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25